1,939万kW/2,656万kW (07/23 20:15)
73%
イベントインフォメーションの「【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント」
「【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント」の書込一覧です。
【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【閲覧数】454 【マップカテゴリ】連携イベント
2019年05月16日 11:07
【兵庫県立美術館・初夏のプレゼント企画】

兵庫県立美術館さんのご厚意により、2019年6月1日(土)から7月21日(日)まで開催の、特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展の招待チケットを、抽選で10人のひょこむ利用者にプレゼントします。
★今回はペアではなく、おひとり1枚となります!
https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1906/index.html

石膏ボードを中心とした建築資材で知られる吉野石膏株式会社は、社内の創造的環境づくりを目的に、1970年代から日本近代絵画、1980年代後半からはフランス近代絵画の収集を開始しました。
1991年、創業の地、山形県の山形美術館に作品を寄託し、モネ、ピサロ、ルノワール、シャガールらの作品を公開すると、市民の大きな反響を呼びました。
2008年には、美術活動へのさらなる貢献を目的に、吉野石膏美術振興財団を設立、若手芸術家の育成や美術における国際交流の支援などにも力を注いでいます。
収集の歴史は比較的新しいものの、今や日本ならびに西洋近代美術の名品を多数所蔵し、質量ともに充実した国内有数のコレクションとなっています。

本展では、19世紀半ばのバルビゾン派にはじまり、印象派を経て、キュビスムから抽象絵画へと至るモダン・アートの展開を軸に、エコール・ド・パリの多様性にも着目しつつ、大きく揺れ動く近代美術の歴史を72点の作品によってご紹介します。

コレクションの中核をなすのは、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレーといった印象派の作品ですが、その充実した内容は、この運動が果たした歴史的な重要性をあらためて私たちに教えてくれます。
本展では、「印象派からその先へ」と題し、印象派の挑戦とその後の美術の歴史の多様な展開を、吉野石膏コレクションの名品の数々でご覧いただきます。

プレゼントお申込み方法は、この案内トピックに「ルノワールに会いたい!」と返信してください。(注意:「ひょこむ」にログインしていないと「返信」はできません)
できれば、楽しい(笑)コメントなどを添えて頂けるととても嬉しいです。

締め切りは、2019年5月22日(水)24時とさせて頂きます。当選者の発表は2019年5月23日 (木)、本トピックにて。
当選された方には、本トピックに「当選の喜びコメント」を頂いた順に、ひょこむ登録のご住所に事務局からチケットを発送致します(登録の個人情報を確認しておいてください)。
また、後日、展覧会観賞レポートを本トピックに書き込んでくださいね。

★期限内(5/28 24:00まで)にコメントが頂けない場合は、当選資格が失効します。失効したチケットは、落選された方の中から再抽選致します.. (^^)
★ 鑑賞レポートを頂けない場合は、次回プレゼント応募資格が停止となります。


特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展

会  期:2019年6月1日(土曜日)~2019年7月21日(日曜日)
開館時間:10時00分~18時00分(入場は17時30分まで)
     特別展開催中の金・土曜日は夜間開館~20時00分(入場は19時30分まで)
休 館 日:月曜日。ただし、7月15日(月・祝)は開館、翌7月16日(火)は閉館。

主  催:兵庫県立美術館、神戸新聞社、MBS、共同通信社
後  援:公益財団法人伊藤文化財団、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会
特別協力:吉野石膏株式会社、公益財団法人吉野石膏美術振興財団、 公益財団法人日本教育公務員弘済会兵庫支部
助  成:TKG Foundation for Arts & Culture
協  力:公益財団法人山形美術館
協  賛:あいおいニッセイ同和損保

観 覧 料: 一 般 (当日)1,300円 (団体・前売)1,100円
      大学生 (当日) 900円 (団体・前売) 700円
      70歳以上(当日) 650円 (団体)    550円
      高校生以下 無料

※障がいのある方は各当日料金(ただし70歳以上は一般当日料金)の75%割引、その介護の方1名は無料。
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中に美術館窓口で入場券をお買い求めください。
※常設展示室の観覧には別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)。

主なチケット販売場所
前売券のみ取扱い:兵庫県立美術館ミュージアムショップ
前売券・当日券取扱い:チケットぴあ(Pコード:769-611)、ローソンチケット(Lコード:51797)、セブンチケット、イープラス、CNプレイガイド、阪神プレイガイド(阪神プレイガイド)ほか京阪神のプレイガイド

