は2019/03/26で電力情報の提供を終了しております
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=219835&com_so=DESC
2013年06月26日(水) 
 参院は26日午後の本会議で、安倍晋三首相の問責決議を民主、みんな、共産など野党の賛成多数で可決。これにより、電気事業法改正案や生活保護法改正案など政府提出の重要法案は廃案となりました。第183通常国会は不正常なまま閉幕して、与野党は参院選に事実上突入することになります。

 首相問責決議の可決は、そのまま重要法案の廃案に直結することは周知の事実。なぜ、重要法案を着実に処理するため首相問責に慎重な構えを示していた民主党が、一転賛成にまわることになったのか。聞くところによると、午前に海江田万里代表ら幹部が協議し、野党共闘を重視して採決に応じ、賛成する方針に転換。この後の参院議院運営委員会で、野党の賛成多数により本会議で採決することを決めたそうです。この人たちはすでに脳死状態にあるのではないかと怒りを禁じ得ません。

 首相問責決議の中身は、参院予算委の石井一委員長(民主)が職権で開会を決めた委員会に首相が出席しなかったことをあげて「憲法違反だ」として、生活、社民、みどりの風の3党が25日に提出したもの。そんな重箱の隅をつつくような些細な事柄をあげて、国民生活にとって大切な重要法案を捨てるというのは、国会議員の職務をまったく考えない暴挙と言えます。結局、野党は法案審議を拒否して、重要法案を成立させる道は閉ざされました。

 電気事業法改正案や生活保護法改正案などは廃案となり、外交・安全保障政策の司令塔と位置付ける日本版NSC(国家安全保障会議)を創設するための関連法案や、緊急時の在外邦人の陸上輸送を可能とする自衛隊法改正案は継続審議となりました。

 またもや、この国の政治家は、国民のためにはなにも実行できないことが明白になりました。このように、自民も民主も第三極も、みんな政治ボケした議員ばかりだから、都議会で共産党が躍進したわけですが、このままでは参議院議員選挙は、とんでもない結果に終わりそうな気がします。 

閲覧数736 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2013/06/26 16:09
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2013/06/29 08:46
    > ホッシーさん

    マスコミが悪いと思います。
    政治を真面目に考える国民を育てられないのなら、存在意義はないのでは?
    次項有
  • 2013/06/29 08:44
    > 【とっちゃん】さん

    信念や理念のない政治家たちが、自らの群れの保身に走っているだけ。もう意味ないわ。
    次項有
  • 2013/06/29 08:43
    > 古僧永承さん

    定数削減も満足にできない政治家に、なにひとつ期待するところはありません。
    次項有
  • 2013/06/27 16:01
    このような議会の状態を見せつけられるから、政治が面白くなくなるのですよね…
    何故、真面目に議論できないので! (爆)
    次項有
  • 2013/06/26 19:38
    最終日の儀式でしょうね。

    何にせよ田舎もん向きの政党がないので無党派を継続中
    一昔前は、自民党が田舎もん向きだったけど小泉改革あたりから都市型
    わたしゃ無党派になったのだわ
    次項有
  • 2013/06/26 18:02
    こんな馬鹿げたことをするような政治家には、今度の参議院選挙で落とし前をつけてもらいましょう。
    どの道勝ち目がないと見て、こんな愚挙に出たとしたら議席を明け渡すべきです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み