1,655万kW/2,203万kW (03/22 08:25)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/?key=7642&year=2010&month=7
■2010年7月の書き込み
書き込み数は23件です。 [ 1 2 3 ]
2010年07月31日(土) 

エグルよりもっと南に行くと Martignyマティーニ)という所があります。

付属の路線図によるとスイスパスは、フランスシャモニーモンブランという所まで通用しそうです。

 

時刻表によると途中の Vallorcine (ヴァロルシーヌ)と言う駅で電車を乗換えなければならないようです。

と、言うことは別の鉄道になるのか、ゲージが違うのか、電圧が違うのか・・・・・・・、

何が違うか分りませんが、何かが違って直通できないのではないでしょうか。

 

とにかくヴァロルシーヌまで行っ


閲覧数1096 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2010/07/31 21:56
公開範囲外部公開
2010年07月30日(金) 

モントゥルーの少し南に Aigleエグル)という町があります。

国鉄の駅に並んだホームから3つの私鉄路線が出ています。

 

今は一つの会社になっていますが、

昔はそれぞれ別会社だったようでそれぞれの路線で呼び名が違っています。

○○鉄道xx線という感じです。

ただ、塗色も違うし車体に大きく昔の鉄道名が書かれているところは日本と大きく違っている点でしょう。

 

ここには古い物から新しいものまでいろいろなタイプの電車があり、近頃珍しい楽しい鉄道です。

 

一つはエグルか


閲覧数955 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/07/30 14:56
公開範囲外部公開
2010年07月29日(木) 

中休みにちょっと国鉄をちょっと覗いてみます。

 

新しい電車です。総2階建て4両編成のSバーン(比較的近距離を走る普通列車)用電車です。

 

 

次は、普通列車にも急行列車にも使われている中・長距離用列車です。

こちらは電気機関車牽引による客車列車で、電気機関車は片運転台、

機関車+2階建て客車3両編成が標準です。

 

写真の列車は4両編成


閲覧数1009 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/07/29 22:11
公開範囲外部公開
2010年07月29日(木) 

レマン湖周辺には小さな私鉄がたくさん有ります。

 

その中の一つに、モントゥルー駅から出ているロシェドネと言う鉄道が有ります。

全線ラックレールの登山鉄道です。

 

SBB(スイス国鉄)モントゥルー駅の一番はずれの山際と言うか、崖下から出ています。

駅の上にビルが建ったのか、ビルの下に駅が潜り込んだのか

どっちだろうと言うような駅です。

 

ほとんどの列車は2両固定編成の電車で運行されています。

閲覧数1684 カテゴリ日記 投稿日時2010/07/29 21:29
公開範囲外部公開
2010年07月28日(水) 

先日事故を起こした氷河急行ほど有名ではありませんが、

ゴールデンパスラインという、景色の良い所を走っている急行列車があります。

 

スイスのほぼ中央部にあるルツェルンから西南方向へおよそ240Km、

レマン湖のほとりモントゥルーまで走っている列車です。

 

氷河急行は2つの私鉄にまたがって直通運転されていますが、こちらは3つの鉄道にまたがっています。

しかも、途中で2回も乗換をしなければなりません。

 

まず、ルツェルンから


閲覧数1181 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2010/07/28 11:39
公開範囲外部公開
2010年07月27日(火) 

出発前にインターネットでいろいろ調べていると

モントゥルーの近くに Museum Bahn というのが有りました。

名前からして明らかに保存鉄道です。

運転日は土曜日と日曜日だけで、SL運転は日曜日だけです。

 

実は、ベルン界隈にもう一日居たかったのですが、

そうするとモントゥルーに行くのが月曜日になってしまいます。

 

ベルン周辺は、またの機会に回すとして、土曜日の夜モントゥルーに入りました。

 

モントゥルーの初日、13日は Museum Bahn です。

まず、ゴール


閲覧数1104 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2010/07/27 17:18
公開範囲外部公開
2010年07月26日(月) 

12日になりました。

昨夜はベルン泊、今夜はずっと南のレマン湖のほとり、モントゥルーに移動します。

例によってスーツケースをホテルに預け、身軽な格好で出かけます。

 

昨日と同じくベルンから bls で西方に向かいます。

同じ時間の列車ですが今日は1等車のような2等車はつながっていません。

残念!

 

昨日降りた Ins を通り越してヌーシャテル湖沿岸の Neuchatelヌーシャテル)まで乗車します。

 

スイスパスについてくる路線図によると、

ここから


閲覧数1238 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2010/07/26 23:24
公開範囲外部公開
2010年07月25日(日) 

ベルンはぎりぎりドイツ語圏ですが、少し西に行くとフランス語圏になります。

学生時代、選択科目のフランス語は取るには取ったのですが、わずか1ヶ月でこぼれ落ち、

ウィーとボンジュール位しか分りません。

 

在チューリッヒの友人に 「フランス語圏で、英語通じるかなぁ」 と聞いたら、

「さぁ、私もフランス語分らないけど、無事帰ってこれたから大丈夫かも・・・・・」

と、なんだか頼りない返事です。

 

イタリア語圏では英語で聞いてもイタリア語の返事が返ってくるのに往生しましたが

閲覧数1179 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2010/07/25 22:18
公開範囲外部公開
2010年07月24日(土) 

10日はベルン近くまで行って、チューリッヒに戻り、

荷物を持って次の宿泊地ベルンまで行きます。

 

そのままベルンまで行くのが順当な道順なのですが、

重いスーツケースを持っての撮り鉄行動は至難の業です。

 

いったんチューリッヒに荷物を取りに戻ってもせいぜい1時間半です。

乗車券はスイスパスですからいくら乗っても大丈夫です。

 

と、いうわけで、いったん手ぶらで行って戻ります。

 

この日の予定は2つの私鉄です。

 

いずれも、ベルンの少し東寄り(チューリッヒ寄り方向)に有ります。

閲覧数1275 カテゴリ日記 コメント8 投稿日時2010/07/24 22:07
公開範囲外部公開
2010年07月23日(金) 

昨日は3つの路線を訪ねましたが、国鉄ローカル線と、

前にちょっと見た私鉄でした。

 

この日、9日の予定は2つ。

うち一つは、一昨年始発駅に停まっている電車を見ただけの私鉄、

もう一つは、初めて訪れる私鉄です。

 

前にちょっとだけ見た私鉄、

Forch 鉄道と言うトラムの鉄道です。

 

この名前、ガイドブックや地図には「フォルヒ」と書かれています・

しかし、ほんの少しでもドイツ語を勉強した方ならお分かりと思いますが

フォルヒなんて言っても現地の人には通じません。

かなでは表しにく


閲覧数954 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2010/07/23 21:22
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 ]
■プロフィール
zosanさん
[一言]
83歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 03月22日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み