1,466万kW/2,153万kW (01/23 01:25)
68%
兵庫県からのお知らせの「ひょうごさわやか通信(第423号)」
「ひょうごさわやか通信(第423号)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
ひょうごさわやか通信(第423号)
【閲覧数】715
2012年04月06日 09:32
◎最近の県政の動き
新規採用職員辞令交付式(4月2日、県公館)
→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/cate2_601.html

◎知事記者会見
【日時】
4月2日(月)15:00
【場所】
記者会見室
【内容】
国の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」の検討結果(第1次報告)に対する兵庫県の対応
平成24年度における東日本大震災に係る地方自治法に基づく職員派遣等 ほか
→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/cate3_603.html

1 知事メッセージ

-創造と共生の舞台をめざして-

少子高齢化を伴う人口の減少、雇用や地域格差の拡大、デフレ、円高の長期化などによる経済の先行き不透明さが広がるなか、将来不安のない社会システムの再構築に取り組んでいく必要があります。
昨年12月に見直された「21世紀兵庫長期ビジョン」のもと、「創造と共生の舞台・兵庫」をめざし、高い目標を掲げ、豊かさを実感できる社会を県民の皆様と共に実現していきます。新たなスタートとなる今年度は、次の4つの柱により、明日の兵庫へとつながる諸施策を展開します。
第1に、安全安心の基盤づくりです。東日本大震災の発生や風水害の頻発などを踏まえ、自然災害へ備えねばなりません。高齢化の進行や経済・雇用の構造の変化に伴い、健康、食をはじめ、生活の様々な面で、不安やニーズも変化しているなか、医療、健康、福祉など生活の安心基盤を確保します。

第2に、質の高い生活づくりです。人口減少、少子高齢化、地域力の低下などを踏まえ、若者の自立や生きがいのある生活環境づくりを進め、誰もが暮らしやすい社会をめざします。また、エネルギー供給の多様化も見据えた再生可能エネルギーの活用など自然と調和した生活を拡大します。

第3に、新時代の経済社会づくりです。大震災のダメージを克服し、我が国経済の双眼構造への転換を進めるためにも、世界に勝てる兵庫経済を確立する必要があります。県内企業の海外展開などの促進を図り、経済・雇用の安定に努めるとともに、新たな成長産業を振興します。
ブランドの確立や販路拡大、収益性の向上、担い手の育成などにより農林水産業の力を高めます。

第4に、地域の元気づくりです。地域の資源を生かし、都市と農村の交流を進め、地域活力の格差解消をめざすとともに、道路、港湾、空港など交流と連携を支える基盤の整備、活用により、地域の活力を増進します。国出先機関の丸ごと移管など、地域のことは地域で決定し、実行できるよう関西広域連合一丸となって取り組みます。
「創造と共生の舞台・兵庫」を実現するため、共に挑戦していきましょう。

2 県政ニュース

(1) 住宅用創エネルギー設備導入特別融資(住宅用太陽光発電設備設置
特別融資(個人向け))の受付開始

住宅用太陽光発電設備の一層の導入促進を図るため、自ら居住する県内住宅に太陽光発電設備を設置する方に、県が業務委託する金融機関から、太陽光発電設備の設置に係る資金を低利で融資します。

【融資対象者】
自ら居住する県内の新築住宅または既築住宅に太陽光発電設備を設置される方
【融資金利】
1%(償還期間を通して固定金利)
※ 融資機関において、保証料として別途、上乗せされる場合があります。
【融資限度額等】
1設備あたり200万円以内、償還期間10年以内
【受付期間】
平成25年3月1日(金)まで
※ 予算の範囲内での融資(約2,000件)となるため、状況によっては受付を打ち切る場合もあります。
【申込方法、問い合わせ】
詳細はこちらからお願いします。
県農政環境部環境管理局温暖化対策課
TEL:078-362-3284、FAX:078-382-1580
→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/nk24/pvyuushi2012.html

(2) 東日本大震災 被災地交流励ましボランティア活動助成事業の実施

東日本大震災の被災地では、仮設住宅に閉じこもりがちな高齢等、被災者の孤立化が懸念されています。被災者の目線で息の長い支援、励ましが不可欠であることを踏まえ、県内のNPO等が被災地の仮設住宅等において、被災者を励まし交流するボランティア活動に要する経費の一部を助成します。

【事業実施期間】
平成25年3月31日まで
【助成対象経費及び助成額】
バス等借上料に対し、1日1台当たり2分の1(千円未満切り捨て・5万円限度)を助成します。上限額は1台当たり20万円です。
* レンタカー及び乗用車等の定員10名未満の車両は除きます。
【募集期間及び助成予定台数】
(1)1期(4月~8月実施分)7月31日まで(70台程度)
(2)2期(9月~3月実施分)8月1日~25年1月31日(30台程度)
【申込み・問い合わせ先】
ひょうごボランタリープラザ
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー6階
TEL:078-360-8845、FAX:078-360-8848
→ http://www.hyogo-vplaza.jp/etc/saigai_vbus_h24.html

