1,750万kW/2,037万kW (11/27 08:55)
85%
2012年06月29日(金) 

絶好のウォーキング日和になった今日、近くにある石清水八幡宮周辺の里山を歩いてきました。

昼前に家を出たら、小学校の方からキャッキャッという黄色い声が聞こえてきました。

今年もプール授業が始まったんですね。今日みたいな日は、さぞ気持がいいことでしょう。

 

家から15分ほど歩くと里山に入ります。最初は竹薮、と言うより筍畑です。少し行くと雑木林もところどころに現れます。孟宗竹と雑木の緑陰の中を20分ほど歩くと石清水八幡宮の境内に入ります。

木陰の涼しそうなベンチを見つけて、途中のコンビニで買ってきた弁当を食べました。食べているうちに涼しい風が吹いてきました。クーラーの風とは違う、爽やかな緑の風です。

 

不信心な僕は、八幡宮へお参りもせずに隣の山「鳩ヶ峰」へ向かいました。途中で動物の糞らしきものを見つけました。あまり消化されてないから鳥のもののように思われますが、それにしては大きすぎます。落とし主は誰でしょう?

雑木林の木漏れ日の中を10分も歩いたら山頂に出ました。標高142.5m、八幡市の最高峰「鳩ヶ峰」です。低い山ですが、自然は豊かです。

 

ここから快適な下り坂です。最初は雑木林ですが、半分くらい下ったところで竹林が現れます。この辺りでも筍が栽培されています。

少し行くと突然眺望が開け、ケーブルカーのトンネルの上に出ます。このトンネルの中で、上下の車両がすれ違います。運航している車両は去年新造されたものです。

 

階段状の急な坂道を下ると神應寺(じんのうじ)という大きな寺の境内に入ります。本坊の前には小さな庭園があり、その向かい側ではデイゴの真っ赤な花が咲いていました。石段の横の斜面では紫陽花が花盛りでした。

石段には脚の弱い人のためのリフトが設置されていました。なかなかの配慮です。

境内の山道を下りきったところに山門があります。ここはもう八幡の町の中です。空を仰ぐと、朝には見られなかった雲が湧いていました。気温が上がって水蒸気が上昇したものと思われます。

 

電車に乗って樟葉まで帰ってきたら、駅ビルの増築工事も鉄骨が大分組み上がってきました。梁の上では2人の鳶職が作業をしていましたが、暑いでしょうね。ここから見る空にも夏の雲が湧き上がっていました。


閲覧数718 カテゴリアルバム コメント4 投稿日時2012/06/29 23:14
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=199900