【地域SNS全国フォーラム】の「第一分科会」
「第一分科会」の書込一覧です。
第一分科会
【閲覧数】3,001
2007年06月28日 00:27
テーマ『地域SNSでコミュニティ活性化』

兵庫県での取り組み事例の発表を中心に、地域SNSによるバーチャルなコミュニケーションとリアルな活動を連携させ、いかにして、地域づくり、コミュニティ活性化につなげていくかを考える。

【コーディネーター】
立木茂雄 (同志社大学社会学部教授)

【コメンテーター】
木原勝彬 (ローカル・ガバナンス研究所所長)
久戸瀬昭彦(兵庫県県民政策部県民文化局生活創造課課長補佐)

【事例発表】
千種和英 (空き缶でもうけてもええ会事務局長、佐用町情報懇話会委員)
前川裕司 ((特)コムサロン21理事長、姫路おでん普及委員会主宰)
三坂友章 (宝塚商工会議所異業種交流会実行委員長)
三村園美 (西播磨文化会館生活創造活動コーディネーター)

総務省のコミュニティ研究会でも際立っていたお二方(立木教授、木原所長)にコーディネータ・コメンテータをお願いし、県内各地のキーパーソンに大いに語っていただきます。
http://www.soumu.go.jp/menu_03/shingi_kenkyu/kenkyu…_meibo.pdf

書き込み数は35件です。 [ 1 2 ]
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
当日はエコスタイルで
【返信元】 第一分科会
2007年08月29日 09:36
コーディネーター、パネリスト、コメンテーターの皆様
フロアにてご参画いただける皆様

誠に恐縮ですが、
当日はエコスタイル(ノーネクタイ、ノー上着)でお出ましいただきますよう、ご案内申し上げます。
第一分科会事前打合せ
【返信元】 第一分科会
2007年08月27日 18:39
第1分科会・パネリストの皆様へ
8月31日当日のスケジュールについて、あらためてご案内いたします。

○12:15~12:45 事前打合せ
・控室を用意しております。(兵庫県公館102会議室)
・よろしければ、控え室にて、自己紹介、簡単な進行打合せ等いただければ幸いです。(立木先生、木原先生にも案内します)
・誠に恐縮ですが、ご昼食をお済ませのうえ、12:15までに受付にお申し付けください。控室にご案内いたします。

○登壇(分科会1)までのプログラム
・13:00~13:15 知事ごあいさつ(於兵庫県公館1階大会議室)
・13:15~14:50 全体会「地域SNSが、地域を変える、社会を変える」(於同1階大会議室)
・(15:00~15:25 地域SNS紹介コーナー共通説明タイムその他展示)
・15:30~17:00 分科会1 地域SNSでコミュニティ活性化(於同1階大会議室)
  
○18:00~ 交流会(於兵庫県職員会館)
 分科会での討議結果を報告(各コーディネーター)


つっこみ質問・攻撃予告もよろしく
【返信元】 Re[6]: 第一分科会の流れに関する議論
2007年08月26日 15:30
ありがとうございます

たくさんの人に聞いていただくので、ある程度充実したやりとりができたらいいなと思います。

そのためにも、
よっちゃんさまみたいに、
フロア発言ご提案も書き込みよろしくお願いします♪
★★★
パネリスト・コメンテーターへの質問、火花散るつっこみも、
だいたいの内容を予告していただけると、きり返しを考えておけるので嬉しいです。
^^;
★★★
議論を深めるために、パネリストの皆さんも、質問して欲しいことをここに書くというのはいかがでしょうか。
Re[6]: 第一分科会の流れに関する議論
【返信元】 Re[5]: 第一分科会の流れに関する議論
2007年08月26日 09:49
>3 フロアから 2分×4人=8分程度
  県民交流広場取組地域リーダー、県民局職員等取り組み紹介と
  具体の地域でネットワークをひろげる上での課題提起

