■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=33&cid=208
■多事小論の書き込み
書き込み数は6件です。
2007年10月02日(火) 
昨夜18:55から2時間、TBS(毎日)系で放送されていた番組。「年金でマル秘ボロもうけ術」「竹中平蔵が教える裏技連発」「400円が24,000円に!」など、華々しいタイトルが並ぶ中、いかに年金をきちんと支払い、漏れなく請求すると幸せになれるか調の構成だったが、段々と無性に腹がたってきて、最後まで見ることができなかった。

年金で海外移住した幸せそうな老夫婦。遺族年金に助けられた未亡人家族。申請をするかしないかでいかに給付に差が出るかの事例。国民健康保険だけでは不十分と臭わすシミュレーション...いいことだけをことさら強調しながら、さも「年金学習」が国民の義

閲覧数6134 カテゴリ多事小論 コメント4 投稿日時2007/10/02 07:41
公開範囲外部公開
2007年09月24日(月) 
優しい人柄が雰囲気や会話だけでなく、取り組み姿勢にまで出ている白鵬。横綱昇進二場所目、初のひとり横綱の重圧にも耐えて、見事13勝2敗で4度目の優勝を果たしました。序盤のつまづき、若手の台頭もありながら立派。感謝は家族に..という優勝の言葉も、彼ならでわとほっこりした気分で見ることができました。

しかし、初日に続き千秋楽の挨拶でも、あれだけ世間を騒がせた「朝青龍問題」について、なんら語らなかった北の湖理事長は、本当に協会を代表する職責を務めていていいのだろうか。果たして、そんな理事長に対して、直言出来る理事・協会役員はいないのか。相撲フ

閲覧数3813 カテゴリ多事小論 コメント5 投稿日時2007/09/24 07:18
公開範囲外部公開
2007年09月22日(土) 
自由民主党の総裁選挙だから、党員でもない自分があーこー言うべきではないのですが、一方の候補が絶対有利という状況で盛り上がらない討論会の内容を報道で知りました。

「生まれはいいけど育ちは悪い」と自認する候補は、いくつかの政策で明確な方針をきちんと提示している。なかなか解りやすくていいと思うのだが、総理・総裁になるのはどうやらこの人ではない方の人らしい。いつまではわからないが、今後のしばらく日本の指針を委ねるリーダーとなる人..にしては、あまりに言葉が心に響かない。内容も見えないし、第一「思いやり」が感じられない。

これが政治家なん

閲覧数4265 カテゴリ多事小論 コメント8 投稿日時2007/09/22 07:26
公開範囲外部公開
2007年01月18日(木) 
1月18日、朝日新聞社説の見出しだ。安倍首相が自民党大会で「美しい国、日本を目指して、どんなに難しい課題にも果敢に取り組む」と述べたことを引き合いに出して論評している。基本的に朝日の社説は好きではないが、今朝は頷きながら読んだ。

「事務所費疑惑」「口利き疑惑」などで表舞台に出てきた閣僚諸氏が口を揃えて「法律に違反しているわけではないから問題はない」と言って、説明責任を拒否している。たぶん大方の国民が感じているのは「法律に違反していなければなんでもアリなの?」という疑問。それで「美しい国」はできへんのとちゃうん~?!

25日から始まる

閲覧数3363 カテゴリ多事小論 コメント12 投稿日時2007/01/18 07:27
公開範囲外部公開
2007年01月15日(月) 
地域SNSによる震災追悼プロジェクト「1.17リアルタイムレポート」の毎日新聞の記事のとなりにあって、目を留めずにはいられなかった『支局長からの手紙』という随想。武政和則姫路支局長の随想である。

岡山の田舎で過ごした年越しの様子から始まる本文は、その昔日本の何処にでもあっただろう懐かしい家族(一族)の迎春風景が描かれていた。昔といっても戦後20年を経たくらいの夢と希望に溢れていた時代。「日本人の原風景」と言うにはあまりに最近...でも今の人たちには体験できない幸せな経験でした。

その後40年。暮らしは豊かになっても、多くの大切なものを失ったと彼は

閲覧数4190 カテゴリ多事小論 コメント15 投稿日時2007/01/15 11:13
公開範囲外部公開
2007年01月12日(金) 
「食の安全」については、いまさら言葉を重ねる必要もない。自然界には存在しない人間が新しく作りだした化学物質や生命の根幹である遺伝子操作をした素材が平気で充満する世の中。消費者はできるなら安全な食べ物を求めて努力している。なのに..老舗が...それも、子ども達に夢を運ぶお菓子屋さんが...。

賞味期限切れではない。「消費」期限切れ。これって「使ってはいけない」と定められた限界。食品業界にいてそれを平気で使わせてしまう会社の風土が、まさに雪印の再来というイメージをもたせる。
「マスコミには知られるな。雪印の二の舞になる!」
老舗の首脳陣の危機

閲覧数3702 カテゴリ多事小論 コメント14 投稿日時2007/01/12 07:14
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み