1,854万kW/2,081万kW (11/22 11:35)
89%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=122547
2010年02月24日(水) 
この曲は 2008年6月 源氏物語千年記を記念して作曲したものです。

みなさん ご存知のとおり 光る君 こと

光源氏は 数多の恋愛遍歴を重ねた美男子ですが、

源氏51歳の秋 最愛の紫の上が病死すると、

深い悲嘆にくれる日々を過ごします。(「御法」の帖)

http://www.d3.dion.ne.jp/~teruken/genji/minori.htm

翌年、年末に源氏は出家の意志をかため、

女君たちとの手紙を焼き捨ててしまいます。(「幻」の帖)

http://www.d3.dion.ne.jp/~teruken/genji/maborosi.htm

出家後数年、源氏は嵯峨に隠棲したのち 

崩御したとされていますが、

この部分 帖名のみあって本文はありません。(「雲隠」の帖)

私は この文章のない部分を 表したくて

この「恋絵巻」をつくりました。

あんなに 栄華を誇った 恋多き男であったのに

ひとり 侘びしく 死んでゆく 男の心情が

伝われば うれしいです。

   *     *    *

でも、みなさん 知っていましたか?

この 光源氏が 実在したことを。

源氏初代となる源融(みなもとのとおる)が その人です。

第52代嵯峨天皇の子孫で、嵯峨源氏(さがげんじ)と呼ばれる

賜姓源氏の最初の人物のひとりです。

ちなみに 私は その嵯峨源氏の 末裔のひとり? なんですよ。

閲覧数720 カテゴリオカリナ コメント0 投稿日時2010/02/24 16:19
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
hiroさん
[一言]
オカリナをこよなく愛しています。 動画はコチラ http://www.youtube.com/user/…
■この日はどんな日
ほかの[ 02月24日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み