【地域SNS全国フォーラム】の「第三分科会」
「第三分科会」の書込一覧です。
第三分科会
【閲覧数】4,025
2007年06月25日 22:18
テーマ『地域SNSと電子地域通貨の連携』

ICTを活用した地域通貨の先進事例をもとに、地域通貨を生かした地域活性化方策について議論するとともに、地域SNSと連携した電子地域通貨の可能性を探る。

【コーディネーター】
岡田真美子(兵庫県立大学教授/(特)千姫プロジェクト理事長)

【コメンテーター】
赤井俊子((特)丹波まちづくりプロジェクト理事長)

清原桂子(兵庫県理事)

【地域通貨の事例発表】
市川市地域通貨「てこな」
 市川市役所CIO情報政策監 井堀幹夫

たつの市地域通貨「とんぼ」
 たつの市役所総務部情報推進課係長 三木康弘

海士乃銭「ハーン」
 島根県隠岐郡海士町地産地商課主任主事 山岡真幸

別府市地域通貨「泉都」
 別府市役所ONSENツーリズム局観光まちづくり室主任 牧 宏爾
 
浦添市地域通貨「察度」
 浦添市役所企画部企画課長 銘苅秀盛

書き込み数は43件です。 [ 1 2 3 ]
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re[2]: 発表資料(第3分科会)
【返信元】 Re: 発表資料(第3分科会)
2007年08月29日 21:30
拝見いたしました。
楽しい察度の使い方、問題をクリアーされた経験、SNSの利用についてなどよくまとめてくださいましたね。楽しみです。

国がクールビズをするよりずっと早く、兵庫は開襟シャツの知事以下「エコスタイル」を実践してきました。
涼しい格好でさわやかに参りましょう。
Re: 発表資料(第3分科会)
【返信元】 発表資料(第3分科会)
2007年08月29日 13:52
浦添市の知念です。
資料の作り方が悪かったようで、PDFにすると見づらく
なっているようで申し訳ございません。
そこで、あらためて当方でPDFにしたものを添付しますので、
よろしければご参照下さい。
Re[2]: 当日の服装
【返信元】 Re: 当日の服装
2007年08月29日 11:56
了解しました。助かります。
どうやら、そちらは天気は雨模様のようですね。
準備に支障が出ないことをお祈りしております。
Re[6]: 第三分科会
【返信元】 Re[5]: 第三分科会
2007年08月29日 10:48

なるほど、事情がよく分かりました。
ありがとうございます


Re[5]: 第三分科会
【返信元】 Re[4]: 第三分科会
2007年08月29日 10:24
ハーンは島内(町内)の商店ではほぼ使えますが、自販機では使えません。そのあたりは2千円札が出回り始めた頃ににています。
また、私は島の玄関口である「キンニャモニャセンター」内の農産品売り場や、売店のレジ打ちをするのですが、これから帰ろうとする観光客にハーンを渡すのもいかががなものか。というような事情です。
いままで島から発信の情報としてハーンは取り上げていない事もあり、もっとPRに力を入れなければ、観光客(入り込み客)に使ってもらうことができません。昨年の5月連休に交換所を開いてみましたがさっぱりでしたので、島外へのPRが今後の課題です。
Re: 当日の服装
【返信元】 当日の服装
2007年08月29日 03:37
nbcさんの発言
> 関係者の皆様、ご苦労様です。
> 浦添市の知念です。
>
> 質問なのですが、当日の服装は、ネクタイ+スーツということに
> なるのでしょうか?

こたつねこ@琉大80年卒(理学部)&浦添自練です..(^^)
知念さん、軽装でお願いします。
ぼくもポロシャツ+スラックスの予定です。
かりゆしウェアなんて、マジええかも~。
よろしくお願いします。
2007年08月28日 23:23
関係者の皆様、ご苦労様です。
浦添市の知念です。

質問なのですが、当日の服装は、ネクタイ+スーツということに
なるのでしょうか?
今年の夏はたいへん厳しい残暑のようですから、軽装だと
嬉しいかなと思うところですが、「フォーラム」としての
イメージもあるかと思いますので、教えて頂ければ助かります。
よろしくお願いいたします。
Re[4]: 第三分科会
【返信元】 Re[3]: 第三分科会
2007年08月28日 21:19
ぶんさん、
すみません

