1,773万kW/2,087万kW (07/13 14:15)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=5062&cid=2302
■北朝鮮情勢の書き込み
書き込み数は70件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 ]
2019年10月02日(水) 
北が弾道ミサイルを二発撃って一発は日本のEEZ内に落下したという。予告なしに発射し、漁船や旅客機にあたれば大惨事になりかねない。

長距離ミサイル以外なら容認する米との実務協議開催が決まり、またGSOMIAにヒビが入った下での日米韓の制服組トップの会談直後のこのタイミングを狙って優位的立場を獲得しようとしたのであろう。

「安保理決議に違反」などどこ吹く風とばかりに発射を繰り返す北朝鮮、発射場所の移動や低い発射角度など探知されにくい技術の開発も目覚ましく脅威は大幅に拡大してきた。

閲覧数31 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント0 投稿日時2019/10/02 10:13
公開範囲外部公開
2018年07月27日(金) 
北朝鮮が核物質の生産を継続していると認めながら非核化は進展しているとするポンペイオ米長官の認識は本心なのか、外交的発言なのか。

おそらく後者であろう。北朝鮮がシンガポール会談から特に戦争終結宣言について進展が無いと不満を持っているが、あくまで非核化あっての見返りと考えているのだろう。

先だってから北を訪問しても、手ぶらで帰ってこなければならない結果に耐えながらポンペイオ長官は粘り強く事に当たっている。

潜水艦発射ミサイルの開発も聞こえてくるが、肝心の金が姿を現さない段階で北朝鮮を問い詰めるのは控えようとの判断と思われる。


閲覧数108 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/27 00:18
公開範囲外部公開
2018年07月24日(火) 
結局のところ非核化は膠着どころか放置状態、北朝鮮は生産設備も核弾頭やミサイルや移動発射装置も保持しながら米との直接交渉の途が確保できた。

トランプは合同演習を止め半島からの米軍引き上げまで示唆するが高官級交渉でも成果は一切得られず却って交渉手順など入口で注文を付けられる始末。

これで分かったろう北朝鮮の策略、トランプの勝手気儘な行動を観察した結果南北会談から米朝会談へと駒を進め、中ロの制裁破りの抜け駆けを誘い最大限の圧力を吹き飛ばしてしまった。

核・ミサイルで暗に脅しをかける北に日本は何をすべきか、専守防衛ではなく先手を打て

閲覧数90 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/24 04:56
公開範囲外部公開
2018年07月16日(月) 
次に要求するのは半島の非核化、すなわち駐留米軍の撤退ということは火を見るより明らかだ。核放棄を餌に次々に要求し引き下がらないのはこれまでの手法だ。

ポンペイオ長官はその手に乗るまいと思うが、膠着状態になったら手柄を急ぐトランプ大統領が何を言い出すやら分からない。

日本は拉致問題を前面にこれらの議論には加わらないで眺めているのが賢明だ。

閲覧数53 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント0 投稿日時2018/07/16 23:52
公開範囲外部公開
2018年07月16日(月) 
文在寅氏は南北統一を掲げたから大統領選に勝利したのではない。前大統領の罷免に伴って実施された選挙で5人の候補のなかで目ぼしいのが居らず40%ほど得票し当選した。

自身が離散家庭で個人的動機からか、当選後に北との対話をも掲げたにすぎない。元々朝鮮戦争で分断された二つの国家は憲法で統一を謳っているし統一省も設置されているのだ。

北朝鮮が核ミサイルで脅威を与え続ける中でも一応対話を説いてきた。しかし支持率が70%を越えたのはその姿勢が評価されたわけではなかった。

一方で金正恩は米本土に届く大陸間弾道弾を完成させ、核弾頭搭載技術も身

閲覧数54 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント0 投稿日時2018/07/16 23:19
公開範囲外部公開
2018年07月10日(火) 
表向きは非核化へ向う意志を表明しているが内心はどうなんだろう。ミサイル&核爆弾についてのノウハウは技術者や学者の頭脳に残っているしハードウェア―類は秘密裡に隠匿保有している可能性はぬぐい切れない。

国家の性格というものがあるとすれば、北朝鮮という国はかなり歪んでいる。そして信頼や誠意といったものから遠く離れた存在である。結局のところいくら非核化を宣言しても信頼のないところには核もミサイルも存在する。

だからといってCVID(=完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)が無駄なアクションだと言うつもりはない、というより必須な行動だ。だ

閲覧数97 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/10 20:47
公開範囲外部公開
2018年07月08日(日) 
米朝高官協議を終えたポンペイオ長官が本日河野大臣と会談する。協議は非核化が中心議題だったとは承知するが、拉致について多少なりとも触れることがあったのか注目したい。

市民感覚では拉致は北朝鮮という国家の犯罪ゆえ国際司法裁判所に提訴し処断するといった方途を考えるが、おそらく北は判決を認めず解決には至らない公算が強い。

二国間の話として日本は「拉致問題の解決なくして国交正常化はありえない」とし、一方の北朝鮮は「解決済み」を繰り返し平行線のまま。

ブレークスルーのひとつとして先に国交を開き、人の交流が自由に行われるようになれば被害者

閲覧数93 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/08 07:52
公開範囲外部公開
2018年07月04日(水) 
まず国交正常化を考える上で、いわゆる「取り残され感」は無用だと思う。米朝会談直前辺りから、時折この論調つまり「日本は取り残されているので何かしなければ」という主旨の意見が散見される。これは焦りの気分を掻き立て交渉を有利に開始しようとする北朝鮮の工作によるのかも知れない。

米および周辺国の緊張緩和ムードに動じることなく冷静に、日本特有の拉致問題解決を優先し北朝鮮からの働きかけに備えればよい。非核化に向けても実質未だ何も実行していないし監視の目をくぐって国連決議違反の物資取り引きを行なう北朝鮮に日本だけでも対立し監視継続する姿勢は

閲覧数96 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/04 08:31
公開範囲外部公開
2018年07月03日(火) 
当面は現体制を保持した独立国を目指し周辺国との外交も発展させてゆこうとするのであろう。

その場合個別に解決すべき課題として
①日本との国交 ②核&ミサイルの保持 ③南北統一
が挙げられる。

これらを順に一つ一つ取上げて我が国が為すべきあるいは為さざるべき事を市民視点で考えて行ってみよう。

閲覧数75 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/03 14:12
公開範囲外部公開
2018年06月19日(火) 
米韓両国防省は8月に予定していた合同軍事演習を中止すると発表した。これは先のシンガポール会談で金委員長が要求しトランプ大統領が受け入れていたもので、北朝鮮が発表した報告(全文和訳)に記録されている。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476…81000.html

(以下に関係部分転記)
敬愛する最高指導者同志は、朝鮮半島で恒久的で強固な平和体制を樹立することが、地域と世界平和と安全保障に重大な意義を持つと述べ、さしあたって相手を刺激して敵視する軍事行動を中止する英断から下さなければならないと述べた。

アメリカ合衆国大統領は、これについて理解を示し、

閲覧数56 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント0 投稿日時2018/06/19 08:24
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 ]
■プロフィール
神戸のガラデブ、探戈傾奇(タンゴカブキ)さん
[一言]
タンゴをブエノスアイレス語で歌いたい方は連絡ください。タンゴの歌サ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み