は2019/03/26で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=155087
2011年01月25日(火) 
 国際宇宙ステーションでの日本人宇宙飛行士2人の同時滞在や小惑星探査機「はやぶさ」の帰還など、昨年は宇宙が身近に感じられる出来事が相次ぎました。

 平成23(2011)年の幕開けに当たり、長期滞在での活躍が記憶に新しい宇宙飛行士の野口聡一さんを兵庫県公館にお迎えして、宇宙の話題から兵庫の技術力、子どものころの体験や経験の大切さまで、井戸敏三知事と語り合っていただきました。


◆ゲスト 野口聡一(のぐち そういち)さん

 昭和40(1965)年、神奈川県生まれ。44年2月から51年9月まで揖保郡太子町で過ごす。東京大学大学院工学系研究科航空学専攻修士課程修了後、石川島播磨重工業(現IHI)株式会社で航空技術者として勤務。平成8年、NASDA(現JAXA)に入社、渡米しミッションスペシャリストとして訓練を積む。17年、スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗。21年12月には「ソユーズTMA-17」に搭乗し、国際宇宙ステーションに161日間(宇宙に163日間)滞在。22年6月、地球に帰還した。

閲覧数987 カテゴリ兵庫県からのお知らせ 投稿日時2011/01/25 14:27
公開範囲外部公開
■プロフィール
兵庫県インターネット放送局さん
[一言]
兵庫県インターネット放送局
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み