よろしければ少し紹介させていただければと思います。
発言時間は2分程度ということなので簡潔に
1 ひょこむ参加をきっかけ始まった県民局と文化会館・NPO法人との協働による、広場関係者への情報発信研修実施の取り組み
2 広場関係者へのひょこむ加入勧奨と成果・課題
を各1分でご紹介します。
Re[5]: 第一分科会の流れに関する議論
【返信元】 Re[4]: 第一分科会の流れに関する議論
2007年08月25日 04:23
いよいよ日が迫ってきました。
流れについてのご意見書き込みお願いします。
パネリストの方も、項目加除修正いただければ幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
24日の打ち合わせで、
当日は、12時、それまでに食事を済ませていただいて集合、12時45分まで打ち合わせという案が出されましたが
いかがでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(たたき台その4)

1 コーディネーターによる課題提起(第1分科会のねらいなど) 3分程度
 兵庫県での取り組み事例の発表を中心に、地域SNSをコミュニケーションツールとして、リアルな世界とバーチャルな世界を連携させ、地域づくり、コミュニティ活性化に取り組むことについて考えること等

2 各パネリストから(平素の取組紹介と課題提起) 8分×4人=32分程度
○千種さん 
 空き缶で儲けてもええ会、ホルモンうどん等NPO活動のネットワークづくり
 佐用町の情報化(住民が映像を発信する「住民ディレクター」)展望
○前川さん
 「姫路おでん」の展開にあたってのネットワークづくり
○三坂さん
 商業者の立場から、期待したいこと!

○三村さん
 生活創造・地域づくり活動のネットワーク化支援
 県民交流広場のネットワーク化とICT・SNS活用事例

3 フロアから 2分×4人=8分程度
  県民交流広場取組地域リーダー、県民局職員等取り組み紹介と
  具体の地域でネットワークをひろげる上での課題提起

4 必要に応じ県施策について久戸瀬補足コメント 1~2分
  兵庫県のコミュニティ施策取組 20秒
  SNSは協働のための新兵器-ひょこむで展開した、団体・NPOと行政の協働 30秒
  SNSは組織内活性化の新兵器(活動支援業務に関する関係機関との連携)30秒

5 木原コメンテーターから(ローカルガバナンスの視点から等) 9分
 地域コミュニティ再生(ローカルガバナンス)とネットワークづくり

6 各パネリストから(つながりの手法に関する議論) 5分×4人=20分程度
○三村さん 交流イベント(オフ会)
○三坂さん 意見集約の場に!、オフ会の重要性 
○前川さん マスコミとのタイアップ
○千種さん 佐用町の情報戦略検討状況        

7 フロアから又はパネリスト間のやりとり
  2分×4人=8分程度
  具体の地域でネットワークをひろげる上での提案・意見等

8 コーディネーター総括 8分程度
===========================
ともくんさんはじめ、個別にもいただいたご意見を踏まえて修正したものです
===========================
3 では、フロアから、こんなこともあんなこともできると、元気な兵庫の取組をいろいろ披露いただきたいなとも思います
7 での質問は、今後のコミュニティづくり・人と人とのつながりづくりの展開に向けた提案をいただけたらいいなと思います
===========================
パネル討論は生き物、あくまでも参考・目安ですが、引き続きご議論を

Re[4]: 第一分科会の流れに関する議論
【返信元】 Re[3]: 第一分科会の流れに関する議論
2007年08月24日 21:21
クトチャンさん、こんにちは。
私の分ですが、

2、商工会議所活動での活用等 を
  商業者の立場から、期待したいこと!

6.オフ会の重要性、会議としての活用、意見集約 を
  意見集約の場に!、オフ会の重要性 に修正お願いします。

 
Re[3]: 第一分科会の流れに関する議論
【返信元】 Re[2]: 第一分科会
2007年08月24日 20:45
修正しましたので、この項目削除します
発表資料(第1分科会)
【返信元】 第一分科会
2007年08月23日 21:53
Re[2]: 第一分科会
【返信元】 Re: 第一分科会
2007年08月23日 18:45
分科会で配布する用は200部でお願いします。
Re[4]: 第一分科会
【返信元】 Re[3]: 第一分科会
2007年08月16日 19:40
そうですね、まさに、
兵庫では、コミュニティづくり、SNSを使った取組みが
こんなにも展開しつつあるんだという盛り上がり状況を発信したいですね
第一分科会出席してフロアから発表いただける方いらっしゃらないでしょうか
Re[3]: 第一分科会
【返信元】 Re[2]: 第一分科会
2007年08月15日 21:25
 私の要望として、会場と一体となりたいと思います。
 パネラーだけが一方的に話すのではなく、
 各パネラーの発言後、「下記3フロアから」を充実できたらいいなと思っています。

