1,514万kW/2,059万kW (11/15 07:05)
73%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=5062&year=2007&month=12
■2007年12月の書き込み
書き込み数は32件です。 [ 1 2 3 4 ]
2007年12月31日(月) 
タイトルは"La Vispera De Año Nuevo"、直訳すると「新年の前夜」、まさしく今夜聴く歌です。
歌詞にやたら小辞子(語尾の-itaとか-ito)が多いのでおそらくメキシコの歌で、
"yo"を今や本国スペインでも発音している「ジョ」といわず「ヨ」と言う歌手も
メヒカノと知れますが名前は不明です。過ぎ行く年をとにかく賑やかに
過ごしたいひとにはうってつけの曲ですね。新年の歌も探してみます。

閲覧数907 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2007/12/31 18:29
公開範囲外部公開
2007年12月31日(月) 
 いぶし銀はよく使われる言葉ですね。年月を経て表面が黒ずんだ銀のことですね。
転じて内に輝きを秘めた年配者を指す言葉でもあります。
ではいぶし金とは?金は最も安定した金属で何時までも輝きが失われないので
”いぶし金”という概念は無いのでしょう。でも私はそれを示せます。
写真をご覧ください。これが「燻し金」です。

閲覧数2289 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/12/31 13:36
公開範囲外部公開
2007年12月31日(月) 
ブエノス滞在中は調理した食品を買ってホテルの部屋で食べていました。
ナイフもフォークも持ち合わせてませんからこれらもスーパーで買いました。
手荷物検査で引っかかるから捨てて帰る心算で一番安いのを選びました。
ところがこの安物ナイフの使い勝手が好くて捨てるに忍びず持ち帰りました。
今日の昼食は燻製盛り合わせとパンと紅茶、安物ナイフの活躍ぶりを紹介します。
堅く締まった肉に指に力を要さずスイスイと入ってゆき食べやすい厚さに切り分ける。
パリパリのフランスパンをパン粉を生じることなくスクスク切り分ける。
日本製のパン切り包丁、なぜか刃渡り

閲覧数1851 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/12/31 13:10
公開範囲外部公開
2007年12月31日(月) 
 11月に4泊5日で沖縄に遊びに行きました。
3泊目のホテルのレストランで出会ったのがアグーです。
しゃぶしゃぶでした。白い皿に綺麗に並べられたピンクの豚。
鍋にだしが熱々になったところで、静かにシャブシャブとやり石垣の塩につけて
はこぶ舌の上での滑らかな感触、そして香りと味わい。「ムフーッ」と思わず
鼻息が荒くなるほど興奮しました。瞬く間に平らげお代わりを注文してしまいました。
翌日立ち寄った土産物店で石垣の塩と島唐辛子は買えましたが、アグーは文字さえ
見つかりません。とても小さな豚で一度は絶滅しかけていたのをやっとのこと
飼育が

閲覧数1984 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/12/31 06:53
公開範囲外部公開
2007年12月30日(日) 
 遠く穴居生活を思い浮かべてください。外敵の侵入を防ぐため
洞窟の入り口には火が焚かれ、奥の暗闇をほのかに照らすのも
夜の冷え込みを和らげるのも焚き火に頼っていた頃のことを。
岩のくぼみに置いたり出っ張りにぶら下げたりした獣の肉や木の実が
香ばしく変化するのに気づくのはたやすいこと。太古から意図的に燻製が
行われたであろうし暖炉や囲炉裏の時代を経て蛍光灯と電子レンジの時代
においても燻製はすたれず、むしろ盛んになってるのではと思います。
ということで私も一昨年あたりから燻しの世界に足を踏み入れました。
なかなか奥が深そうでまだまだ試

閲覧数939 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2007/12/30 15:11
公開範囲外部公開
2007年12月29日(土) 
 割合気温が低く推移していて、冷薫や温薫をし易いと思います。暖房中の室内でも
ボックス内を40度内外に保つ新しい方式を思いつき試作を重ねています。
いままでウインナー、牛肉、手羽なか、ベーコンを仕上げ先日のタンゴ・パーティで
好評をいただきました。今日は豚と手羽元で朝から燻すかたわら昨日から水で戻した
黒豆も炊き上げました。住み込み調理人活躍中です。

閲覧数1812 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2007/12/29 12:14
公開範囲外部公開
2007年12月25日(火) 
 エクセルで一覧表を添付しております。

<神戸ポルテニア音楽同好会から>
2月5日、神戸こくさいホールでの良い席をお望みの方はお申し込みください。(078-621-0488 山本、or 078-581-9743 大谷)

閲覧数964 カテゴリクチコミ情報 コメント0 投稿日時2007/12/25 00:30
公開範囲外部公開
2007年12月23日(日) 
 最初にお断りですが、タンゴカブキはクリスマス・シーズン休暇で24日から来年1月3日まで「本日のタンゴ」をお休みいたします。
本日12月23日は「タンゴの哲学者」と称されたエンリケ・サントス・ディセポロの命日です。
1901年に生まれ1951年に亡くなっています。彼は舞台での仕事(俳優、のち劇作、演出)が主でした。タンゴの作詞・作曲は余技のようなものと捉える向きもありますが、発表された作品はいずれもヒット作となり、またいつまでも歌い継がれています。
なかでも有名なものを並べると、「今宵われ酔いしれて」、「ジーラ・ジーラ」「メルセ

閲覧数2013 カテゴリ本日のタンゴ コメント2 投稿日時2007/12/23 02:17
公開範囲外部公開
2007年12月22日(土) 
フアン・バウティスタ・アバ・レジェスは20年間モンテビデオの新聞”エル・ディア”の編
集員を務め、のちに長年のウルグアイ在住を評価され国会議員にまでなりました。
モンテビデオの新聞”ラ・ノチェ”が行った劇作コンクールで初めて書いた作品が優勝
し1919年にアルティガス劇場で初公開されたのが作家活動の始まりのようです。
1934年からラジオに身を移しニュース解説やエピソード紹介で人気を博し、海外作品
の翻訳やら舞台用の歌作りと活躍し、それらの歌はポピュラー演唱者によってレコード
化されました。内2曲はガルデルも録音し時代を通じて新鮮

閲覧数2026 カテゴリ本日のタンゴ コメント7 投稿日時2007/12/22 00:49
公開範囲外部公開
2007年12月21日(金) 
 カルロス・ガルデル一行を乗せてコロンビアのメデジン空港から飛び立とうとした飛行機は
滑走路でもう一機と衝突し炎上してしまいました。ガルデルの伴奏ギターを務めていた三人
のうちひとりだけアギラールは助かりました。再びギターを持つことの出来ない体となりながら
ブエノス・アイレスでギターや歌の生徒を教えていました。1951年12月中頃、タクシーに乗
り込もうとしていた彼は車にはねられ足を折り入院しましたがそこで肺のトラブルで突然死亡
しました。ホセ・マリア・アギラール60歳、1951年12月21日のことでした。
彼は作曲もしており、ア

閲覧数1789 カテゴリ本日のタンゴ コメント4 投稿日時2007/12/21 01:38
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 ]
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み