1,765万kW/2,201万kW (03/22 09:15)
80%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=7642&year=2008&month=4
■2008年4月の書き込み
書き込み数は12件です。 [ 1 2 ]
2008年04月27日(日) 

 中欧の旅日記、最後はブダペストでの「ドナウ川イルミネーションクルーズ」でした。

 

 ドナウ川の沿岸の建物や川に架かる橋などのイルミネーションを船上から見ました。

 

王宮です。王宮だけがくっきりと浮かび上がっていたので、そのすばらしさが昼間よりずっと良く分かりました。

 

昼間でも美しい「くさり橋」です。夜はその美しさ倍増です。

 

国会議事堂です。もっとずっと大きいのですが、改修工事中で一部しかイルミネーションされていなかったのが残念でした。

 


閲覧数11580 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2008/04/27 12:41
公開範囲外部公開
2008年04月26日(土) 

 チェンマイの旧正月の事を書いていたので、中欧の旅日記が中断してしまいました。話を中欧に戻します。

 

 4月3日、明日は朝から帰国の途につきますのでこの日は実質、旅行の最終日です。一日でハンガリーの首都ブダペストを観光します。ブダペストはドナウ川の右岸ブダ地区と、左岸のペスト地区を併せた名前で、ブダ地区は王宮を中心に歴史的な建物が多く、ペスト地区は新しい町並みが広がる地域だそうです。

 

 昼間は、市内観光、夜は<ドナウ河イルミネーションクルーズ>です。

 主な見所は、‘英雄広場’、‘聖イシュトヴァ


[地図情報有り]
閲覧数11499 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2008/04/26 18:33
公開範囲外部公開
2008年04月25日(金) 

 水掛けはとにかく豪快でした。チェンマイの3~4月はもっとも暑い時期ですから水をかぶると冷たくてとても良い気持ちです。

 

 なんだか水掛けが旧正月の中心的なイベントみたいになってしまっていますが、実はお正月は仏様に感謝し、祖先を敬い、家族の幸せを願う行事が本来のものです。日本の初詣でと同様大勢の人たちがお寺にお参りに行くのです。

  お正月の行事としては、13日の午後に仏像のパレードが行われます。日頃は夫々のお寺の本堂に安置されている仏像が外に出され、チェンマイの中心的存在の‘ワット・プラシン’まで1Km半ほ


閲覧数11508 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2008/04/25 20:43
公開範囲外部公開
2008年04月24日(木) 

 長すぎるお休みを取ってしまいました。チェンマイでさんざ水をかぶり帰ってきてから、何が有ったという訳でもないのですがおおかた一週間経ってしまいました。

 

 言葉では表せないほど大変な水掛けでした。人々はみな、着の身着のままプールに飛び込んだようにずぶ濡れです。もちろん私もです。

 

チェンマイの水掛けはものすごい

 


閲覧数11391 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2008/04/24 23:04
公開範囲外部公開
2008年04月11日(金) 

 私宅から10分ほどの所に花木園という庭園が有ります。現代風日本庭園と言いますか、日本庭園なのですが古いイメージの無い庭園です。

 

 

 その名前が示すとおり、いろいろな木や花が植えられていて、四季を通じて楽しませてくれます。

                             &nb


閲覧数10631 カテゴリ日記 投稿日時2008/04/11 18:33
公開範囲外部公開
2008年04月10日(木) 

 ブラチスラバの観光が終り、最後の観光場所ブダペストへ移動です。この日は明るいうちにホテルに到着です。ホテルの目の前をドナウ川が流れています。そしてそのほとりを電車が走っています。ほんの近くの橋の上を走っているトラム(路面電車)も見えます。鉄ちゃんにとって最高のホテルです。喜び勇んでカメラをぶら下げて出かけたのですが、どちらの線にもそれぞれ一種類の電車しか走っていません。昔は一つの線でも色々な車両が走っていて楽しかったのですが今は、たいていの所で一線一形式化が進んでしまい、楽しみが半減してしまいました。

 


閲覧数11525 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2008/04/10 14:53
公開範囲外部公開
2008年04月10日(木) 

 ツアー5日目は、スロバキアのブラチスラバに立ち寄り、ハンガリーの首都ブダペストに行きました。ブラチスラバは昼食時間を含めてたったの2時間の滞在ですが、それでも「中欧4カ国」のうちの1カ国です。得したような損したような気分です。

 

 ブラチスラバ観光の中心は、ここでもお城です。どこのお城もそうですが、小高い丘の上に建ち街を見下ろすようになっています。現在の形になったのは16世紀のことで、18世紀にはマリア・テレジアの居城となっていたそうです。ヨーロッパはどこに行っても「マリア・テレジア」の名前が出てきます


閲覧数10572 カテゴリ日記 投稿日時2008/04/10 14:30
公開範囲外部公開
2008年04月09日(水) 

 昨日の60おじさん様のブログを拝見し、別府鉄道のことを思い出しました。

 

 私が川重に入社して神戸に移ったのが1958年、今から50年前のことなのですが神戸より西の方にはほとんど行ったことがありませんでした。2年半ほど経って職場が今の明石工場、当時の川崎航空機の一角に移転し、明石まで通うようになってからもしばらくは西の方には行くことが有りませんでした。

 

 いつ頃のことかは全く頭に残っておりませんが、加古川や姫路方面に脚を延ばすようになってから、あるとき土山の駅から出ている支線のような線路を見つけました。そ


閲覧数11253 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2008/04/09 17:58
公開範囲外部公開
2008年04月08日(火) 

 宮殿コンサートを観賞して<ウイーン>は終わりましたが、大切なことが残っております。そうです。鉄ちゃんです。半日ほどの自由時間と、最終日の朝出発前のひと時を使って国鉄、地下鉄、路面電車(いずれも一部ですが)の写真を撮ることが出来ました。

  

いつ頃の物か分かりませんが、かなり古い電車です。写真よりももっと古い電車も走っておりましたが、さすがにプラハで見たような2軸の単車は見ることがありませんでした。

 

 こちらは最新型低床LRTです。写真の電車は何と7車体連結の長大車でした(1車体は短いですが)。


閲覧数10379 カテゴリ日記 投稿日時2008/04/08 19:09
公開範囲外部公開
2008年04月07日(月) 

 私の旅の報告、少しでも待っていて下さる方が居られることを知って大変ありがたく張り合いがあります。有難うございます。

 

 ウイーンでの主な観光は、「シェーンブルン宮殿」、「ベルヴェデーレ宮殿」、「ホフブルク(王宮)」の3箇所でした。

 

女帝マリア・テレジアがこよなく愛したと言われる「シェーンブルン宮殿」はウイーン都心の西南方にあるハプスブルク家の離宮で、建物はマリア・テレジアが好んだと言われる黄色を基調としたものでした。敷地面積は、東京ドームの36倍もあるそうで我々はほんのちらりと覗いただけでした。

[地図情報有り]
閲覧数11498 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2008/04/07 18:21
公開範囲外部公開
[ 1 2 ]
■プロフィール
zosanさん
[一言]
83歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 03月22日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み