{ハーンの困ったところは、おつりでもらうのを敬遠されることです。
「5千円お預かりします。2千ハーンと300円のお返しです。」ってできないことです。}

なぜでしょうか、面倒なこと言いますがもう少し説明してくださいませんか。
Re[3]: 第三分科会
【返信元】 Re[2]: 第三分科会
2007年08月24日 17:45
海士乃銭ハーンは島でしか使えないお金として、町内に出回っています。
ちなみにおつりは「円」で払います。
ハーンの困ったところは、おつりでもらうのを敬遠されることです。
「5千円お預かりします。2千ハーンと300円のお返しです。」ってできないことです。
何かの機会でハーンを入手しても直ぐ使ってしまいます。(普段買わない物を買ったりするのはありがたいですが。)
紙幣にシフトしているのは、電子マネーより“おもしろそう”っという事が一番の理由です。
Re[2]: 資料はそろいました(第3分科会)
【返信元】 Re: 資料はそろいました(第3分科会)
2007年08月23日 21:55
さきほど、添付もさせていただきました。
1MBまでしか添付できないので、分割しているもののありますが、ご容赦ください。
Re: 資料はそろいました(第3分科会)
【返信元】 資料はそろいました(第3分科会)
2007年08月23日 21:53
第3部会資料が揃ったとのこうりゅうびとさまよりのご報告に事コーディネータはほっと胸をなでおろしました。

百山紀行さんより200ひょこぽ戴いたことでもあり、配布資料を出してくださったパネリストの皆様に100ひょこぽずつお送りしました。どうぞお受け取りくださいませ。

また きよぴ理事さま、未杜子さまよりさっそくに地域通貨とSNSに関するご意見を頂戴し、とてもうれしく思います。
ひよこはまたまた「ひょこぽ」をお送りしたくなりました。

未杜子さまはイサカのレストランを見てこられたのですね!お土産話が楽しみです。

【ひょこぽ振込み方法】

ひょこぽの振込みの仕方がちょっとわかりにくい(自分のひょこむトップページには「振り込みボタン」がなく、まず振り込みたい相手のトップページへ飛んで、そのページの振込みボタンを押さなければならない)のを改善してほしいと要望を出しています。
発表資料(第3分科会)
【返信元】 第三分科会
2007年08月23日 21:51
2007年08月23日 14:16
長年公民館に勤務して生涯学習、ボランティ講座、子育て講座など企画していました。多様な講座を開催し、読み聞かせや観光案内のボランティグループの誕生などにかかわりました。2000年にもっと手応えのあるものを求め退職し、大学院に通いながら2001年7月にこれなら打ち込めると思って若いお母さん方に声をかけて地域通貨:未杜を発行、運営を始めました。(当時の若いお母さんはますます力をつけて現在はまちづくりの中心的存在として活躍中です。)

今では子供から高齢者まで多様な人々が活動に参画し、あらゆるものとサービス、助け合いが地域通貨:未杜をツールとして日常的に循環しています。なつかしい出会い、新しい出会いも月一回の未杜井戸端会議で楽しんでします。

井戸端会議の内容は生涯学習的なもので大イベントは事務局が発案しますが、会員の要望を優先して取り入れます。
会員の商店経営者は企業会員として入会して実費プラス未杜で地域通貨を動かしてもらっています。

地域通貨はその人の価値観に応じたフレキシブルな対応が可能なので、商店の人も無理なく取り入れられるようです。
ただ忙しい商店主にはいちいちカードに書き込むのが面倒と言われ、これ以上会員が増えれば事務局対応ができないといった課題を解決に導いてくれるのが電子通貨であり、SNSであろうと思います。

31には、これらの課題解決にむけて有意義な分科会になればと期待しています。

今夏、訪問したイサカ市では地域通貨100%のレストランで食事をしましたが、さすがエンデの遺言に取り上げられたことはあると、その循環ぶりに感心しました。

31日はみなさんとの出会いが楽しみです。ちなみに未杜会員の中には市川市の人、また隠岐から丹波市に来ている人もいます。「てこな」や「ハーン」さん、昨年パネルディスカッションに招かれた掛川市の方などはじめ、多くの皆さんとの出会いを楽しみにしています。
Re: 資料はそろいました(第3分科会)
【返信元】 資料はそろいました(第3分科会)
2007年08月23日 12:59
市川市の地域ポイント(地域通貨)
資料を添付します。