3 おでかけガイド

(1) 県立図書館兵庫ゆかりのコーナー資料展示「ひょうごの祈りと美」

県には、国宝や重要文化財に指定された寺院建築が数多くあります。
県にゆかりのある、仏教美術に関する資料を紹介します。

【開催期間】
5月16日まで(9:30~18:00(毎週月曜日・毎月第3木曜日休館))
【開催場所】
県立図書館 調査相談室
*地図 http://map.pref.hyogo.lg.jp/detail.php?id=1097
【県内各地域の主な仏教美術品】
神戸:三身山太山寺、紙本墨書妙法蓮華経(国指定重要文化財)
阪神:甲山神呪寺、木造如意輪観音像(国指定重要文化財)
北播磨:極楽山浄土寺、木造阿弥陀如来及両脇侍立像(国宝)
東播磨:刀田山鶴林寺、銅造聖観音立像(国指定重要文化財) など
【問い合わせ】
県立図書館調査相談課
〒673-8533 明石市明石公園1番27号
TEL:078-918-3366、FAX:078-913-9229
→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/ts01/event/tenjihyougon…inori.html

(2) 県立但馬牧場公園「春の装いフェア」の開催

【開催日時】
4月15日(日)10:30~
【内容】
10:30~「但馬ビーフの試食」10:15より整理券配布(定員:100名) 13:30~「ウサギレース」(人数制限はありません) 14:00~「ストラックアウトゲーム」(定員:50名)
【対象】
一般の方(ストラックアウトゲームは4才以上)
【費用】
「但馬ビーフの試食」:100円
「ストラックアウトゲーム」と「ウサギレース」:無料
【問い合わせ】
県立但馬牧場公園
〒669-6813 美方郡新温泉町丹土1033
TEL:0796-92-2641、FAX:0796-92-2640
E-mail:mail@tajimabokujyo.jp
→ http://www.tajimabokujyo.jp/

4 兵庫のグルメご紹介

◎ シカ肉料理レシピ集

西播磨県民局では、捕獲され、適正に処理されたヘルシーなシカ肉を広く県民の方々に食べていただこうと、「にしはりまシカくわせ隊」を結成し、学校法人栄学園平田調理専門学校の協力により、昨年10月に16品目のメニューを紹介したシカ肉レシピ集を発行しました。
今回、新たに8品目を追加し24品目となった「Vol.2」を発行しましたので、ご家庭での料理にご活用下さい。

【シカ肉の特徴】
○豊富な鉄分:レバーや貝と同レベルの鉄分やミネラル
○高たんぱく:高たんぱくで知られる鶏のささみと同等のタンパク質
○低脂肪:牛肉の86分の1の脂質で、ダイエット食品としても最適
○低カロリー:牛肉の3分の1程度、さっぱりした味覚で食べやすい
【レシピ掲載料理】
竜田揚げ、しょうが焼き、つくね鍋、四川炒め など
*詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。
→ http://web.pref.hyogo.lg.jp/wh03/wh03_3_000000006.html

5 県政がわかる! 今週の広報番組

◎テレビ番組

兵庫県では、県民情報番組「ひょうご“ワイワイ”」をサンテレビで放送しています。
最新の県政ニュースから、地域のホットな話題まで、県民情報盛りだくさんの30分間。
兵庫県広報専門員(米田裕美、吉田泰子)の“ワイワイ(YY)コンビ”が、テンポ良くお送りしています。
県内の特産品などが当たるプレゼントクイズもあります。
ぜひご覧ください!

【番組名】
県民情報番組「ひょうご“ワイワイ”」
【放送予定日】
4月8日(日)10:00~10:30(再放送:4月9日(月)18:00~18:30)
【放送局】
サンテレビ
※4月から再放送の時間が変わりました。ご注意ください。

★特集は、番組制作の裏側を公開する特別企画、その名も「メイキング・オブ・ワイワイ」!普段は表に出ることがないワイワイコンビのNGシーンも今回だけはお見せしちゃいます。
「こだわりキラリ☆わがまちの一品」では、丹波産のブルーベリーを使った「ブルーベリー大福」のこだわりを紹介。
「ふるさと新発見」は神河町。神崎農村公園「ヨーデルの森」で春を満喫します。

* ひょうごチャンネルで過去の「ひょうご“ワイワイ”」をご覧いただけます。
→ http://sites.google.com/site/hyogochannel/hyogowaiwai

返信書き込みはありません。