1,629万kW/2,098万kW (02/29 21:45)
77%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=201425
2012年07月20日(金) 
自治体のソーシャルメディア活用について調べようとくぐっていると、とんでもない議論にぶつかってしまった。主役は武雄市の樋渡市長さんと(独)産業技術総合研究所の高木浩光さん。発端はいま話題の武雄市新図書館構想における個人情報の取り扱いについて、高木さんが自身のブログで(ちょつといじわるな)否定的意見を公開したこと。これに樋渡市長さんが反発し、外野席を交えてTwitterで思わぬ大論争に発展したという、きっと多くの人々が知っている有名なお話しです。
http://togetter.com/li/300338

「議論」と書きましたが、とてもそんな品の良いものではなく、どっちもどっちな雰囲気の中、まさに「殴り合い(というより一方は逃げてます)」の様相。読み続けていく中で、人格を疑ってしまうような発言もチラホラで、気持ちが荒れてしまいました。大人なんだから、こんなことを公開のネットの場でやるのは自制してほしいな~。

閲覧数880 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2012/07/20 14:02
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み