1,266万kW/2,129万kW (08/25 04:25)
59%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=1428&year=2011&month=4
■2011年4月の書き込み
書き込み数は42件です。 [ 1 2 3 4 5 ]
2011年04月29日(金) 

明日は京都市の最北端・花背の大悲山というところへハイキングに行きます。樹齢1,200年といわれる三本杉を観に行くことが目的です。

それで1週間前から天気が気がかりで、毎日天気予報と睨めっこでした。

地域的に京都市左京区と南丹市の両方を見なければなりません。

昨日の予報では「晴時々曇」でしたが、今朝の予報では完全な晴マークに変わっています。このあと変わらないことを祈ります。

 

閲覧数992 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2011/04/29 10:58
公開範囲外部公開
2011年04月29日(金) 

今日は「昭和の日」、40回目の結婚記念日ですが、その相手である妻が亡くなってからもうすでに20年以上が経ちます。

当時は「天皇誕生日」だったのですが、昭和天皇が亡くなったあとも「みどりの日」、「昭和の日」として残っていることで、この日を忘れずにいることができます。

 

一昨年のこの日に書いたブログを見ると、『しかし独り身となってしまった僕としては何もすることがありません。《せめても》と、亡き妻のために朝から薔薇の香を焚いてやりました。別段深い意味はありませんが、そろそろバラの花が咲きだす季節ですから。』と書いてありました


閲覧数1018 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2011/04/29 09:36
公開範囲外部公開
2011年04月28日(木) 

これぞ惣菜という一品です。

この季節になると必ずつくるのがこのおかずで、蕗と鰹と焼き豆腐を、やや濃いめの煮汁で炊いたものですが、蕗の香りと鰹の旨みはもちろん、その煮汁をたっぷり吸った豆腐も美味しいものです。

見てくれはよくありませんが、安くて美味しいおかずとして、僕のお勧め料理です。

生節は必ず鰹のものを買います。ビンチョウマグロの「トンボ節」は、淡泊過ぎてあまり美味しいとは思いません。

 

閲覧数995 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2011/04/28 23:07
公開範囲外部公開
2011年04月27日(水) 

アク抜きをしておいたわらびを使って、混ぜご飯と和えものをつくりました。

 

【混ぜご飯】

ご飯は出し汁で炊きます。洗った米(2合)に、酒(大匙1)、塩(小匙1)、薄口醤油(大匙1/2)を入れ、出し汁を所定の量になるまで注いで炊きます。

炊きあがったご飯に、2cmほどの長さに切ったわらび(カップ2/3)を入れて混ぜ、蓋をして蒸らします。今回は薄味で煮含めた筍が残っていたので、一緒に混ぜました。

わらびの甘味と香り、粘りが加わって、美味しい混ぜご飯になりました。

閲覧数725 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2011/04/27 08:55
公開範囲外部公開
2011年04月26日(火) 

職場が変わって、娘も少し変わったようです。

弁当をつくって持っていくと言い出したのです。そしてお茶も水筒に入れて。

毎日ではありませんが、今朝もつくって持って行きました。

京都の店にいるときに比べると帰りが平均1時間以上早くなったので、時間的余裕ができたからでしょう。

 

料理などしたことのない娘ですからこの程度のものですが、黙って見ていることにします。 (笑)

さて、いつまで続くかな? 

 

閲覧数977 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2011/04/26 21:57
公開範囲外部公開
2011年04月25日(月) 

昨日デパートの魚売り場へ行ったら、鯨(赤身)の試食販売をしていた。一昨日も冷凍した状態で並んでいた鯨だが、昨日は解凍したものを生のままで醤油をつけて食べさせていたのである。

並んでいる鯨を見ていたら、売り子のおばちゃんが 《おにいさん男前やね。お酒は毎晩?》 と言って爪楊枝に刺した肉片を差し出した。酒呑みであることは顔を見たら分かるのか。

食べてみると、やわらかくて臭みのない美味しい鯨である。

値段は100g350円ほどで、激安とまではいかないが、この品質にしてはかなり安い。

それで、150gほどの、いちばん色がきれいで筋の少な


閲覧数935 カテゴリお父さんの料理 コメント6 投稿日時2011/04/25 10:58
公開範囲外部公開
2011年04月25日(月) 

朝の布団の中、ラジオからはラジオ体操の最後の部分が聞こえている。《6時40分やなぁ》と思う。

部屋の外からは、娘の階段を上り下りする大きな足音が聞こえる。

《そろそろ起きようかな》と思って、何気なく時計を見たら7時25分だった。

6時40分から一転して7時25分、その間の時間の経過は全く感じられない。

 

この45分間、眠っていたわけであるが、《死んでいたのかな?》と思う。

肉体的は動いているのであるが、精神的には全く活動していない状態である。

睡眠とはこういうものなのかもしれないが、不思議なものである。

閲覧数957 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2011/04/25 09:27
公開範囲外部公開
2011年04月24日(日) 

旬のもの2種、一寸豆と筍を使った和えものです。

春の香りと味が楽しめる一品です。日本酒に合いますねぇ。 (^_^)

 

一寸豆というのはそら豆のことで、豆の大きさが一寸(約3cm)ほどあるところから、京都や大阪ではこう呼ばれています。

そら豆はほとんどが鞘で、剥いた豆はほんの少ししかありません。豌豆に比べるとグラム当たりの単価は3分の1ほどですが、豆にすると大分高いように思います。

今日282円で買ったそら豆は、たったこれだけです。(実の入りが悪かったこともありますが、)

閲覧数1141 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2011/04/24 21:58
公開範囲外部公開
2011年04月23日(土) 

今日の昼間は暑かった。

さすがの僕もビールが飲みたくなって、スーパードライの500mℓ缶を2本買って帰った。

 

暑いから、晩のおかずは酢のものが欲しくなった。

魚売り場へ行くと、小鯵が9匹で142円、3割引のシールが貼ってあったので105円という激安。これを南蛮漬けにしようと思って買った。

昨日買って冷蔵庫に入れてあった新子(イカナゴを釜揚げにしたもの)もある。これは大根おろしをかけてポン酢醤油で食べるのが定番だ。

 

閲覧数694 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2011/04/23 23:43
公開範囲外部公開
2011年04月23日(土) 

昨日は朝から雨だった。

午後になってから樟葉の駅前へ出た。

 

横断歩道を渡ろうとしたら、車道と歩道の境目に水が溜っていた。

雨水桝(うすいます=雨水を下水管へ落としこむところ)の8割近くが土で目詰まりしているからだ。

《維持管理がなってないなぁ》と、土木屋らしいことを思う。

 

横を見たら植え込みのヒラドが咲き始めていた。《もうこんな季節か》と思う。

雨に濡


閲覧数1196 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2011/04/23 09:04
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 ]
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み