1,706万kW/2,253万kW (07/06 08:25)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=5062&year=2009&month=6
■2009年6月の書き込み
書き込み数は8件です。
2009年06月23日(火) 
 明日は74回目のガルデル忌ですね。1935年6月24日に起きたメデジン空港(コロンビア)の

悲劇でガルデル一行は命を落としました。米パラマウント社での一連の映画撮りを終えニューヨーク

からツアーを兼ねてブエノス・アイレスへ帰る途上のことでした。翌月封切られた映画「El día

que me quieras / 想いの届く日」の中でガルデルは”Sol Tropical / 熱帯の太陽 ”という

ルンバも歌っています。恋人の人気踊り子マルガリータに舞台に引っ張り出され歌って喝采を

浴びるシーンです。これを作曲したのは米国でのガルデル主演映画全ての音楽監督指揮を執っ

たテリ

閲覧数1293 カテゴリタンゴ徒然 コメント2 投稿日時2009/06/23 09:05
公開範囲外部公開
2009年06月18日(木) 
 今年はカラ梅雨の様相で水遣りには手がかかりますが、アジサイは健気に咲いてくれています。

    
この花は昔々に日本からヨーロッパに渡ったのだと聞いたことがあります。そうだとすると柿や銀杏と違ってむこうで新らしく名づけされ愛されてきたのですね。スペイン語ではオルテンシア/Hortensiaといいタンゴ"Remembranza/追憶"の中に登場します。「ゴタンの中庭」の訳詞で2番の最後部分に書かれているのが見て取れます。
http://www.kitanoit.com/~gotan89/cgi/gotan.cgi?act=…title=1495

この曲はヨーロッパに活路を求めて1923年にアルゼンチンから旅立ったバンドネオニスタで作曲

閲覧数1382 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/06/18 16:05
公開範囲外部公開
2009年06月14日(日) 
 タンゴ界きっての大物、ロベルトフィルポは1965年6月14日に永眠しました。
若い頃に家出してピアノの腕を磨き19歳でプロ活動をはじめました。行進曲ラ・クンパルシータをタンゴに編曲したことでも有名ですが、数百といわれる彼の作曲の中でもわが国でよく知られているものは
エル・アマネセール、アルマ・デ・ボエミオ、エル・ラピド、フエゴ・アルティフィシアレス
などでしょう。同時代のカナロに比べて歌曲は少ない旧いタイプの作曲家です。Alma de bohemioも1914年に初演されて10ほどのちに詞がつけられました。本日はこれを聴いてみましょう。
http://www.todo

閲覧数1509 カテゴリ本日のタンゴ コメント4 投稿日時2009/06/14 09:36
公開範囲外部公開
2009年06月10日(水) 
La puñaladaと綴り「ナイフの一突き」なんて訳される物騒な題ですが、とても明るい気分のミロンガです。
1905年6月10日生まれのピンティン・カステジャーノス(Pintín Castellanos)が作曲しました。セレドニオ・フローレス作の歌詞もあるのですが歌われることはほとんどありません。
ではダリエンソの歯切れのよい演奏で聴いてみてください。
http://www.todotango.com/spanish/las_obras/grabacio…px?id=1938

閲覧数1896 カテゴリ本日のタンゴ コメント4 投稿日時2009/06/10 16:37
公開範囲外部公開
2009年06月08日(月) 
「山本山」は浅草海苔の銘柄ですが最近は人気力士の四股名で有名ですね。アルゼンチンにネウケンという州があり、NEUQUENと綴るので回文(普通に読んでも逆に読んでも同じことばになるもの)になっています。
昨夕は元町でタンゴ・ライブを楽しみました。バンド名はスペイン語のSur(南)ふたつを左右からつなげて「SURUS」と綴り、読みも和風で”スールース”という回文になっている若手グループです。
最近では珍しい曲の演奏がありましたのでここで紹介しようとトドタンゴを探しましたがありませんでした。ロベルト・フィルポが1913年に発表した三つ

閲覧数1410 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/06/08 11:42
公開範囲外部公開
2009年06月07日(日) 
 本日未明岡田ジャパンはタシケントで西アジアの強豪ウズベキスタンに1-0で勝利し2010年W杯出場に一番名乗りをあげました。
真夜中にひとり酒杯を舐めつつ聴いたタンゴはこれでした。http://www.todotango.com/spanish/las_obras/grabacio…px?id=5487
初期ピアソラ作品で、留学先のパリでクラシックを学ぶため師事していたブーランジェ女史にこの曲をピアノで弾いたところ、真の才能がタンゴにあることを指摘され自身も目覚めたといいます。

閲覧数640 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/06/07 09:48
公開範囲外部公開
2009年06月04日(木) 
 きょうは午前の涼しい空気にのせられて西脇までドライブしました。ビッグサイズのシャツなどが揃っていると聞いていたスーパーの名前が目に留まり寄ってみました。
買い物を終えてから楽器店を覗くとCDコーナーがあり勿論タンゴのラックに直行。写真の新品CDセット、驚くほどの安さでした。先日整理してみると重複なしで260トラックほど保有しているピアソラものですが買ってしまいました。

かって「ピアソラの作曲したものはタンゴじゃない」と言われたそうですが近年は若い人を中心にタンゴ=ピアソラのような状況。私は「ピアソラはタンゴですがタンゴはピア

閲覧数1252 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2009/06/04 18:25
公開範囲外部公開
2009年06月03日(水) 
 この写真の中にある生き物がいます。わかったら回答を書き込んでください。正解されたかたにプレゼントを差し上げます。
ヒント:撮影者の気持ちを読んで目を凝らしてください。

閲覧数1443 カテゴリ日記 コメント11 投稿日時2009/06/03 08:57
公開範囲外部公開
■プロフィール
神戸のガラデブ、探戈傾奇(タンゴカブキ)さん
[一言]
タンゴをブエノスアイレス語で歌いたい方は連絡ください。タンゴの歌サ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み