■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=33&year=2006&month=9
■2006年9月の書き込み
書き込み数は14件です。 [ 1 2 ]
2006年09月21日(木) 
「複数の主体が、目標を共有し、ともに力を合わせて活動すること」
表向きはそうですね。わたしはその状態に至るまでに、『協働』にとってもっと大切なプロセスが存在すると思います。

単に「目的を共有」して利用し合うのではなく、相互に信頼しあいビジョンを共有する関係づくりをすること。「志をおなじくする」というつながりを活動の中で実感し高め合うというのが、(日本人の)コラボレーション。協働のアクションが次の協働プロジェクトを生みだし、信頼が相互の関係性を深めたり、新たな信頼関係を広げる効果をもたらす。

この関係づくりには自発した仲間同士では

閲覧数3786 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2006/09/21 06:40
公開範囲外部公開
2006年09月20日(水) 
神戸新聞播磨ワイド 2006年9月20日(水)27面

「播磨でもSNS参加者増える」
「ミクシィ」上場でも注目-地域密着型展開も
「会員制」だが活用には注意も

 インターネット上で経歴などを公開しながら情報を交換する会員制サイト「SNS(ソーシャルネットワーキング・サイト)」。最大手のミクシィ(東京)が東京証券取引所マザーズに上場するなど注目が高まっている。播磨地域でも参加者は増え、地域密着型のSNSも広がりつつある。(広岡磨璃)

 SNSは、インターネット上で不特定多数に公開するブログ(日記風サイト)と違い、会員同士で自己紹介や日記を閲覧しあうことから、安心感や親し

閲覧数5291 カテゴリ日記 コメント10 投稿日時2006/09/20 06:24
公開範囲外部公開
2006年09月19日(火) 
「SNSのことについて取材をお願いしたいのですが..」と先週会社に電話が入りました。広岡さんという女性の記者さんで、電話でのお話しからとても好印象でした。播磨夢路さんからの紹介で「ひょこむについて聞かせてください」とのこと。連休明けの本日午前中で、お受けすることとなりました。

彼女自身もmixiを利用しているということで、まずはマイミクになって、ひょこむの招待状を送りました。SNSについては、いろんな資料を日記としてあげているので、事前にどれくらい読んできてくれるかとても楽しみで、取材当日となりました。

「ネットデイってなんですか?」って、某

閲覧数5164 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2006/09/19 18:11
公開範囲外部公開
2006年09月18日(月) 
ニュースと新聞による情報がベースですが..

自民党総裁候補3氏による「教育バウチャー(利用券)」の議論がNHKの番組であったらしい。教育バウチャーとは、家庭が自治体などから受け取った利用券を子どもが通いたい学校に提出。子どもが多く集まった学校に資金が集まるというもの。ここで問題になるのは「学校間格差」だ。

現状文科省(教育委員会)は、義務教育対象校には「学校間格差はない」と言うが、施設設備にはバラつきはなくても教育レベルには(特に校長の資質・指導内容によって)大きな差があります。現状はそれが露呈しないように、学校間交流を必要最小限に止めて一般

閲覧数3410 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2006/09/18 09:36
公開範囲外部公開
2006年09月17日(日) 
東京渋谷から全国の地域のブランドづくりを応援する「伊藤淳子」さんが、昨日から神戸に来られています。
http://hyocom.jp/profile.php?key=1184
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?bbs_id=14&root_key=499

初めてお会いしたのは、4年前に東京であった総務省の委員会。「eまちづくりパイロットプロジェクト」でした。ぼくのことを知っていてくれたようで、出会った瞬間に意気投合。リアルに会うことはなかったのですが、そこはインターネット。ときどき意見交換や情報交流をしながら、ずっと互いの活動をウォッチしていました。

今回は、神戸に来られたチャンスを生かすのはもちろんですが、最近ちょ

閲覧数3838 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2006/09/17 07:07
公開範囲外部公開
2006年09月14日(木) 
県下各地で開催される広域推進委員会のトップを切って、西播磨地域で12日、13地域を集めてプレゼンテーションが実施されたので参加してきました。
広域推進委員会とは、各自治体を経由してあげられてきた各校区における県民交流広場の企画を、地域と市町が協力して県民局によって組織された学識経験者・地域住民代表などで構成される委員会で議論するというもの。今回は、全提案に関するヒアリングを行いました。

まず、藪下地域協働課長から、委員会の進め方について説明がありました。提案者からの説明5分、市町からの補足2分、質疑応答8分で、全13地区を休憩1回を挟み一気

閲覧数4404 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2006/09/14 06:49
公開範囲外部公開
2006年09月10日(日) 
そこまでしてのむか~(笑)
ジンだったら、もっとあうかも。
自慢の意外にいける変なカクテルを、ご紹介いただけませんか?

閲覧数6121 カテゴリ日記 コメント11 投稿日時2006/09/10 03:12
公開範囲外部公開
2006年09月06日(水) 
 経済学者でスタンフォード大学元副学長のウィリアム・ミラーは、1990年代に起こった米国の奇跡的経済復興を牽引したシリコンバレーのリーダーのひとりです。彼は口癖のように「シリコンバレーは日本に学んだ。今度は米国が日本にお返しをする番だ」といい、1980年代に日本政府が全国展開した「テクノポリス構想」を下書きにして自らのプランを計画したと語ります。それまで行政と民間企業が連携することのなかった米国文化の中で、彼らの描いた「ジョイントベンチャー・シリコンバレーネットワーク(JV:SVN)の青写真は、「産学官民が連携する」という日本の設計思想を

閲覧数3672 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2006/09/06 17:19
公開範囲外部公開
2006年09月05日(火) 
 1994年1月、ジョン・スチュワート・ショーという有名トーク番組で、オールブライト・カレッジの三人の大学生がケヴィン・ベーコン(Kaven Bacon)*23と共演し、名前を挙げられた俳優をみんなベーコンにつないでみせるという妙技で視聴者を引きつけた。彼らは、多くの映画に出演しているベーコンは、数多くの俳優たちと共演していることから、ハリウッドの俳優は誰もが平均して二つか三つのリンクでベーコンとつながる点に気づいたのである。

 ヴァージニア大学の学生だったグレン・ワットソンとブレット・ジェイデンは、二人の俳優の距離を決定するというこの問題はコンピュ

閲覧数5176 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2006/09/05 14:52
公開範囲外部公開
2006年09月05日(火) 
 ネットワーク理論の中に、ケヴィン・ベーコン・ゲームという愉快な実験があります。ハリウッドの映画俳優・ベーコンと任意の俳優との共演関係の距離を数字にしたもの。ベーコン自身はベーコン数0、共演したら1、共演した人と共演したら2、というように増えていきます。こんな計算で、インターネット・ムービー・データベースに登録されている俳優リストから得られたベーコン数の平均はなんと2.946。ハリウッドの俳優たちは、僅か平均3人で接続されていたのです。
 ベーコンは、出演映画の数が少し多いくらいで特別な俳優ではありませんし、ハリウッドの中心で力

閲覧数2236 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2006/09/05 14:49
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み