2,046万kW/2,651万kW (08/26 18:45)
77%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=201319
2012年07月18日(水) 
たまりません、この暑さ..(><)。昔の地球はもっと人間に優しかったのに~。
最近、気温36度といっても驚かなくなりましたが、ここ数年で突然暑くなったところがあります。それは群馬県館林市。気候変動が原因かと思っていたら、なんと気温を測っているアメダスの設置環境によるものだったそうです。

アメダスは、観測される気象データをより精密なものとするために、アメダス観測所や観測所内の機器の設置環境にも工夫がされています。まず、観測機器を集めて設置している真下の地面には、30m²以上の芝生を設置し、地面からの反射日射を減らし、雨粒の跳ね返りを少なくしています。観測所の周囲には、風の通りを妨げないような柵を設置し、外部からの侵入をできるだけ防いでいます。また、さらにその周囲は開けた場所とし、樹木や建物などによって日光が遮られたり、風通しが悪くなったりしないよう配慮されています。

ところが、館林市のアメダス観測所は、消防署の一角にあって本来は芝生のはずの地面はブルーシート。駐車場に置かれているので周囲の影響も無視はできません。この観測所からのデータを、きちんと設置方法を遵守している地域のものと一緒に取り扱うのはいかがなものかと感じます。マスコミさんたちも、ちょっと調べてみるくらいしてもいいのではないですか?

閲覧数13,181 カテゴリ日記 コメント11 投稿日時2012/07/18 17:35
公開範囲外部公開
コメント(11)
時系列表示返信表示日付順
これより以前のコメントを見る
  • 2012/07/19 16:55
    カジ坊さん
    最近、館林と熊谷は猛暑で有名ですが、前職では館林と熊谷に工場がありましたので何度も出張しましたが、それほど暑かったような記憶はありませんでした。
    次項有
  • 2012/07/19 22:34
     でも,都市部の観測地点が正規通りだったならば,アスファルトだらけの街中の気温は,確実に観測温度よりも高いですよと言う,ある意味警告でもありますよね.
    次項有
  • 2012/07/20 08:59
    > カジ坊さん
    真夏には怖くて(笑)行ったことはありませんが、地元の方々は大変なようです。カジ坊さんが訪問されたときが、偶然暑さが和らいだ日であったのかもしれませんね。
    次項有
  • 2012/07/20 09:00
    > まっちゃん_Runner_とっちゃんさん
    当然でしょう。日向の路上などでは、平気で4~5度違うところがあるでしょうね。
    次項有
  • 2013/08/18 12:15
    大変お世話に成ります。
    熊谷気象台の存在は、明治時代に熊谷県が存在し、現在の群馬県全域と埼玉県の北部が旧熊谷県で有ったそうで、正式な気象台が存在しているそうです。熊谷市は、最近小学校や保育園等で、コンクリートの廊下等は、裸足でも歩ける様に塗装処理済みな所が増えてるそうです、私も熊谷気象台近くの、石原小学校出身で小学校と気象台の間に(気象台写真の建物裏側)埼玉県蚕業試験場の森が有り気象観測には適している所と思います。熊谷で、最高気温を奪還する事の無い様に沢山の皆様が1%の努力で、環境改善を期待いたします。
    次項有
  • 2018/03/23 23:57
    アメダスの熱烈なファンさん
    初めまして。ついに館林アメダスの移設先が正式に決まったようです。(群馬県立館林高等学校 今年6月末まで)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み