2,501万kW/2,847万kW (08/21 11:55)
87%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=1428&year=2017&month=12
■2017年12月の書き込み
書き込み数は49件です。 [ 1 2 3 4 5 ]
2017年12月31日(日) 

外へ出てみると、空はよく晴れています。

中天に十四夜の月(待宵月)が煌々と輝いています。

天気予報では夜中からずっと晴ですから、初日の出は見られそうです。 (^_^)

寒いけど、見に行くことにします。

 

 


閲覧数66 カテゴリ日記 投稿日時2017/12/31 23:33
公開範囲外部公開
2017年12月31日(日) 

掻き揚げ蕎麦を食べるので、野菜の炊き合せ一品だけです。

本当は、おせち料理づくりで疲れたから、手抜きしたんです。 (笑)

 


閲覧数78 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2017/12/31 22:58
公開範囲外部公開
2017年12月31日(日) 

29日から始めたお節料理づくり、いままでに出来たのはこれだけです。

 

 

わが家の定番、根菜の煮しめ(蓮根、牛蒡、金時人参、海老芋)と棒鱈の煮しめ。

 

閲覧数83 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2017/12/31 14:14
公開範囲外部公開
2017年12月30日(土) 

今日はひょこむの忘年オフ会があって姫路まで行きましたが、帰りの電車で眠りこけることもなく、11時過ぎに無事帰宅しました。

珍しく遅れて行ったので酒が適量だったのでしょう。 (^_^)

今日の催しを取り仕切って下さったこたつさん、美味しい料理をご用意いただいたメイプルさん、おけいさん、hiromineさんに心からお礼を申し上げます。

次回も楽しみにしています。

 


閲覧数99 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/12/30 23:47
公開範囲外部公開
2017年12月30日(土) 

1971年9月の東京文化会館、18夜に亙ってNHKが招聘したイタリア歌劇団の公演があった。

この年の演目は、ヴェルディのリゴレット、ドニゼッティのラ・ファヴォリータ、ベッリーニのノルマ、プッチーニのトゥーランドットで、僕はトゥーランドットを除く3つのオペラを観た。

 

「リゴレット」には売り出し始めたばかりのパヴァロッティが出ていたが、ほとんど記憶がない。このオペラではテノール(マントーヴァ公)はそれほど重要な役ではなく、リゴレット役のバリトンとその娘ジルダ(ソプラノ)が舞台の中心


閲覧数91 カテゴリ連載読物 コメント2 投稿日時2017/12/30 10:19
公開範囲外部公開
2017年12月29日(金) 

おせち料理づくりの合間に食べました。

ご飯の上にとろろ昆布と塩辛を載せて熱湯をかけるだけです。

簡単ですが美味しいです。 (^_^)

 


閲覧数75 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2017/12/29 17:05
公開範囲外部公開
2017年12月29日(金) 

今年はスタートが遅れて今からの開始です。

明日はひょこむの忘年会で姫路へ行くので、実質今日と大晦日の2日間しかないので大変です。

先ずは煮しめからとりかかりました。

金時人参が茹であがり、いま海老芋の子芋を茹でているところです。

 

 

 

閲覧数77 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2017/12/29 14:25
公開範囲外部公開
2017年12月28日(木) 

お正月前になると、菜の花がスーパーなどの野菜売り場に出てきます。

今日はそれを豚肉と一緒に炒めものにしました。豚肉は肩ロースを使いました。

菜の花はバター炒めにすると美味しいのですが、今日はオリーブオイルとニンニクと赤唐辛子でイタリア風にしました。

その他の材料として玉葱と金時人参を加えました。

菜の花の緑と金時人参の赤で、カラフルな炒めものになりました。

 


閲覧数84 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2017/12/28 21:26
公開範囲外部公開
2017年12月27日(水) 

今朝 スーパーで買ってきたドーナツを食べました。

 

 

僕は空気がいっぱい入ったフワフワとしたものや水分の多いモチモチしたもの、チョコレートなどでベタベタしたものは好みません。

サクッと割れて、しっかりとした食感で、甘すぎない、いわゆ


閲覧数116 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2017/12/27 14:20
公開範囲外部公開
2017年12月27日(水) 

12月になると京都の寺々で行われる「だいこだき」、無病息災を願う師走の年中行事ですが、それをを家で食べました。

主役の大根は、先日買っておいた聖護院大根です。この大根は京都で栽培される丸大根ですが、きめが細かくて滑らかな舌触りがあり、軟らかく煮えて、しかも煮崩れしないという優れものです。

一緒に炊いたのは、京都の北野天満宮近くにある豆腐屋さんが作った薄揚げです。この揚げは空気でフワフワになったものではなく、しっかりと出来上がっていて、豆腐を揚げたことが実感されます。

閲覧数95 カテゴリお父さんの料理 コメント6 投稿日時2017/12/27 13:05
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 ]
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み