1,459万kW/2,350万kW (07/07 23:30)
62%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=33&year=2020&month=2
■2020年2月の書き込み
書き込み数は19件です。 [ 1 2 ]
2020年02月28日(金) 
竹富島には絶景ビーチが多く、中でも「コンドイビーチ」は一番人気。基本的に遠浅で、常に波が穏やか。海水浴に最適なのも人気の理由です。

今回は、混雑で高速艇の着岸が遅れたので、バスの車窓からの観光でしたが、それでもこんなに綺麗な写真が撮れます。
ビーチに立ってカメラを構えたら、いったいどれほど美しいショットが撮れるのだろうと、マイクロバスのドアをこじ開けたくなりました。

遠浅のコンドイビーチは、潮の干満によって水深が常に変わります。
浅いときは膝下でも、潮が満ちれば胸下ぐらいの深さになることも。
またその潮の干満で海の色も大きく変化

閲覧数72 カテゴリ日記 投稿日時2020/02/28 16:21
公開範囲外部公開
2020年02月26日(水) 
竹富島はサンゴ礁に囲まれた周囲約9kmの小さな島。
石垣島から西に約6kmにあって、自転車や徒歩で島を観光できるため、ほとんどの人が日帰りで訪れています。
高速船が着岸する港から車で5分くらいの場所に、目的の砂浜がありました。

『二度とできない恋を捨て あなた遠く
 離ればなれになっていくの いまつらいわ
 嫁ぐ日岬に ひとりたたずみ
 君住む島に 別れを告げる♪』

青春時代の想い出り歌ですよね~♪
漢字で書くと「皆治浜」ですが、星の砂があることで知られていて「星砂の浜」とも呼ばれています。
砂に手のひらを押し付けて手のひらについた砂

閲覧数30 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2020/02/26 15:14
公開範囲外部公開
2020年02月26日(水) 
あっという間の二泊三日のバカンス最終日。
遠く南国の島影を臨むフサキビーチの砂浜では、早朝からのヨガを興じる女性たち。
三日目の夜明けも好天に恵まれて始まりました。

コテージの部屋で荷物をまとめ、綺麗に手入れされた庭の花々を楽しみながら遅めの朝食へ。
昨日同様にいっぱいご馳走を頂き、迎えの車をロビーで待ちました。

竹富島まではいつもの離島ターミナルから高速船で約10分。
前日までとは比較にならないほど混み合っていたのは、黒島で「牛まつり」が開催されるから。
地元の人たちが多いからか、マスク姿が少なく感じられました。

ターミナルの端

閲覧数72 カテゴリ日記 投稿日時2020/02/26 14:44
公開範囲外部公開
2020年02月26日(水) 
贅沢にも石垣牛を炭火焼肉でたっぷり頂き、オリオン生ビールで気分良くなったところで、石垣市役所近くにある島唄ライブ居酒屋「結風」に移動。
徒歩で向かう途中、飲み屋街がありましたが、静まりかえって寂しい雰囲気でした。

それもそのはず、2月初めまで頻繁に入港していた2千人乗りの大型クルーザーが、いまは新型コロナ肺炎(COVID-19)の影響で、まったく入ってこなくなったのです。
乗客は朝下船して夕方には離れるので、夜に居酒屋で楽しむことはないのですが、島の人たちの気持ちが落ち込んでいるのでしょう。

事前にネットで予約しておいて、案内されたのはステー

閲覧数62 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2020/02/26 12:45
公開範囲外部公開
2020年02月26日(水) 
この日の夕食は、数ヶ月前から楽しみにしていた「石垣牛」。
南の島大好き友人のMAHALOさんから「石垣島でここを外してはダメ!!」と教えられた炭火焼肉「やまもと」です。

離島ターミナルから徒歩で15分くらい。石垣漁港近くに「やまもと」はありました。
平成22(2010)年にオープン。すると瞬く間に多くの利用客の口コミ評判により、人から人を呼ぶ話題店へと大躍進しました。
人気メニューに至っては開店から約3時間後には完売してしまうほどの盛況ぶりです。

