2,196万kW/2,591万kW (07/18 15:35)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=208058
2012年10月28日(日) 

最近愛車の中で、
山口百惠さんの歌を聞いて、
癒されています。

百惠さんの歌は、
歌唱力、曲もですが、
歌詞が好きです。

ちょっと1曲紹介してみますね。

曲名  秋桜(コスモス)
作詞  さだまさし
作曲  さだまさし
編曲  萩田光雄
歌   山口百惠
リリース 1977年



淡紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
此頃涙脆くなった母が
庭先でひとつ咳をする

縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くりかえす
独言みたいに小さな声で

こんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさが浸みて来る
明日嫁ぐ私に苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと笑った

あれこれと思い出をたどったら
いつの日もひとりではなかったと
今更乍ら我儘な私に
唇かんでいます

明日への荷作りに手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし元気でと
何度も何度もくりかえす母

ありがとうの言葉をかみしめながら
生きてみます私なりに
こんな小春日和の穏やかな日は
もう少しあなたの子供で
いさせてください 』


百惠さんの歌で、
さだまさしさんが作詞、作曲って、
珍しいと思います。
(私はよくは知りませんが。)

いかにも、
さださんの曲らしく、
歌を聴くとその情景が頭に浮かびますね。
人それぞれの情景が浮かぶと思いますが、
私には田舎の農家の庭先が浮かびます。
鶏が放し飼いしてあったりして、
広げられたムシロに小豆が干してあるような情景。
鶏が小豆喰うかな?


しあわせなある一日の話なのですが、
秋桜が揺れる小春日和のあとには、
木枯らしが吹いくのを想像してしまいます。
だから、
このままの日々がもう少し続いて欲しい。


小春日和の情景で、
昔見た小津安二郎監督の映画「秋日和」を思い出します。
母や原節子さん、娘は司葉子さんでしたね。

余談ですが、
この歌からこっち、
秋桜と書いてコスモスと読めるようになった気がします。

 





閲覧数600 カテゴリ山口百惠 コメント2 投稿日時2012/10/28 11:03
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2012/10/29 02:24
    zosanさん
    良い歌ですね、
    山口百恵の歌も、さだまさしの詩も好きです。
    次項有
  • 2012/10/29 05:44
    > zosanさん

    しみじみと聞かせてくれます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み