アクセス:
 ・阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南に徒歩約8分
 ・JR神戸線灘駅南口から南に徒歩約10分
 ・阪急神戸線王子公園駅西口から南西に徒歩約20分
 ・JR三ノ宮駅南から神戸市バス、阪神バスにて約15分「県立美術館前」下車すぐ
 ・地下駐車場(乗用車80台収容・有料)
  ※ご来館はなるべく電車・バスをご利用ください。
  ※団体バスでお越しの場合は、バス待機所のご予約をお願いします。

【展覧会の構成】
1章:印象派、誕生 ~革新へと向かう絵画~
 19世紀前半までの絵画は、いかに写実的に描くかに価値が置かれ、官主導の展覧会「サロン」での評価が重要視されていました。しかし19世紀後半のフランスでは、アトリエから離れ屋外での制作を行ったバルビゾン派や、それまで積極的に扱われなかった卑近な主題を取り上げたクールベのような画家たちが登場します。同じ頃、首都パリが近代都市へと変貌を遂げ、新しい都市の姿を鮮烈に描き出したマネがやがて出現します。

 そうした中、サロン以外の発表の場を求め、1874年にいわゆる第1回印象派展が開催されました。この展覧会の出品作品は、パリとその近郊を主題に、明るい色彩と素早い筆づかいで表現され、それまでの絵画からすれば未完成に近い出来に思われました。しかし光と眼の感覚に基づいて描かれたそれら革新的な絵画は、やがて人々の支持を集めるようになっていき、今では「印象派」の絵画として人々を魅了し続けています。

 本章では、モネ、シスレー、ルノワール、ドガ、カサット、ピサロ、セザンヌといった画家たちを紹介し、印象派が受け入れられるようになってからもそれに飽き足らず、やがて独自の道を歩んでいく彼らの行程を振り返り、さらにはファン・ゴッホら次世代の画家たちが印象派の表現を吸収し、新たな挑戦へと向かっていく流れをも追っていきます。

出品作家
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796-1875)、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)、ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)、エドゥアール・マネ(1832-1883)、ウジェーヌ=ルイ・ブーダン(1824-1898)、クロード・モネ(1840-1926)、アルフレッド・シスレー (1839-1899)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)、エドガー・ドガ(1834-1917)、メアリー・カサット(1844-1926)、カミーユ・ピサロ(1830-1903)、ポール・セザンヌ(1839-1906)、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)

2章:フォーヴから抽象へ ~モダン・アートの諸相~
 印象派が切り開いた新しい絵画の歴史は、20世紀を迎えると一気にその変化の速度を上げていきました。カンヴァス上で展開される色彩と筆づかいが自律的な存在感を示すフォーヴィスムや、モティーフを単純な形体に還元し、それらをカンヴァス上に再構成することで三次元の事物を二次元の表現に置き換えたキュビスムの出現によって、絵画は単なる事物の再現から解き放たれ、さらには現実世界の再現によらず、色彩と形態それ自体が自律する存在をもたらした抽象絵画へと突き進みました。一方で人間の無意識の視覚化を試みたシュルレアリスムが出現するなど、19世紀までの絵画のあり方を脱却するかのようなこれら一連のさまざまな流れを、本章では「モダン・アート」と称し、同時代の画家が手がけた前衛的な作品によって紹介します。

出品作家
ジョルジュ・ルオー(1871-1958)、ピエール・ボナール(1867-1947)、アンリ・マティス(1869-1954)、アルベール・マルケ(1875-1947)、モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)、アンリ・ルソー(1844-1910)、ジョルジュ・ブラック(1882-1963)、ジョアン・ミロ(1893-1983)、パブロ・ピカソ(1881-1973)、ワシリー・カンディンスキー(1866-1944)

3章:エコール・ド・パリ ~前衛と伝統のはざまで~
 前章で紹介したモダン・アートと並行して、フランスの首都パリにはさまざまな国出身の画家たちが活躍していました。「エコール・ド・パリ」の画家と総称される彼らは、同時代に展開されたモダン・アートの影響を受けながらも、写実から離れることなく、それぞれの画家独自の作風を確立しました。本章ではエコール・ド・パリに属するこうした個性的な画家たちの作品を取り上げ、20世紀美術の豊かな実りを紹介します。

出品作家
モーリス・ユトリロ(1883-1955)、マリー・ローランサン(1883-1956)、キース・ヴァン・ドンゲン(1877-1968)、モイーズ・キスリング(1891-1953)、マルク・シャガール(1887-1985)

【関連イベント】
記念講演会「印象派が提起したもの」
 6月30日〔日〕14時から(約90分)
 講師:六人部 昭典氏(実践女子大学文学部教授)
 会場:ミュージアムホール(定員250名/友の会優先席あり)
 聴講無料(ただし要観覧券)

