1,703万kW/2,656万kW (07/23 22:55)
64%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=7642
■最近の書き込み
書き込み数は11,977件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 1198 ]
2019年07月23日(火) 
午後7時、外を見ると傘を差さずに歩いている人がいました。
雨は止んだようです。

夕食を食べに出ます。

ホテルから歩いて5分かかるか掛からない所に<高記>と言う餃子のお店が有ります。小さなお店で水餃子とスープだけのお店です。いつも満員で、今日は4人が並んでいました。行列大嫌いの私ですが、回転が速いので並びました。並んでも食べたい餃子です。

すぐに順番が来て「餃子」と言えばすぐに10個入りのお皿が出てきます。

シャオリェンに来たら、必ず食べに行きます。

とても美味しかったです。

閲覧数9 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/23 21:42
公開範囲外部公開
2019年07月23日(火) 
部屋の窓から見るだけでは、雨の強さが分かりません。
ちょっと外に出てみました、大変強く降っています。

最近日本でよく起こっている、頻繁に土砂崩れや川の氾濫を引き起こしている豪雨ほどでは多分ないかとは思いますが、以前だったら豪雨と言えるようなひどさです。

ホテルから歩いて5分くらいの所に有る、地元の人が行くような美味しい餃子(水餃子)専門店で夕食を摂ろうと思っていたのですが、どうしようか迷っています。傘をさして行けば大した問題は無いのですが少なからずためらいが有ります。
最悪部屋に有る無料のカップ麺で済ますことも視野に入れて迷っ

閲覧数18 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/07/23 19:34
公開範囲外部公開
2019年07月23日(火) 
ホテル至近の駅から捷運(MRT)で何駅か先に北投(ベトウ)と言う駅が有ります。

北投駅からたった一駅の支線が有ります、多分温泉地に行くための路線でしょう。

温泉街がどこに有るのか分からないので、北投駅で降りて支線の終点駅新北投駅に向けて歩いてみます。

新北投駅まで歩いても温泉街はどこに有るのか全く分かりません。北投駅にも新北投駅にも周辺の地図が掲示してあるのですが<温泉街>と言う文字は見つかりません。

その辺を歩き回りますが温泉街的なイメージは有りません。台湾の温泉街の雰囲気が全く分からないので見逃しているのかもしれませんが、場末

閲覧数12 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/23 17:54
公開範囲外部公開
2019年07月23日(火) 
昨日の午後の台北は大雨でしたが、今日は良いお天気です。
ただ、熱帯性気候と言うのか、昨日もそうだったように良く晴れていると思っているのにいきなり雷雨と言うことが良くあるので油断はできません。



今日は鉄の予定は有りません。
台北近辺で撮影したい所も特にないので、今日は無鉄とし、捷運で北投と言う所に行ってみることにしました。北投(ベイトウ)は温泉地で有名なところです。
台湾の温泉街はどんな所か覗いてみたいと思います。


明日、帰国します。

閲覧数12 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/23 10:38
公開範囲外部公開
2019年07月22日(月) 
嘉義から各駅停車で1時間足らず、石榴と言う駅で下車、多分大正時代に建てられた日本家屋風の駅舎の撮影をしました。



ホームが全面的に工事中でかなりきれいになっています。
肝心の駅舎は無人駅でしたが、とてもきれいに保全されていました。

乗車券の自動販売機など駅舎にはなくホームに有ったところを見ると、現在施工中の工事の範囲にもしかしたら駅舎の解体も含まれているのではないかと言う不安を感じました。
台湾に何駅か有るこの種の建物は、確か皆有人駅だったような気がします。
ここだけ無人駅だというのも、解体候補ではないかとちょっと気がかりです

閲覧数30 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/07/22 20:21
公開範囲外部公開
2019年07月22日(月) 
今日も良いお天気です。

今日は、大正・昭和時代に建てられた石榴駅舎を撮影してそのあと台北に移動します。
私の知る限り、この駅舎を撮影すると当時の日本家屋風の全部の駅舎を撮影したことになります。


今回の台湾鉄旅は明日までで終わり、明後日帰国します。
意外と短い感じがした二週間でした。

閲覧数17 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/22 08:55
公開範囲外部公開
2019年07月21日(日) 
朝書いたように、災害で線路が破損した部分の一部が復旧したところまで行って来ました。

前回来た時には今回の十字路駅より2駅手前の奮起湖までしか復旧工事が進んでいませんでした。その後最近2駅先まで運転され始めたので行ってきたのです。

出発点嘉義は晴れていましたが、山を登って行くにつれて霧が出はじめだんだん濃くなりだしました、雨雲の中に入って来たのです。

奮起湖の駅に近づくにつれ大粒の雨が本降りになって来ました。

最初の目的地、奮起湖の次の駅多林駅に着いた時も雨は本降り。

下車して雨の中撮影、次の列車で終点の十文字駅まで行き、着い

閲覧数27 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2019/07/21 22:04
公開範囲外部公開
2019年07月21日(日) 
嘉義で朝を迎えました。

夕べ泊まったおテルは新竹のホテルに比べるとぐっと良いホテルでした。
ビルも部屋も結構きれいで、安い割にホテルらしいホテルです。


このホテルの部屋にも窓が有りません、が、壁の一部が明り取りになっていて、部屋が明るいので気分はずっといいです。

明り取りの窓は、ガラスが普通の板ガラスでなく、化粧ガラスと言うのか凹凸のガラスで外は見えませんが明かりは十分に入ってきます。外を見る必要は無いのでまあ良しとします。



今日は阿里山森林鉄道に行きます。

この鉄道は、台湾最高峰の玉山の近くに向かう、結構山奥を走ってい

閲覧数49 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2019/07/21 09:12
公開範囲外部公開
2019年07月20日(土) 
もちろん漢字名です。
そして、多くのホテルは英語名もついています。


今日新竹から南下して嘉義に来ましたが、今泊まっているホテルは「嘉義亮點旅店」と言う名前ですが、英語名は「HOTEL DISCIVER」。

漢字名「亮點」にDISCIVER(発見)と言う意味は有りません、他のホテルでも全く関係ない意味または発音の名前が付けられています。例えば、高雄で泊ったホテルは「康橋大飯店」英語名は「KINDNESS HOTEL」、これも意味も発音も全然違いまえす。
これが困りものなのです。

多くのタクシー運転手はホテルの英語名など知りません。

何年か前に台東のシェラトンホテルを予約して

閲覧数31 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/20 21:57
公開範囲外部公開
2019年07月20日(土) 
今日は移動日です。

一昨日南の方からかなり北上したのですが、今日はその半分くらい戻ります。
無駄な行程なのですが、これから行く嘉義と言う街から出ている阿里山森林鉄道は土日に運転本数が増えるからなのです。
前回来た時より災害復旧が進みいくらか奥の方まで行けるようになったので、その区間の撮影に行くのです。


今日は土曜日なので、長距離列車が混雑します。もっと早く切符を買えばよかったのですが、夕べかったので乗れる列車が12時発しかありませんでした。

午前中は窓のない部屋で過ごします。窓が無くても暑い外で待つよりはましですから。。。

閲覧数35 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/07/20 09:51
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 1198 ]
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み