1,479万kW/2,453万kW (02/25 04:05)
60%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=219908
2013年06月28日(金) 

○パーソナルネットワークを広げよう


  地域SNSの醍醐味は、「スープの冷めない距離感での出会いと感動の連続」だろう。その機会を得るためには、他人からみて見て自分はどんな人間なのか興味 を惹くような内容が簡潔にまとまっているとよい。むやみに個人情報を公開する必要はない。こまめにメンテナンスしたり、関係するHPのURLを記載してお くのがコツである。

 せっかくSNSに参加していても、ひとりぼっちではなにも起こらない。まずは、すでに参加している自分の友人・知人 を検索したり、自分の紹介者の友人リストを辿って知り合いを探して友達リンクを依頼すると良い。地域SNSは大規模なものと比べると参加者間の距離感が近 い。あまり焦ることなく「良縁」のみをじっくり繋いでいくようにした方がネットの中が楽しくなる。友人数が多いことがマエナスに働くことも少なくない。

  SNSの社会的認知もまだまだこれから。話が地域SNSとなると尚更である。その場を楽しく役立つものにするには、ひとりひとりの参加者が伝道者となって 信頼できる友人を招待することが有効である。サイトによってやや状況はは異なるが、自分の招待者が増えることによってその先にいる友達もまた自分のネット ワークに加わることとなる。ネット上で直接偶然に出会うだけでなく、つながりを広げるためには心がけておきたい方法だ。


○ネットコミュニケーションの達人たち

  自分と共通する趣味や考えの人たちと仲良くなるためには、コミュニティに参加して積極的に発言することがお薦めだ。どんなコミュニティが存在するかは、検 索できたりカテゴリー別に分類されているので判りやすい。希望するコミュニティがなければ自分で設置することもできるので、少し雰囲気に慣れたなら挑戦し てみるのも良い。ただし、発言によってはトラブルと直結する可能性があるので、常にネチケットに基づき相手を思いやる気持ちで対応すること肝要である。

  自分の書いた日記(ブログ)は、友達リンクしている人のトップページにタイトル表示される。また日記の公開制限によるが、日記検索で一覧表示されたり、他 の参加者が訪問した際などにも参照される。自分の日記に楽しいコメントが入ると、とても嬉しいものだ。友人との関係を維持・強化したり、新しいつながりを 作ったりするために、日記は大変効果的なツールである。

 他の参加者が書いたブログを読むのは、自分でブログを書く参考になる。一般的に「読まれる日記」を書くこつはタイトルを工夫したり、まるで漫才コンビのように、「ツッコミ」を誘発するような「ボケ」を内容にいかに上手に組み込むかにある。

  こうして地域SNSでは、信頼できるネット社会の中でのバーチャルなコミュニケーションを通じて、楽しく人脈を拡大深化させている。参加者たちとの距離が 近い分だけ実社会との関わりも深くまた頻繁になり、日常に接近して大規模SNSと比較するとより強く生活感の向上が得られるのではないかと思われる。


閲覧数722 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2013/06/28 08:02
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み