1,455万kW/2,153万kW (01/23 00:55)
67%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=220625
2013年07月12日(金) 
藤崎良一(42) 電子機器メーカー勤務・大山町中島三丁目在住、地域活動の経験なし

「あなた~、またPTAで浮いちゃった~!」。
その日の夕食は、妻のグチから始まった。結婚してもしばらくコンサルの研究員として勤務していた妻は、どうやら他の奥さんたちと波長があわないらしい。「学校と地域がもっと一緒になんとかできないかしら」とぼやく妻に「自治会長さんに相談してみたら」と振ると、「あなた会長さん知ってるの?」と返され会話が途絶えた(笑)。

その夜ふたりで、「大山地区自治会」と検索すると簡素なホームページが出てきて連絡先だけはわかった。しかし直接電話をいれるのも気が引ける。ふとページからリンクしてある「大山地区交流広場推進協議会」を呼び出すと、一瞬同時に夫婦で眼をあわせた。

そこには、地域のいろんな人が生き生きと活動している様子が、写真や映像で紹介されていて、中には通勤で一緒になる夏川さんの旦那さんもいた。協議会のHPは、「e-HIROBA.NET」というサイトに入っていて、そこには「県民交流広場事業」として県下各地でいろんな活動が活発に実践されていることが、活動拠点などの情報が埋め込まれた「広場マップ」や「イベントカレンダー」を見て手に取るようにわかる。

翌日バス停で夏川さんに聞くと、いろいろ詳しいことを教えてくれた。夏川さんも途中参加でまだ半年くらいらしいが、気軽に自分のできることを持ちよって参加できるので、地域の人と仲良くなれる絶好の機会だし、さまざまなことを教えてくれたり手伝ってくれたりする。これまで地域とは没交渉だったが、もうすぐ会社も定年退職するので地域でのネットワークができて本当に喜んでいるそうだ。

自宅に戻り、妻にそのことを自慢げに報告すると、すでに彼女はカレンダーにあったイベント連絡先にメールを入れて、今週末に参加することを決めていた。何事も仕事が早い..。

☆この物語はフィクションです。特定のモデルが存在するわけではありません。

閲覧数1,127 カテゴリ出版 コメント4 投稿日時2013/07/12 05:44
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2013/07/12 08:41
    ええっ、これフィクションなんですか…
    次項有
  • 2013/07/12 08:51
    > ホッシーさん
    > ええっ、これフィクションなんですか…

    フィクションとは思えないくらい、リアルでありそうな話しでしょう♪(笑)
    全部で9話ありますが、2007年4月の脱稿です。
    いま読んでも、十分に通用するみたい..なかなか素晴らしい。
    次項有
  • 2013/07/12 09:54
    紫の上さん
    うちのSNSでも奥様は元気にSNSで飛び回っているのに、ご主人はガンとして入りません。時々見ておられるようなのに。
    飛び越えられるきっかけ。。何だろうなとずっと模索していますが、なんとなくわかってきたように思います。(^^)
    次項有
  • 2013/07/12 10:00
    > 紫の上さん

    この夫婦、これからどうなるんでしょう~?(笑)

    まずSNSからではなく、リアルな地域活動が先行した方がよさそうな気がします。
    年配者にはご夫婦で地域活動をされている方をよく見かけますが、現役世代となれば皆無に等しいような。

    我が家の事例で申し訳ありませんが、メイプルさんや子どもたちと一緒にいい友達と活動を通じて交流するのは、とてもとても楽しいです。
    そんな家族、もっともっと多いと思うんですけどね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み