1,773万kW/2,087万kW (07/13 14:15)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=5062&year=2009&month=11
■2009年11月の書き込み
書き込み数は7件です。
2009年11月23日(月) 
 昨夜は神戸のクレオールでTacto Tangoのライブがありました。演奏はBnの仁詩ほかでキンテート、オープニングはエル・チョクロ、〆はアディオス・ノニーノ、アンコールはリベルタンゴと中身はピアソラものが半分くらいを占めてました。しかしながらダリエンソやプリエーセも工夫して取り入れてました。また新しいものやオリジナルもひとつあり多彩に楽しめました。BnがMCも兼ねて曲の紹介をするのですが、そのなかで「ルータ・シエテ」という曲の題について「数学の√何々でナントカ数...」とちょっとクドクドやりだしたので、私が「そりゃ国道7号線といったようなもの

閲覧数719 カテゴリタンゴ徒然 コメント0 投稿日時2009/11/23 07:58
公開範囲外部公開
2009年11月20日(金) 
 先回で私はさらに謎が深まって面白く感じているのですが、このシリーズはその2ではまだ終わりそうにありません。さらに詳細を福岡さんが説き明かしてくれるでしょう。では早速読んでみましょう。


ガルデルの秘密-2:

(5)では再びベルタ・ガルデス嬢の登場です。
1886年『ガルデル、2歳ごろ』、ベルタ嬢はカルリートスの実母マリアから仲介者を介して養育とウルグアイから連れ出す条件を、3千ペソで受け入れます。そして、彼女は友人アナイス、フォルトナト夫妻とカルリートスの従姉マリア・エスカジョーラらとモンテビデオ市の海岸南側のパレルモ街イスラ・デ・フ

閲覧数1898 カテゴリタンゴ徒然 コメント15 投稿日時2009/11/20 18:32
公開範囲外部公開
2009年11月18日(水) 
 昨日は朝から雨がしとしと降る中、神戸ポルテニア音楽同好会メンバーAさんのお葬式でした。人一倍慎重で仕事上若いころからバイクは乗り慣れていたAさんを襲った突然の事故。11日間温かい手を握らせてくれてましたが遂に帰らぬひととなりました。病院では「ブエノスへ行こうね、この歌で元気出して」と言うと弱々しく手指を握り返し私がメロディアデアラバルを歌っている間何度も何度も握り返してくれました。
お通夜では「アルマ・デ・バンドネオン」を歌わせてもらいました。かって私が本場の歌手のを聴きたがったとき、Aさんが即座に持ってきてくれた思い出の歌で

閲覧数1249 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/11/18 10:47
公開範囲外部公開
2009年11月14日(土) 
 ガルデルの死の前後のことを調べた結果を提供くださった福岡さんが、今度はガルデルの生誕について写真を添えて文を書いて送ってくださいました。本文を読んでいただくと分かるとおり福岡さんはウルグアイ人説を推しておられます。昨今はフランス人説がほとんどで、細部にわたってウルグアイ人説をしかも日本語で展開くださる福岡さんの労苦に謝意を表します。
カブキ自身はどちらが本当なのか分からないタンゴ学徒であること申し添えます。手元にあるのはラファエル・フローレス著の「CARLOS GARDEL Tango Inacabable」と同者著「Gardel y el Tango」、加えて神戸のタンキチさんからフェ

閲覧数2073 カテゴリタンゴ徒然 コメント17 投稿日時2009/11/14 03:19
公開範囲外部公開
2009年11月13日(金) 
バクフは幕府ではありません瀑布です。
一昨日まで桂林へ観光旅行に行っておりました。新聞募集に載っていたホテルの写真に目を惹かれ衝動申し込みをしてしまったのです。決行寸前に送付された旅程を見てびっくり、ホテルの名に見覚えがなくしかも三連泊。もう一度新聞を探し出して募集案内をよく見ると宿泊先ホテルが三つ挙がっていてその中にちゃんとあるホテルでした。最初に新聞を見たとき私の目に飛び込んだのは「大瀑布ホテル」、インターネットでカラー写真を見ると窓の外を滝が流れ落ちているのがはっきり見え、桂林の景観もさることながらこのホテルにほれ込み申し

閲覧数565 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/11/13 06:30
公開範囲外部公開
2009年11月06日(金) 
このブログにコメントをくださるtococinoさんは会うと健康についてアドバイスをくれる歯医者さんですし、先日はバンドネオンを弾く医師として知られる舳松先生のライブに行きました。近所の歯医者さんは私が行くと有線放送でタンゴを聴かせてくれます。タンゴは古くからお医者さんとのかかわりが深いですね。1914年から11年間、医学生のダンスパーティでタンゴが演奏されたのでそれに向けての作品が多く存在します。’14年の初回にはフィルポ作のエル・アプロンテ(試走)、翌年はカナロがエル・インテルナート(インターン)と毎年続き’24年最終11回目を記念してフ

閲覧数1433 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2009/11/06 12:37
公開範囲外部公開
2009年11月02日(月) 
閲覧数1316 カテゴリタンゴ徒然 コメント4 投稿日時2009/11/02 18:08
公開範囲外部公開
■プロフィール
神戸のガラデブ、探戈傾奇(タンゴカブキ)さん
[一言]
タンゴをブエノスアイレス語で歌いたい方は連絡ください。タンゴの歌サ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み