17時の開店早々だったので先客は2組だけでしたが、テーブル席につくとあれよあれよという間に満員御礼!。

[地図情報有り]
閲覧数87 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2020/02/26 10:56
公開範囲外部公開
2020年02月26日(水) 
西表島は島全体が亜熱帯の楽園。
暖かな気候ならではの進化を遂げた植物や動物が豊富に生息している大自然が魅力の島。
なかでも絶対外せないのが、島全体が亜熱帯植物園となっている由布島。
西表島から水牛車に乗って、三線の音色を楽しみながら、遠浅の海の上をのんびりと島へ渡ります。

由布島は周囲2.15km、西表島からわずか400mほどの距離にある小さな島。
もともと無人島だった島に竹富島や黒島から移り住んだ人々が定住し始め、最盛期には100人を超える人々が住んでいました。
その頃、農耕のために台湾から開拓民と共に渡ってきたのが水牛で、各世帯に一頭飼育され

閲覧数75 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2020/02/26 09:54
公開範囲外部公開
2020年02月25日(火) 
西表島大原港に着岸した高速船を下りると、すぐ近くから出ている遊覧船で流域面積日本一のマングローブ見物です。
よく写真で見ますが、のんびり川を上っていくと思ったら、漁港やカヌーや行き交う遊覧船のいない場所では、凄いパワーの大迫力でガンガンと進みます。
船長の言葉を借りると、ゆっくりしていると潮が引いて遭難するからだそうです(笑)。

川の両岸は美しいマングローブの森。ポイントに来ると船を止めて、船長の面白い解説が入ります。
西表のマングローブは、大きく5種類の木で構成されていて、地形や水量によって群生する植生が変わります。
「マングロー

閲覧数71 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2020/02/25 15:20
公開範囲外部公開
2020年02月25日(火) 
旅の二日目は早朝からのスタート。朝5時に起きて、お出かけの準備を始めます。
本土より日没が1時間遅い代わりに、日の出も1時間遅くなりますから、ビーチを包む真っ暗な夜空に、点々と星が瞬く素敵な目覚めでした。

6時半にロビーがあるセントラルビレッジと棟続きにある「イシガキボールドキッチン」でバイキングの朝食。
ビーチを望む2Fのフロアには長いライブキッチンがあり、朝からリゾートムード炸裂。ついつい食事もすすんでしまいます。

自慢のメニューは、一晩じっくりと漬け込んでパリッと仕上げる2種類のフレンチトースト。
チーズやヘルシーフードが

閲覧数69 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2020/02/25 11:45
公開範囲外部公開
2020年02月23日(日) 
琉球真珠と石垣焼窯元に立ち寄ってから到着した二日間の宿は、島の西岸に立つ人気のリゾートホテル。
エントランス前にたった瞬間から、非日常に包まれるような雰囲気。
まるでバリ島に旅行しているような錯覚を覚えました..いったことないけど~(笑)

部屋はニコイチの広いコテージで、手入れの行き届いたガーデンに囲まれています。
その前は白くて小さくサラサラの砂が広がる美しいプライベートビーチ。
外海に向かって延びる桟橋が、これまた映画のシーンのようなムードでした。

閲覧数161 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2020/02/23 06:17
公開範囲外部公開
2020年02月23日(日) 
空港に出迎えにきてくれていた泊さんのタクシーで向かったのは、「石垣島といえばここ!」と誰もが来ている「川平湾」。
前日までは雨の影響で水が濁り綺麗に見えなかったという湾内の海は、完璧な晴天のおかげで「120%」と言われるくらいの状態でした。

先月までは、クルーズの外国人が溢れて観光も大変だったけど、いまは静かでラッキーですよ、という泊さん。
日本で一番クルーズが多いという石垣島の喧噪は、半端じゃなかったみたいです。

グラスボートからは、たくさんの種類のサンゴや熱帯魚を見ることが出来て、「南国に来たんだな~♪」と実感できるスポッ

閲覧数55 カテゴリ日記 投稿日時2020/02/23 06:08
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み