3 フロアから 3分×3人=9分以内
  県民交流広場取組地域リーダー、県民局職員等取り組み紹介と具体の地域でネットワークをひろげる上での課題提起
  <必要に応じ県施策について久戸瀬補足コメント>
 
 質問や改善点、参加者の取り組み等を発言していただき、情報交換ができるようにしていただけたらと思います。

 きっと会場からもパネラーに劣らず、素晴らしい意見を期待できると思います。

 内容的には、そのみさんの発言と同じようなものかと思います。

 コーディネーターの方が大変になるとは思いますが、いかがでしょうか?
 
Re[2]: 第一分科会
【返信元】 Re: 第一分科会
2007年08月15日 13:59
なるほど、
活用、展開手法に関する議論は、
単にSNSの活用、展開手法だけでなく、
つながりをいかにひろげるかという軸で議論するということですね

修正してみるとこういう感じでしょうか
=============================
(たたき台その2)

1 コーディネーターによる課題提起(第1分科会のねらいなど) 3分程度
 兵庫県での取り組み事例の発表を中心に、地域SNSをコミュニケーションツールとして、リアルな世界とバーチャルな世界を連携させ、地域づくり、コミュニティ活性化に取り組むことについて考えること等

2 各パネリストから(平素の取組紹介と課題提起) 8分×4人=32分程度
○千種さん 
 空き缶で儲けてもええ会、ホルモンうどん等NPO活動のネットワークづくり
 佐用町の情報化(住民が映像を発信する「住民ディレクター」)展望
○前川さん
 「姫路おでん」の展開にあたってのネットワークづくり
○三坂さん
 商工会議所活動での活用等
○三村さん
 生活創造・地域づくり活動のネットワーク化支援
 県民交流広場のネットワーク化とICT・SNS活用事例

3 フロアから 3分×3人=9分以内
  県民交流広場取組地域リーダー、県民局職員等取り組み紹介と
  具体の地域でネットワークをひろげる上での課題提起
  <必要に応じ県施策について久戸瀬補足コメント>

4-1 木原コメンテーターから(ローカルガバナンスの視点から等) 9分
○木原さん
 地域コミュニティ再生(ローカルガバナンス)とネットワークづくり

4-2 各パネリストから(つながりの手法に関する議論) 5分×4人=20分程度
○三村さん 交流イベント(オフ会)
○三坂さん オフ会の重要性、会議としての活用、意見集約
○前川さん マスコミとのタイアップ
○千種さん 佐用町の情報戦略検討状況        

5 フロアから 3分×3人=9分以内
  具体の地域でネットワークをひろげる上での提案・意見

6 コーディネーター総括 8分程度
=============================
パネル討論は生き物、あくまでも参考・目安ですが、引き続きご議論を
Re[2]: 第一分科会
【返信元】 Re: 第一分科会
2007年08月15日 01:13
播磨夢路さんの発言
> たぶん、SNSから生まれたリアルが、広域的なものに広がることができるかどうか?
> というのは通信手段をSNSに頼っている以上は、パソコンを使用できる人という限られた枠の中でしかコミュニティが育って行きにくいという考え方もあるからです。

すべてをテクノロジーでカバーしようとしてきたこれまでの考え方そのものを変えなくてはならないと思います。地域SNSはそれ自身が地域住民に包括的環境を提供するのではなく、コミュニティの隅々までリーチする人と人の関係性というセーフティネットを創り出すことができるという自信をひとりひとりに持たせるツールにすぎないのです。
「地域SNS最前線-Web2.0時代のまちづくり実践ガイド」(アスキー,2007)に書いた、下記一節をぜひ引用して議論頂けると幸いです。

