1,921万kW/2,240万kW (12/03 09:40)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=132727
2010年05月31日(月) 

捩花のまことねぢれてゐたるかな  草間時彦

 

《捩花(ねじばな)というのは、本当に捩じれているんだなぁ・・・》と感心しているさまが浮かぶ句である。

ネジバナは初夏から夏にかけて咲く野の花で、直立した茎の上部がらせん状に捩じれ、ピンクの小さな花が連続して付く。茎の捩じれているさまは、まるで縄をなったようで、自然の巧みと不思議を感じさせる。

捩じれ方は右巻きも左巻きもあり、一定していないそうで、これもまた不思議である。

 

 

 

写真は2009年7月13日の早朝、京都の花背の奥、上桂川のほとりで撮ったものですが、一面緑の草原の中で一きわ鮮やかに咲いていました。周囲を山で囲まれた土地のこと、まだ夜の開けきらぬ時間帯だったのでフラッシュを使用して撮影しました。


閲覧数1,247 カテゴリ連載読物 コメント2 投稿日時2010/05/31 04:26
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 05月31日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み