1,380万kW/1,951万kW (11/13 23:05)
70%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=5062&year=2007&month=10
■2007年10月の書き込み
書き込み数は12件です。 [ 1 2 ]
2007年10月31日(水) 
 明日から11月です。始まりの一週間、過去の同じ日にタンゴ界においては何が

あったでしょう。色々ある中からピックアップして書き連ねてみます。

11月1日:1907年に作詞家オメロ・マンシ(Homero Manzi )が生まれました。

彼の作品で超有名なものを挙げておきます。聴きたい場合はYoutubeの検索窓に

原題を貼り付け検索してみてください。試してませんが大概あると思います。

タンゴ以外のノイズが検索される場合は「Fuimos tango」などと"Tango"

を加えて検索してください。

なぁバンドネオンよ(Che bandoneón! )/昔のふたり(Fui

閲覧数6511 カテゴリタンゴ徒然 コメント0 投稿日時2007/10/31 21:33
公開範囲外部公開
2007年10月29日(月) 
 エクセル表にまとめて添付してます。

詳細は先方にお確かめの上お出かけください。

閲覧数971 カテゴリクチコミ情報 コメント0 投稿日時2007/10/29 15:42
公開範囲外部公開
2007年10月27日(土) 
 昨夜は大阪、北御堂津村別院でアストロリコのタンゴコンサートがあり出かけました。

お馴染みティピカ編成のクワルテートに第二ビオリン、ビオラ、セロを加えて弦を厚くした

セプテートです。プログラムを見ると第Ⅰ部はヨーロッパタンゴや和製タンゴがほとんど、

アルゼンチンタンゴは10曲中の最後2曲だけで今年の初めから全国ツアーで演っているのと

ほぼ同じ内容、すでに神戸でも8月に同じのを聴いてます。

少しがっかりしながら開演を待ちました。ところが始まると私の心はたちまち驚きと興奮の坩堝、

明らかにこれまでと違い「アルゼンチンタンゴらし

閲覧数2143 カテゴリタンゴ徒然 コメント5 投稿日時2007/10/27 16:07
公開範囲外部公開
2007年10月22日(月) 
 昨日は第三回「歌のタンゴ コンサート」、お天気にもめぐまれてまずまずの

ご来駕にひと安心しました。ひょこまーが来られているのにご挨拶さえ致さずの

場合にはどうかご容赦ください。なにしろ世話人一手引き受けのタンゴカブキ、

あれやこれやでバタついておりました。

「私の前の○○さんが来てないの、タンゴカブキさん探してきて」こう言ってくる

ひとがやはり何人か出てきました。捜索の任に当たれるのは全員と顔見知りの

私だけですから覚悟はしていましたが、一方でみなさんを信頼していました。

ひとまわりして戻ってくるとちゃんと待合椅子が埋まっ

閲覧数2331 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2007/10/22 09:07
公開範囲外部公開
2007年10月19日(金) 
伴奏する楽団はタンゴ・ガルーファで、バンドネオンを今回はニ丁揃えての演奏で、

本格的タンゴ演奏を愉しんでいただけます。「歌のタンゴ コンサート」と銘を打ち

全ての曲に歌が付いています。したがって歌がお好きな方も愉しんでいただけます。

添付のエクセルで詳細を案内いたします。当日のプログラムや曲の解説も掲載します。

ご興味をもたれた方、一度タンゴを聴いてみようという方は是非会場までお運びください。

閲覧数2204 カテゴリタンゴ徒然 コメント6 投稿日時2007/10/19 10:02
公開範囲外部公開
2007年10月16日(火) 
 21日のコンサートでタンゴカブキが歌う2曲は、

 ①彼女の瞳は閉じた/Sus ojos se cerraron

 ②南地域/Sur

①は旧い歌なのに日本人で歌った人はまだ居ないのじゃないかと思います。

1935年封切りのパラマウント映画「El Dia Que Me Quieras/想いの届く日」で

作曲者であるガルデル自身が歌った悲痛極まりない歌ですがラテン諸国では人気曲です。

この映画と同じ題名で昨年来企画されていながらなかなかカメラも廻らない米映画が

あります。英題は「Dare to love me」と少々押し付けがましいように感じます。

ガルデルの実像に迫ると銘打って、かなりタンゴファンを刺

閲覧数2387 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2007/10/16 19:45
公開範囲外部公開
2007年10月15日(月) 
今度の日曜日(2007年10月21日)、関西一円の歌手たちと

NHK文化センターの受講生たちが、本格的なタンゴ・バンドを

バックに懐かしいタンゴや有名なタンゴを歌います。入場は無料です。

開催場所はトアロードと生田新道との交差点から50m北の中華会館7Fの

東亜ホール

http://www.zhonghua-huiguan.com/kaikan/map.html


開演は13時30分、受付で曲解説つきプログラムお受け取りください。

閲覧数1432 カテゴリクチコミ情報 コメント0 投稿日時2007/10/15 16:16
公開範囲外部公開
2007年10月14日(日) 
 昨夜は神戸北野のクレオールへタンゴアンサンブルCoqueta(コケータ)のライブに行って

きました。こじんまりしたホールにゆったり配置の30席、BGMに歌入りタンゴが使われ、店主

の心使いに感服しつつ赤ワインを注文しチラホラ集まる顔なじみと挨拶を交わしてると開始ま

での30分はすぐに経ち、今回はコントラバホも加わって深みを増したアコースティック生音が

全身に降り注ぎだしました。休憩を挟んで18曲(アンコール含む)は、タンゴ・プーロからコンチ

ネンタル、ピアソラ物と好い構成でした。ただやはり歌が無いのが私としては寂しいのです

閲覧数2371 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2007/10/14 09:38
公開範囲外部公開
2007年10月10日(水) 
 昨夜はアストロリコのライブを聴きに大阪へ出かけました。リラックスした雰囲気の演

奏が楽しめると聞いて高めていた期待を裏切らないステージでとても好かったです。

まずちゃんとしたアルゼンチン・タンゴだったこと。妙なオリジナルは一切無しで、千

の風...、 Una Oportunidadなど日本の曲も、アレンジと演奏がまさにタンゴっぽく

なにも言うことありません。ただただ聴き入りました。息の合ったクァルテートの伴奏で

ロベルトの歌ものびやかに聴かせてもらいました。紹介された曲名は以下の通り。

Berretín(気まぐれ)、Recuerdo(思い出)、千の風に乗って、*Que

閲覧数2793 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2007/10/10 08:39
公開範囲外部公開
2007年10月08日(月) 
 重い屋台を担いで八十段以上もの石段を昇り降りすることで有名な三木の大宮八幡の秋祭りに

初めて出かけました。脇道から境内にあがって上から石段を見てその斜度に驚きました。そして、

自分で石段を下ってみて感心しました。というのは石段の踏面が奥に向かって低くしてあり、常に

体が山側に倒れるように工夫されているのです。トップの宮出は大村地区の屋台、万が一の時の

ために太いロープが命綱として用意されているのですが、これを使わず粛々と降りきった屋台に

思いっきり拍手しました。

閲覧数2098 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/10/08 06:59
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み