1,441万kW/2,226万kW (12/03 03:45)
64%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=183997
2011年12月27日(火) 

普天間基地移転のものです。
12月26日に送ったので、
翌日届くらしい。


なんで誰か政府の人が持っていって渡さないんやろ?

渡せないだろうからか?

だったら二度目は郵送したらいいやん。

内容証明付けたんかなあ?


なんか形式的で、
人の気持ちが分かってないと思うのは、
私だけかなあ。


閲覧数618 カテゴリ時事ネタ コメント7 投稿日時2011/12/27 03:25
公開範囲外部公開
コメント(7)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/12/27 08:58
    まったく同感です。
    人としての常識が備わっていないみたい。
    自分たちに原因があっていろいろこじれているのだから、「誠心誠意」というのを口だけではなく示し続けていかなくてはならないのにね。
    情けなくて恥ずかしくて、政府の大人達のやっていることを子どもに説明もできません。
    次項有
  • 2011/12/27 09:12
    > こたつねこさん

     問題がここまでこじれたら、
     人対人での結びつきをつくるしかないと思います。

     おそらく沖縄は、
     山ほど評価の不備を指摘して、
     お返事されることでしょう。

     日本人として、なんか情けないです。
     政府は、沖縄だけでなく東北でも多々目に余る不誠実な行動が続いてますけど。。。
    次項有
  • 2011/12/27 09:21
    沖縄仲井真知事の意向では? 正式に受け取ると、沖縄県民の怒りに対応できない? 政府も、アメリカの顔を立てて、手続きを進めていますよ。というメッセージだけでしょうね。沖縄も政府も、「本音」の部分ではなく、単なる「儀式」と「建前」だけですから、このような対応になったのではと思います。
    次項有
  • 2011/12/27 11:37
    ROMさん
    人の気持ちがわかってない。同感です。けど阻止の圧力で持って行けば怪我人が出そう。それに受け取る側の立場もある。

    送ったからって渡したことになるのかどうか疑問ですが狗肉の策?
    次項有
  • 2011/12/27 12:20
    > 本荘ケイさん
    > 日本人として、なんか情けないです。

    ウチナンチューも日本人です。ヤマトの人たちは詭弁のように使い分けられたりしますが、もともと闘わない琉球人を「日本人」として第二次大戦で集団自決させたのはまぎれもなく私達ヤマトンチューです。
    血塗られた琉球の戦後がまだ終わっていないのは、返還後も本土資本に吸い上げ続けられた結果で、まず政府はそこをふり返って猛省し、琉球人の人たちとの関係改善に必死であたらなくてはならないと思います。
    次項有
  • 2011/12/27 20:43
    7000ペ-ジもあるようなもの、ポストに入れるわけにはいかないでしょうし、内容証明がついたりしていれば受け取り拒否もできるでしょうから、これで渡したことにするって言うのもおかしなものです。
    次項有
  • 2011/12/27 23:31
    もう、ぐちゃぐちゃになってしまいました。

    結局、ゼロに戻ってしまう予感がします。

    それでは、良くないと思います。

    何とかできないものでしょうか。
    ここが考えどころかもしれません。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み