1,595万kW/2,566万kW (02/19 03:05)
62%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=229827
2014年01月25日(土) 
昨年秋のこと、「担々麺が食べよう!」とご近所のスーパーのインスタント麺売り場で見つけた「サッポロ一番 麺の力 担々麺」を買って、手作り肉味噌とチンゲンサイを添えて、マニュアル通りに作ったところ、これが美味しい!。とてもインスタント麺とは思えないお味でした。

年を越して今日、チンゲンサイがお安く出ていたので、買い置きしてあった「麺の力」で担々麺を作るべく保管してある棚をあさると「足らへんやん!」。いつか誰かが知らない間に食べてしまっていたのでした。これからはシリアル振って鍵かけとこ。

お腹はもう完全に「タンタン状態」なので、件のスーパーに車を走らせました。昨年秋、売り場で「担々麺」は「麺の力」しかありませんでしたが、となりにニューフェイスが。「中華三昧 四川飯店 担々麺」という、一見して高そうなパッケージの製品が。

「麺の力(麺重量85g)」が約80円なのに対して、「中華三昧(麺重量70g)」は約110円と、明らかに高い。「コクと旨みの美味湯使用」とか「芝麻醤のコクと辣油の辛味にしなやかな細麺」と自信たっぷりにキャッチが印刷されているので、きっと美味しいに違いないと購入しました。

豚挽肉、ニンニク、豆板醤などを合わせて肉味噌をつくり、チンゲンサイは1センチほど水を張ったフライパンを沸騰させて20秒茹でてさらしておく。青ネギを刻みどんぶりをお湯で温めて準備完了。いざ麺づくり。できあがった「四川飯店 担々麺」を家族4人で頂きました。

期待一杯の食事でしたが、第一声は「麺が全然たよりない」とか「スープに味わいがない」とかさんざん。「肉味噌とチンゲンサイは美味しい」という評価は嬉しいけど、ラーメン全体としてはハズレでした。

『高価なインスタント麺が美味しいわけではない!』
またひとつ、社会勉強ができました♪

閲覧数677 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/01/25 17:38
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み