■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=3431&year=2007&month=7
■2007年7月の書き込み
書き込み数は31件です。 [ 1 2 3 4 ]
2007年07月30日(月) 
地元新聞の記事の影響力は大きい。

先生と呼ばれた話、名前見たよ、おまえもまともなことするんや。さまざまだ。

赤穂緞通のブログに“糸偏付けてね”という記事を書いた。
http://akohdantu.jugem.jp/

新聞に出たおかげで少しは赤穂緞通に興味を持っていただいた方もいたようで、京都ブログの中にも素敵に紹介されている。
http://yoririn.blog5.fc2.com/blog-entry-2094.html

しかしこんなひねくれた読み方もできるんだなぁ。と考えさせられるブログもあった。
http://blog.livedoor.jp/bin_tatsu/archives/50705309.html

この文章を書いた御仁、実際に赤穂緞通にふれたことがあるんだろうか?

鍋島緞通 蟹

閲覧数7242 カテゴリ赤穂緞通 コメント4 投稿日時2007/07/30 11:24
公開範囲外部公開
2007年07月29日(日) 
デーヴ兄が若い衆を回転寿司に連れて行って、¥21,000.支払った話を書いておられる。私も王将で¥26,000.支払った経験があるとコメントした。これは健啖な若い奴らが財布の心配なく食った時にどんだけ恐ろしいかのお話。
もう一人のコメントはそれじゃ銀座で酒は飲めないよ。というもの。ところ変われば・・・、目的変われば・・・。料理屋さん、飲み屋さんの値段はわからない。


写真は丸太町橋の夕景、祇園、先斗町をはるかに望む。

私のいる業界、扱い金額が大きく、しかも同業者取引の多い業界。研修会、勉強会という名前の親睦会、旅行が多い。会費

閲覧数6132 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2007/07/29 15:42
公開範囲外部公開
2007年07月28日(土) 
お友達というのは失礼なのですが、#きりんさんを紹介します。

ただし私も正体を知りません。別のページで神戸の紀行記事を見、丁度息子を連れて行かなければならなかったのでコメントしたところ、親切に対応していただきました。それからのページ上のお付き合いです。


店のページでは#きりんさんからのお便りとして、一年半の間に28もの歳時記があります。

今日、初めて個人のページに#きりんさんの紹介をしました。
知り合いが写っているもので店のページでは差しさわりがありました。しかし良い表情なので・・・。
http://navy.ap.teacup.com/0844/34.html

昨年の“さくら

閲覧数5417 カテゴリさくらよさこい コメント0 投稿日時2007/07/28 11:02
公開範囲外部公開
2007年07月27日(金) 
今日、友人と電話をしていて出張のついでに京都へ久しぶりに帰るけど何処へ行っても暑いし・・・。という会話になった。

しかも会社の同僚が付いてくる?。かわいい女の子?、そんなことは絶対望めない。



それならばこっちの女の子に会いに行くことで意見が一致。



http://www.shirakaba.ne.jp/tayori/170/tayori172.htm


YOSAKOI大好き、京都大好きのページリニューアルしました。素敵なリンクもつけました。
http://navy.ap.teacup.com/0844/

[地図情報有り]
閲覧数6324 カテゴリ京都案内 コメント2 投稿日時2007/07/27 16:12
公開範囲外部公開
2007年07月24日(火) 
夏空です。



左上に電線が写っているのがご愛嬌。


赤穂緞通の特徴 鋏 について少し説明しています。
http://akohdantu.jugem.jp/

閲覧数6502 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2007/07/24 12:59
公開範囲外部公開
2007年07月22日(日) 
写真を撮ることでいろいろわかります。
何しろ畳一畳の大きさです。



比べるにも場所が・・・。



写真にとりあえず撮ってしまえば楽です。
細かい違いもわかります。



また部分を切り取ることで新しい発想も生まれます。

閲覧数6467 カテゴリ赤穂緞通 コメント2 投稿日時2007/07/22 16:47
公開範囲外部公開
2007年07月20日(金) 
昨日、先生としての初仕事をしました。

福禄寿文を拝見しました。



これはご近所の方の持ち物、十枚揃っているそうです。
いつも顔をあわす方ですが、“あんたが新聞に書かれるほど緞通のことがわかるとは・・・・。”だったそうです。

複数の織元で織られました。織元によって四字目のデザインが違うそうです。



四字目について 図 圖という指摘あり、福禄寿の圖と読む。
ならば・・・。疑問は続く。

閲覧数7292 カテゴリ赤穂緞通 コメント14 投稿日時2007/07/20 14:13
公開範囲外部公開
2007年07月18日(水) 
新聞に名前が出るってことはおもしろい。

新聞に載った私の名前をそのまま検索すると3ページ目でそれらしいページにたどり着いたそうだ。しかしそれはYOSAKOIのページ。



名前と京都を入れたら今度はそれらしいページが一番に出てきた。

それが“夢走の掲示板”
http://www2.ezbbs.net/32/gorogoro3363/

(写真はイメージ、夢走さんとは無関係)


おどりの大会をする際には“これは”と思うチームの掲示板に案内を貼らせていただく、その際はきっちり本名を書くからヒットする。赤穂緞通のページでは本名は明かしていない。

夢走さん

KAKOGAWA踊っこまつり、おの恋でも

閲覧数6417 カテゴリ赤穂緞通 コメント0 投稿日時2007/07/18 22:14
公開範囲外部公開
2007年07月18日(水) 
山鉾巡行は神輿、神幸祭のための清めの行事。

けどそっちの方がポピュラーになってしまいました。

けれど神輿、神々を担ぐ男衆の気概、半端じゃありません。

http://www.sunaba.tv/diary/1226.php
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/Mikoshi.htm

閲覧数5281 カテゴリ京都案内 コメント0 投稿日時2007/07/18 13:31
公開範囲外部公開
2007年07月17日(火) 
この度、赤穂緞通のことが京都新聞に大きく取り上げられました。祇園祭との絡みもあり、影響力の大きな記事になりました。また新聞社内でも今回の記事は評価されているようです。


また記事中市民グループが見学、調査に行くということを紹介していただき、実際に十畳のお部屋に赤穂緞通を敷き詰めていただくなど特別の配慮をいただきました。
http://akohdantu.jugem.jp/

特に緞通を所有されている方の記事への関心は高く、そのことは今後の知らない意匠の発見や少なくとも緞通を大切にしていただくことにつながると思います。

しかし同時に赤穂の市民グループとして紹介され

閲覧数5459 カテゴリ赤穂緞通 コメント0 投稿日時2007/07/17 13:31
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 ]
■プロフィール
ROMさん
[一言]
京都でお待ちしています。
■この日はどんな日
ほかの[ 09月26日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み