「5.3.2 システムに頼り切らない仕組みづくり」
http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=4983
Re[3]: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 Re[2]: 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 15:07
クトちゃんさんの発言
> 皆様のご議論よろしくお願い申し上げます。

外野席からなんですが、「バーチャルやないねん、リアルやねん」ということがしっかりとグリップできる話題の展開がきっとできると思います。
地域SNSは「たかがツール、されどツール」。「逢えない時間が愛育てる」ツール。その秘密を現場の生声で語り合って頂きたいです~。
Re[2]: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 Re: 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 15:03
>そのみ様
まさに、県民交流広場など、地域コミュニティづくりに取り組まれている地域のキーパーソン、関係者の熱い思いや様々に工夫していることを発信できたら最高ですね。

順序入れ替えもなるほどと思います。
皆様のご議論よろしくお願い申し上げます。
Re: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 14:50
先ほど、第1分科会の参加者が県内と県外が半分ずつだということを教えていただきました。

「ローカルガバナンス」←「多様な人たちがかかわって地域を元気にする」ということですね?


兵庫県の中で、「県民交流広場」をすすめる行政職員や、実際に「県民交流広場」に関わっておられる方からの発言を県内、県外の方に聞いていただきたいなあと思います。

そして、5番ではフロアから「地域の元気」のためのSNS活用について参考になるような意見をいただけたらうれしいです。


…私ばかりが要望だしてますが、他のパネリストの方もいろいろと考えを教えてください<m(__)m>
Re[4]: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 Re[3]: 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 13:33
こたつねこさんの発言
> 本来であれば、自由に意見をもらって登壇者が受けるというスタイルが好ましいのですが

フォーラムでは、コーディネーターの方がパネリストに共通の質問をしてそれぞれが答えるという方法しか知らないので、
会場から、3分という時間でばらばらの質問や、流れに沿わない質問、個人的に質問、となると収集もつかないし、
私自身も、パニックになってしまいます。
できたら、フロアからの話は、質問ではなく、私たちパネリストの話に付け加えて自分たちの活動について発表していただく3分×3人と考えていただき、
3と4の順序を変えて、
そして、5番の議論の中に、コーディネーターかコメンテーターかクトちゃんが入って、そこに会場からの手をあげての発表(2分以内。3分は意外と長い)もあって…そして最後に総括というのがいいように思いますが。6番はいりません。

こたつねこさんの事前の質問票もよい案だと思います。

Re[3]: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 Re[2]: 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 13:22
クトちゃんさんの発言
> >そのみさん
> すみません
> 何も仕掛けていません
> この流れも単なるたたき台です
> ここで、これからの議論と思っていますので、ご意見よろしく

本来であれば、自由に意見をもらって登壇者が受けるというスタイルが好ましいのですが、「参画と協働」をメインに据えると、ピントはずれの独演会をしたり、いわれのない中傷をされたりすることも、過去の経験からありがちです。
できれば現場で本当に汗を流している方に、質問や意見発表のお願いをしておくのはいかがでしょうか?
または事前に質問票を配布しておいて、その中からお願いするとか..考えて頂けるとありがたいのではないかな。
個人的な意見です。
Re[2]: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 Re: 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 13:08
>そのみさん
すみません
何も仕掛けていません
この流れも単なるたたき台です
ここで、これからの議論と思っていますので、ご意見よろしくお願いします


筋書きを決めては面白くないとのご意見もいただいており、これはまさに同感です。
ただ、フロアはあくまで自由発言を原則としつつ、
何人かに「出席して発言くださいね」くらいの声かけをするとか、
パネリスト発言の中で紹介するくらいの方法はあるかなと思っています。
Re: 第一分科会の大まかな流れは?
【返信元】 第一分科会の大まかな流れは?
2007年08月14日 13:05
クトちゃんに質問です。
フロアからの発表3分の6人の方々の調整は
されておられるのですが、当日手をあげて
発表されるのですか?
この方々から私たちパネリストに質問などがあるのですか?
2番目の発表と問題提起をした分のことについては、
総括にてお話があるのですか?コメンテーターからの
アドバイスがそこにあるのですか?
フロアの方の発表によって答えを見つけていくのですか?
[ 1 2 ]