1,410万kW/2,118万kW (11/16 06:05)
66%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=171906
2011年08月01日(月) 
利根英法は昨日午後3時3分、30歳の人生の幕を閉じました。
ご声援を頂いた皆様に感謝申し上げます。

       英法の父、母より

閲覧数8,209 カテゴリ日記 コメント29 投稿日時2011/08/01 08:14
公開範囲外部公開
コメント(29)
時系列表示返信表示日付順
これより以前のコメントを見る
  • 2011/08/03 08:03
    突然の悲報に驚いています。今はただただ悲しくて言葉が見つかりません。お別れに行けなくてごめんなさい。私はここ宮崎幸島の海からご冥福をお祈りしています。利根くん愛してるよ。いっぱいいっぱいありがとう。
    次項有
  • 2011/08/03 08:55
    あまりに突然で まだ信じられません。
    小さな時のやんちゃな笑顔が、大人になっても変わらない利根さん 
    安らかにお眠り下さい。
    次項有
  • 2011/08/03 18:22
    徳丸十盟さん
    ご両親様へ
    ご子息様とは、直接的にはあまり接点はありませんでしたが、家内の門下が同級生なので訃報の第一報を知りました。
    前日の宮城会リハーサルで一生懸命にお手伝いをする姿が何故か印象に残っておりました。
    ご両親様のご心中、察するに余りあり、お悔やみの言葉も見つかりません。
    心より、ご冥福をお祈り申し上げます。
    合掌
    次項有
  • 2011/08/03 21:12
    まっちさん
    訃報の知らせに、ただただ驚くばかり。とても残念です。日本の邦楽界で、なにかとても大きなものをなくしたように思います。安らかにお眠りください。 合掌
    次項有
  • 2011/08/04 00:09
    葉子さん
    心根の清らかだったひでくん。

    若干29歳のひでくんから
    たった3日で
    人間に必要なこと
    いっぱいいっぱい教えてもらいました。

    ごう慢さ、欲深さ、視野の狭さ、こころの狭さ。
    愚かな自分に気づいたとき、
    もうひでくんは、いませんでした。

    今は、
    ひでくんは阿弥陀さんの使いだったと、
    心底思っています。

    そして、浅はかだった自分を、
    心から悔いています。

    ひでくんの生き方から学んだこと、
    一生忘れません。

    ひでくん、
    わたしが心から愛していたこと、
    忘れないでね。
    次項有
  • 2011/08/04 04:10
    俺は一体あなたのことを、
    なんて呼んでたんかなぁ、なんだかへんに思い出せないなぁ。

    でも大切やったんは間違いないよな。

    あったりまえに毎日あってたもんなぁ。
    もっともっとわがままいいたかったけど、最後の見送りまで一緒にいさしてもらったから、
    悲しいけど悔いはない?かなぁ。

    弔辞も読ませてくれたし、演奏もさせてもらったからさ。

    あの弔辞な、実はメモやったの、知ってるよね。
    最初文章書き始めたらまとまんなくてなぁ、それで、あんなキーワードだけの紙四枚だったわけさ。
    でもよかった、泣かずに全部勤めたったよー。
    最後もちゃんとうちまで見送れたし。
    帰りしに、ふっと貴方の部屋に上がって、
    去年秋のアカトンボの頃二分だけを思い出して、直ぐ下りちゃったよ。

    無事東京戻ったから安心してな。

    あ、こっちにも2つばかし、記事を書かせてもらったから、よろしく。

    http://kokoroneblog.cocolog-nifty.com/

    ありがとうなぁ、ほんとに本当にありがとう!
    次項有
  • 2011/08/09 09:52
    濱田 康平さん
    ご両親様

    遅ればせながらお悔やみ申し上げます。

    私が司会を務めました、友人の結婚披露パーティにて、
    演奏していただいたのが二年前でした。
    初対面にも関わらず、夜中まで呑んで歌いました。
    再会を心待ちにしてましたが残念です。
    心よりお悔やみ申し上げます。
    次項有
  • 2011/08/23 15:39
    蛙さん
    このたびの訃報、先ほど知りました。
    ご冥福をお祈りいたします。
    昨年、今年と二度の演奏を聴かせて貰い、利根君の音楽に「光る風」を感じていました・・・
    利根君を囲む多くの皆さんの悲しみが伝わりますよ。
    もっともっと応援したかった・・・

    利根君からの最後のプレゼントDVDはまだ受け取っていません。
    高野先生のお気持ちが落ち着いたら、会って頂いて来ますね。
    お気遣いありがとうございました。

     北広島の街より 合掌
    次項有
  • 2011/08/25 21:11
    真依子さん
    このたびの訃報、先ほど知り、ただただ信じられない気持ちでいっぱいです。
    利根くんが、頑張って活動している。
    そう思うだけで、私も音楽活動をしていく中で、どんなに心強く感じていたことか。
    最後に会ったのがいつだったか、思いをめぐらせています。
    もう一度、生で演奏を聴きたかった。
    残念で仕方ありません。
    お父様、お母様のご心境を想うと言葉がありませんが、どうか、お身体にお気を付け下さい。
    心より、ご冥福をお祈り致します。
    次項有
  • 2012/12/31 02:00
    ほみくんさん
    今年は英法くんの同期生と嵐山でミニライブを一緒に開くことができました。彼女はイギリスのロックスチュワートの『セイリング(私のリクエストに応えてくれた)』を箏で弾き語りをして下さいました。聞いていて少し泣けてきました。また、これも同じ同期~同僚の方が英法君を思い出させてくれ、叔父と甥っ子という縁に遇えて良かったという気持ちにさせてくれる楽曲をリリースしてくれました。本当に皆さんありがとう御座いました。邦楽のみなさん頑張ってください。弟とも相談しながら少しでも前向きに応援出来れば、と思っています。関西の無粋な市長のお陰で伝統芸能をはじめとした文化活動が従来以上に窮地です。でも、困ったときでも星を見つめて進んでゆきましょう。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
お父さんさん
[一言]
ひでちゃん
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み