学芸員による解説会
 6月8日〔土〕、22日〔土〕、7月6日〔土〕、20日〔土〕いずれも16時から(約60分)
 場所:いずれも当館レクチャールーム(定員100名) 聴講無料(ただし要観覧券)

ミュージアム・ボランティアによる解説会
 会期中の毎週日曜日11時から(約15分)/ 場所:当館レクチャールーム(定員100名) 参加無料

お問い合わせ先 
 兵庫県立美術館 
 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 代表TEL: 078-262-0901

書き込み数は22件です。 [ 1 2 ]
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年06月29日 17:26
先日、鑑賞してきました。
今までに見たことのない作品も多かったですが、有名な印象派の画家や作品から人々がどのような影響を受けたのか知ることができました。
大学ではテストが近づいていますが、芸術に触れると心が穏やかになりますので、ぜひみなさんも足を運んでみてほしいです。
作品だけではなく、兵庫県立博物館の建物も安藤忠雄氏の設計によるものなので、ぜひ一度行ってみてもらえればと思います!
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年06月12日 16:09
今日,行ってきました
平日でもっとすいていると思ったのですが、結構たくさんの人でした
ルノアールもですが、シャガールがいいなとおもいました
メルヘンチックですね
ありがとうございました
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年06月09日 14:29
本日、見に行ってきました。ルノワール・シャガールの絵が特に良かったです。印象派から、それぞれの派閥へと移っていく様子が、絵から伝わってきました。チケット本当にありがとうございました。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年06月08日 17:04
6/7本日、観てきました。私はやはりルノワールがとても素晴らしいと思いました。柔らかな、それでいて人物の意志が伝わって来るような絵、光の描き方も素晴らしいと。日常を離れ心の洗濯が出来ました。チケット本当にありがとうございました。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年06月04日 06:09
観てきましたよ
ワタシは シャガール ピカソが好きでした やはり
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月29日 17:52
 ありがとう御座います。チケット届きました。観覧後に感想をアップいたします。m(_ _)m
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月25日 06:26
チケット 届きました!!

(人''▽`)ありがとう☆ うれしいな~~
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月24日 18:51
ありがとうございます
今日チケットが届きました
神戸にでかける楽しみがふえました
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月24日 17:06
滑り込み、ゲットだぜー!(*゜▽゜)ノ

早速到着しました。
ありがとうございます♪m(_ _)m
Re[3]: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 Re[2]: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月23日 14:26
当選嬉しい!やったー!\(^o^)/
Re[3]: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 Re[2]: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月23日 11:37
お許し賜り、誠に有難う御座いまする♪m(_ _)m

安藤ギャラリーもオープンしたとのことで、
楽しみが増えました。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月23日 08:32
当選ありがとうございます!
とても嬉しいです!
Re[2]: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月23日 06:01
本荘ケイさんの発言
> 「ルノワールに会いたい!」
>
> お風呂入ってたら、タイムアウト!(@_@)

ゆるしたるわ♪(笑)
全員当選、おめでとうございます!!
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月23日 00:31
「ルノワールに会いたい!」

お風呂入ってたら、タイムアウト!(@_@)
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月21日 22:23
単なる書き込みです。m(_ _)m

昔々、30年以上昔ですが、豊岡の今は駅前にあるアイティが少し南にあったとき、油絵の展示会をやってて、ちょっと覗いてみると会場の真ん中に1号のルノアールがありました。小さいながらも、一見でルノアールと判る作品でした。販売もしていて、よく覚えていませんが確か八桁の値札が貼られていて、既に売約済みでした。豊岡でこれ買う人あるんや~、とびっくりしました。(@_@)

正直、ルノアールとセザンヌが判らないこと時々ありますけど。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月21日 18:34
「ルノワールに会いたい!」
美術館なんて行ったことないので行ってみたいでーす!!
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月21日 14:15
「ルノワールに会いたい!」

母とパリで美術館巡りをしたのを思い出します。
印象派の絵画のなかでもルノワールの作品は色遣いとタッチが優しく、心が洗われるような感覚になります。
ルノワールが手がけた作品の特徴とも言える女性の陶器のような肌は、非常に薄い色を何度も重ねて表現されているそうです。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月17日 08:19
「ルノワールに会いたい!」
落選しても観にいこうと思っています。^^
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月17日 05:58
「ルノワールに会いたい!」
元々興味のある画家でもあるので、是非とも行きたいです。よろしくお願いします。
Re: 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
【返信元】 【兵庫県立美術館】特別展「印象派から その先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」展招待チケットプレゼント
2019年05月17日 05:44
「ルノワールに会いたい!」

神戸とアートと ついでに甘いもん
楽しんできたいです
[ 1 2 ]