2,248万kW/2,708万kW (01/21 10:20)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=112064
2009年11月30日(月) 

昼前、郵便局に行くのにいつも通る団地の中を道を歩きました。

鮮やかな赤だったナンキンハゼの葉も落ちてしまって少し淋しくなっていましたが、ケヤキにはまだ葉の残っている木があり、黄葉と紅葉が楽しめました。

少し行くと、カエデ(イロハモミジ)が真っ赤になっていました。ここにこんな木があるとは今まで気がつかなかったので、大きな驚きでした。

郵便局の近くではイチョウが真っ黄色になっていました。これも新発見です。

しばらくこの道を歩いていなかったから気付かなかったのですが、家の近くにもこんなにいい場所があったんですね。

 

黄色いケヤキ

 

赤いケヤキ

 

 イロハモミジ

 イチョウ

 


閲覧数1,814 カテゴリ日記 コメント10 投稿日時2009/11/30 19:46
公開範囲外部公開
コメント(10)
時系列表示返信表示日付順
  • 2009/11/30 20:37
    hiromineさん
    4枚画像アップですね。

    青空とイロハモミジの紅とのコントラストが抜群ですね。
    地域の名所、再発見ですね。
    次項有
  • 2009/11/30 21:17
    鉛筆jamjamさん
    > hiromineさん

    思いがけずいい天気になって、美しいもみじが見られました。
    「燈台もと暗し」とはこのことですね。
    次項有
  • 2009/11/30 21:34
    ヘグさん
    イロハモミジですか、綺麗な赤ですね。紅葉も日当たりや天候によって赤の出方に結構差がでるみたいですね。
    次項有
  • 2009/11/30 22:11
    鉛筆jamjamさん
    > ヘグさん

    昼間の気温に比べて朝晩の冷え込みが強いほど、もみじの色が鮮やかになると言われますが、適度な湿度も関係しているのでしょうね。
    一般に京都・洛北の紅葉が美しいと言われる(僕もそう思います)のは、こうした気象条件が揃っているからではないでしょうか。
    次項有
  • 2009/12/01 07:28
    かこさん
    まあ~綺麗~

    みんなそれぞれに一生懸命 空に向かって紅葉していますね、自分もそうありたいです。
    次項有
  • 2009/12/01 07:52
    鉛筆jamjamさん
    > かこさん

    確かにそうですね。
    自然は人間と違って怠けることはありません。
    次項有
  • 2009/12/01 11:04
    つくしさん
    この黄色いのは「けやき」ですか。さっきみやちゃんのブログの写真にあったのと同じようです。みやちゃんの「木」名前がわからないって書いていらっしゃいましたがきっと「けやき」のようですね。
    次項有
  • 2009/12/01 11:40
    鉛筆jamjamさん
    > つくしさん

    みやちゃんの写真を見ましたが、葉の形がよく分からないので何の木か分かりませんが、上の写真ではイチョウのように見えますね。
    ただ、ケヤキではないように思います。幹の木肌が違うし、枝ぶりもケヤキの特徴がありませんから。
    次項有
  • 2009/12/01 15:48
    つくしさん
    > jamjamさん★
    さすが!幹のお肌が違いますか。なんの木でしょうね。うちの散歩コースのも写真とってみようかしら。
    次項有
  • 2009/12/01 20:30
    鉛筆jamjamさん
    > つくしさん

    下の写真をご覧ください。ケヤキという木は、枝ぶりが末広がり(扇を広げたよう)になるのが普通で、幹はそんなに荒れ肌ではありません。そして葉の縁にはギザギザがあります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み