1,354万kW/2,068万kW (04/22 23:25)
65%
ちょこっと撮り鉄の「延岡ー立野ルート (3)」
「延岡ー立野ルート (3)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
延岡ー立野ルート (3)
【閲覧数】57
2019年01月02日 20:04
高千穂駅に到着。国鉄時代は夜間滞泊すらなかったそうだが、
簡単ながら検査ピットも設置されていました。まあ、模型チックではありますな。
本来はこの検修庫の先に熊本方向への未成線があったわけです。

計画上は国鉄高森線とを結ぶルートのほか、同じく熊本県の宇土を結ぶ路線の
計画もあったそうで、この一部が以前zosanさんのブログにちらと登場した
熊延鉄道のルートとかぶることになるのですが、いずれも幻となっています。

熊延鉄道の「延」は当然延岡を指しているわけですが、熊延鉄道はどこで
県境を越えようとしたのかまでは分かりませんでした。が、
宮崎県側はこの五ヶ瀬川沿いルート以外現実的なルートがないので
似たり寄ったりの計画ではなかろうかと。
高千穂以西、熊本県側は今でいえばR218沿いのルートを計画していたのでしょう。
地図を見る限りR218は整備された道のようで、車で追いかけるのもよいかも。
間違っても五ヶ瀬村からR503に入ってはいけません。酷道です。

さて、当時の私は高千穂町内のローカルバスを乗り継いで高千穂バスセンターに移動し、
同じく延岡を出発してきた宮崎交通バスの熊本行きに乗り継ぎ。
途中ループ橋などもあるのですが天気が今ひとつで記憶に残っていません。
熊本県高森町でバスを降りるのですが、高森到着1・2分で列車が出てしまうので
バス停がどこか必死に探したのですが(当時は今みたいにネットで調べられないので)
結局高森町役場近くの国道上に停留所があり、乗り継ぎできませんでした。

今もこの熊本ー延岡間特急バスは健在ですが、
http://www.miyakoh.co.jp/bus/express/aso.html
停留所の場所が変わったそうで、今の方が駅に近いです。
また上下便が並んで休憩を取ることもなくなったようです。

返信書き込みはありません。