1,879万kW/2,259万kW (07/09 09:05)
83%
【ひょこむ】地域SNS防災訓練の「「情報版協働型災害訓練in3.11」のご案内(熊谷)」
「「情報版協働型災害訓練in3.11」のご案内(熊谷)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
「情報版協働型災害訓練in3.11」のご案内(熊谷)
【閲覧数】601
2016年03月11日 04:40
■開催趣旨
 来る3月11日は、あの忌まわしい東日本大震災が発生してから満5年になります。その際には、各地の地域SNSサイトが連携した被災地支援にご尽力頂き、大変ありがとうございました。
大規模な自然災害が多発する活性期に入った日本で、次にどこが甚大な被害が発生するかわかりません。しかし、阪神淡路大震災同様、災害の記憶が人々から薄れつつあり、その「風化」が危惧されています。
つきましては、防災意識の啓発と発災時の減災に資することを目的として、全国各地の地域SNSが連携した「3.11防災訓練」を実施したいと思います。
大変ご多忙のこととは存じますが、皆さまにも格別のご理解を賜り、参加を検討頂けると幸いです。どうぞよろしくお願いします。
実行委員長 後藤真太郎(立正大学教授)

■開催概要
名称 情報版協働型災害訓練in3.11
日時 第一部 2016年3月11日(金)13:00~18:00
   第二部 2016年3月12日(土)09:00~12:30
場所 埼玉NPOハウス(〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2丁目544番地1)
主催 市民キャビネット災害支援部会・スマートICT部会、立正大学地球環境科学部
協力 あつcom、ひょこむ、コトろぐ、山武SNS、ハマっち、ゆいゆい、e-じゃん掛川、お茶っ人、いたまちSNS、おのみち地域SNS、明星大学天野研究室など

■実施概要
1.埼玉NPOハウス内に「市民キャビネット災害支援部会訓練本部」を設置して災害シナリオに従った情報訓練を行う
2.地域SNSを活用し、OpenSNPの新機能「災害モード」の適用する
3.コトろぐによるサイトを越えた支援・受援コミュニケーションを行う
4.災害コミュニティの利用及びサイト間リンクを行う
5.「義援物資マッチングシステム」による支援シミュレーションを行う

訓練内容の詳細は以下のページからご確認ください
http://kumacom.jp/community/?bbs_id=268

返信書き込みはありません。