資料の最終ページに、実証実験(住基カードを利用した地域通貨)の反省点を踏まえてコメントをのせました。
今、新たな展開で地域通貨の活用を図るべく出直しています。
Re[3]: 第三分科会
【返信元】 Re[2]: 第三分科会
2007年08月23日 09:06
 5年前、地域通貨に取り組むグループへの助成をしてその報告会をしたとき、ある町社協から、「90歳を超えたおばあちゃんから参加申し込みがあり、てっきり『してほしい』というお話かと思ったら、90年前の町の話を子どもたちにしたい。それができるのは、私しかいない、ということで、うれしかった。」という報告があり、きいていた私たちも、何だかわくわくする気持ちが胸に広がりました。

 地域通貨は、助ける人ー助けられる人、という関係を固定化せず、助けたり助けられたりという関係に、そしてそこから、生きがいと仲間づくり(そして人生の楽しさかな)につながる可能性をもったもの。ただ、一過性のイベント的でなく、継続したものとして地域に根付いていくのがむずかしい。①しくみと使い方が簡単、②自分にとっての収支が一目瞭然で、それをながめるのが楽しみ (^_-)、③参加者全体(個人個人でなく、総体として、今どんなことがよく使われているといったことなど)の通貨の流れがほぼリアルタイムでわかる、④事務局の事務量が負担にならない、等といったことがそのときも課題でしたが、SNSの登場はそのあたりで、新しい地域通貨の段階にすすむ期待をいだかせるものです。

 もちろん、顔がわからない人に頼みにくい、という声はいつも一番たくさんありますので、そこらの工夫は要りますが、現金やコミュニティビジネスにつながるのもいいと思いますけれど、現金(円)がなくても、地域で自分の居場所(誇りかな)をもって、いろいろな人とのつながりのなかで暮らしていける、そのための地域通貨、そのツールとしてのSNS、・・・知恵をしぼりたいです。
資料はそろいました(第3分科会)
【返信元】 Re: 資料提出者にひょこポ頂戴?
2007年08月23日 01:09
第3分科会は、原稿、プロフィールも含めて、ほぼ完璧にそろっています。
とにかく、数が多いので、いっぺんにというわけにはいきませんけど、一両日中に、パワーポイントデータをPDFにしたものをはりつけていきます。
Re[2]: 第三分科会
【返信元】 Re: 第三分科会
2007年08月22日 17:15
ぶんさん

電子マネーとして今動いてなくても、いろいろご感想や、夢をお話くださるとよいと思います。

こんなことができたらいいな、という素朴な夢から、いろいろな面白い試みができてくるものです。

電子マネーのどんなところが使いにくいのでやめちゃった、なんているのも大切なデータです。

ぜひフォーラムの前にもいろいろ聞かせてくださいませ
Re: 資料提出者にひょこポ頂戴?
【返信元】 資料提出者にひょこポ頂戴?
2007年08月22日 16:45
ええ?? わたくしが資料提出者に振り出すのですか?
しかも百山紀行さんにもらったポイントで...

こうりゅうびと様、温たまさん以外のかたの原稿はいかがでしょうか。
資料提出者にひょこポ頂戴?
【返信元】 Re[2]: 【重要】本日資料提出の〆切日です
2007年08月22日 00:30
> こうりゅうびとさま、体験版として、たとえば資料を出したひとはひょこぽを頂戴するというのはいかがでしょうか?

ひょこポは天から降ってきたり地から湧いてきたりするわけではないので(現時点では招待メンバーの増加に対応したポイント付与のみ)、私のほうから200ポイント進呈いたしますので、これを元手に資料提出者に適宜ポイントを配分していただければ幸いです。

どうしてそんなに太っ腹かというと...ひよこさんより招待者の数が多くポイント持ちであること、さらに言うと別途ポイントを取得する秘策があるのでご心配なく^^;
http://hyocom.jp/bbs/bbs.php?key=37704&bbs_id=5…;sub=37703
Re[2]: 【重要】本日資料提出の〆切日です
【返信元】 Re: 【重要】本日資料提出の〆切日です
2007年08月21日 18:52
温たまさま

資料ご提出ありがとうございました

もしできましたら、pdfにしてこちらにあげていただけるでしょうか?(他のパネリストの皆さんもよろしくお願いします)

発表時間はパワポ8枚ですので、10分以内ということでいかがでしょうか?

それから地域SNSと地域通貨についてのディスカッションを始めるというご提案、大賛成です!!

こうりゅうびとさま、体験版として、たとえば資料を出したひとはひょこぽを頂戴するというのはいかがでしょうか?
[ 1 2 3 ]