1,504万kW/2,085万kW (12/08 13:55)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=1428&cid=397
■主張・論評の書き込み
書き込み数は64件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 ]
2018年05月03日(木) 

それとは全く無縁の人もいます。

わが家の娘もその一人で、今朝も5時半に起きて出勤していきました。

近年の経済構造の変化により、第三次産業の比率が高くなるとともに、働き方の多様化が進み、カレンダーどおりに休めない人が増えています。

9連休で海外旅行を楽しんでいる人がいる一方で、その恩恵に浴せない人がたくさんいる。つまり労働環境の二極化が急速に進んでいるのです。

マスコミは「大型連休、GW」と騒ぎ立てていますが、もういい加減ヤメにしてほしいものです。


閲覧数69 カテゴリ主張・論評 コメント4 投稿日時2018/05/03 08:34
公開範囲外部公開
2015年07月30日(木) 

先日のアササン(早朝散歩)で、このときに初めて歩いた区間で見た風景です。

 

 

上の写真は初めて渡った歩道橋の上ですが、転落防止用の側壁がひどく錆びていて、路面には雑草も生えています。2年前に下から見た(右の写真)ときは《手入れが悪い


閲覧数440 カテゴリ主張・論評 コメント4 投稿日時2015/07/30 10:09
公開範囲外部公開
2014年12月08日(月) 

アパレル関係の会社に勤めている娘が、人事異動で新しい職場に移って3週間が経った。

大阪・梅田にある百貨店内の店舗から、くずはモール内の店舗に変わったのである。くずはモールはわが家から3kmほどのところにあり、バスに乗れば10分で行ける。

勤務形態は早番、中番、遅番があってシフトが一定しないところは変わらないが、通勤時間が大幅に短くなり、楽になったと思う。

遅番(午後2時からの勤務)の場合を例にとると、以前は11時半までに家を出ていたものが、今は1時10分ごろに出れば間に合う。これまでバス、京阪、地下鉄を乗り継いで2時間近くかけて通


閲覧数496 カテゴリ主張・論評 コメント2 投稿日時2014/12/08 13:15
公開範囲外部公開
2011年11月01日(火) 

いち、に、さん、し、ご、ろく、しち(関西人は「ひち」と言う)、はち、く、じゅう(あるいは「とう」)

以前はこれが普通の数の数え方だった。

ところが、近ごろは次のような数え方をする人が増えている。

いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち、きゅう、じゅう

つまり、4(四)と7(七)と9(九)が変わってきているのである。

元々、「4人」は「よにん」、「四方」は(しほう)、「七草」は「ななくさ」、「7時」は「しちじ」というように、後に来る語によって二とおりの読み方があるわけだが、それ


閲覧数919 カテゴリ主張・論評 コメント10 投稿日時2011/11/01 09:33
公開範囲外部公開
2011年10月01日(土) 

「❍❍百選」というものがある。どれくらいあるのかと、あるサイトで調べてみたら47もあった(まだほかにもあるかもしれない)。この中には聞いたことのあるものもあるが、初めて目にするものがほとんどだ。

 

ため池百選、音響家が選ぶ優良ホール100選、都市景観100選、近代水道百選、新日本旅行地100選、名湯百選、新・日本街路樹100景、平成の名水百選、にっぽんの温泉100選、日本の夕陽百選、ヘリテージング100選、日本百景、日本の地質百選、日本100名城、夜景100選、水の郷百選、未来に残したい漁業漁村の歴


閲覧数697 カテゴリ主張・論評 投稿日時2011/10/01 09:41
公開範囲外部公開
2011年07月16日(土) 

数日前から、天気予報などで「高温注意情報」という言葉を聞くようになった。気象庁の発表によると7月13日の夕刻から運用されるようになったそうで、猛暑日になることが予想される場合に出されるようである。

同じような言葉に「低温注意報」というのが以前から使われているが、同じ気温に関することなのに、「注意報」と「注意情報」の2つの言葉が存在する。

 

「注意情報」と言えば、「竜巻注意情報」というのも最近よく聞かれるようになった。

「注意報」と「注意情報」はどこがどう違うのだろうか。気象庁のホームページを見ると、「竜巻注意情報」の


閲覧数665 カテゴリ主張・論評 投稿日時2011/07/16 08:13
公開範囲外部公開
2011年06月30日(木) 

人間はなぜ上を目指すのか。事あるごとに僕の頭をよぎる疑問である。
向上心というものは多かれ少なかれ誰にもあるが、大きく分けると絶対的向上心と相対的向上心の2つになると思う。前者は自分自身を高めたいという気持であり、後者は他と比較して上に行きたい、前へ出たいという気持である。

 

絶対的向上心は、例えば比叡山の千日回峰をされる修行僧や、優れた作品を残そうと創作にいそしむ芸術家、あるいは真理を探求しようと研究に没頭する学者などが持つ向上心で、自分自身を磨くことを目的とする。
これに対して、相対的向上心は、順位を上げるこ


閲覧数1063 カテゴリ主張・論評 コメント2 投稿日時2011/06/30 11:55
公開範囲外部公開
2011年06月15日(水) 

  

 

街を歩いていると、こういう石碑をよく見かけます。古い町ほど多いものですが、大抵は裾の方が黒く


閲覧数923 カテゴリ主張・論評 コメント4 投稿日時2011/06/15 11:43
公開範囲外部公開
2011年04月22日(金) 

東電福島第一原発による放射能問題で、政府は「計画的避難区域」とか「計画的に避難していただきたい」とか言っているが、この「計画的」とはどういうことなのか、僕にはさっぱり分からん。

こういう言葉は明らかに官僚の作った言葉である。官僚の使う言葉は、普通の日本語とはかけ離れたものが多いのである。法曹界の言葉もそうであるが。

 

あれだけ官僚を蔑み、行政から排除すると公言してきた民主党政府である。それなら、「もっと一般国民が理解できる言葉で表現したらどうや!」と言いたい。

もし、この言葉を自分たちで考えたと言うなら「何をか


閲覧数722 カテゴリ主張・論評 投稿日時2011/04/22 13:41
公開範囲外部公開
2010年03月12日(金) 

今日の出来事。

腰の治療に行った帰り道、娘のアパートへ寄るのに大阪駅から普通電車に乗った。まだ4時前だったが、かなり混んでいた。

車内を見渡すと、赤白の運動帽を被った小学生がいっぱい乗っていた。体の大きさから見て、たぶん5年生くらいだろう。

まるで「雀の学校」のような喧騒だが、《やかましいけれど、まぁ小学生なら仕方ないか》と思った。

 

ところが、よく見るとそのうちの何割かが座席を占領しているのである。周りには立っている大人がたくさんいて、中にはかなりのお歳と見受けられる人もいるのにである。

立っている子供


閲覧数1858 カテゴリ主張・論評 コメント16 投稿日時2010/03/12 22:26
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 ]
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 12月08日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み