■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=208
2006年09月14日(木) 
1980年代半ばにデンマークで生まれた「コンセンサス会議」は、市民参加によるテクノロジー・アセスメント(別記事参照)の一つの方式である。90年代以降、この方式はヨーロッパ、アメリカなどで試みられ、98年には遺伝子治療をテーマに日本でも試みた( 「遺伝子治療を考える市民の会議」参照)。 デンマークでは国会の下にあるデンマーク技術委員会がコンセンサス会議を開催している。まず、会議のテーマ(別項参照)が選ばれると、会議全体のプロセスを計画し責任を持つ運営委員会が構成される。この委員会は扱うテーマについての専門家を探し、専門家パネルを構成する。  この会議の中心になるのは、公募によって選ばれた市民パネル(14~16名)である。市民パネルは、そのテーマについて学び、どのような問題を議論するかを決める。それに従って、このテーマに関係するさまざまな専門家が説明し、市民パネルと専門家パネルの間で質疑応答が行われる。これを受けて、市民パネルは討論を重ね、合意(コンセンサス)にいたるよう努力する。その結果をまとめ、広く公表する。なお、会議は市民パネルの討論以外は公開で行われる。デンマークでは、この結果はマスメディアを通じて広く報道されている。 コンセンサス会議を試みているEU諸国などでは、まだ実験段階と言ってよいが、デンマークでは、別項で述べるように、実際に社会に影響を及ぼしている。

閲覧数12,642 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2006/09/14 13:36
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2006/10/05 13:46
    sanma110さん
    改めてテスト
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
AJCOSTさん
[一言]
会員から寄せられた各種情報を随時ブログ形式で発信しています。
■この日はどんな日
ほかの[ 09月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
ファイルがありません。
■最近のコメント
■最近の書き込み