1,747万kW/2,098万kW (02/29 20:25)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=109352
2009年11月08日(日) 
しそう地域SNS「E-宍粟」の仲間達がボランティアで運営する「播州山崎花菖蒲園」で、今年から試行を始めた「しいたけオーナー制度」。菖蒲園のある山域一帯は、古くから豊富に茸の実る茸山として地域に親しまれており、このキノコ類の生育に適した恵まれた自然環境を活用して、しいたけとなめこ栽培のオーナーとなって、実った茸を採取する制度です。
http://www.hanashoubu.or.jp/shiitake/shiitake_owner.htm


夏にホダ木に打ち込んだ菌糸が定着して、寒さが肌に感じられるようになってから、少しずつ椎茸が成長し、いよいよ年2回2年間楽しめる初収穫(秋子)の時期となりました。菖蒲園で育った椎茸は、評判通りの驚くほどの肉厚で、当然街では食べられない新鮮さです。難を言うと、オーナーも初めてだったので、菖蒲園からの「採り頃ですよ♪」という連絡から1週間を経過してしまい、いくつかは超でっかく成長している(味にはまったく影響ありません)ことでした。


まだ、ホダ木に眠る茸の発芽も大いに期待できるとのことで、年内数回は収穫が楽しめそう。その際にはもっともっとタイムリーに訪問して、ご近所にお分けできる姿のものをいっぱい採りたいと思います。


キノコ狩りが終わった後は、菖蒲園の食堂で息子達とバーベキューを楽しませて頂きました。ゲタさん、いろいろお世話になりました。年内もそうですが、3月の春子でもよろしくお願いします。

閲覧数2,058 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2009/11/08 18:20
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み