1,835万kW/2,081万kW (11/22 13:55)
88%
2014年06月15日(日) 

五月晴となった昨日、紫陽花の寺・宇治の三室戸寺へ行ってきました。

京阪宇治線の三室戸駅から緩い坂道を20分ほど歩きます。道路上にも沿道家屋にも紫陽花が植えられていて、期待が膨らみます。

歩いていたら、去年まで見なかった建物がありました。ギャラリーですが、真っ赤な唇の形をした郵便受けがシャレています。

沿道には露店も出ていて、おばさんたちが物色していました。

 

500円の参拝料を払って参道に入りましたが、思ったより空いている感じです。しかし、朱塗りの山門をくぐって谷間の紫陽花園を覗くと、切れ目のない人の列が出来ていました。

 

参道を真っすぐ進み、本堂へ向かいました。

境内は食事が禁止されていますが、1か所だけ食事が出来る場所があります。商魂逞しいといったところでしょうか。 (笑)

道端では早くも萩が咲き始めていました。秋の七草の中では桔梗とともに最も早く咲く花ですが、それにしても速いですね。

本堂をはじめとする堂塔伽藍は、高い石段を上がりきったところにあります。

 

 

線香の煙が立ち込める本堂の前には参拝をする長い人の列が出来ていましたが、このうちの何%が本当の信仰心を持った人がいるのか疑問です。

その周りには蓮が植えられた大鉢がたくさん並べられていて、僅かですが開花しているものもありました。その中の蕾の一つにに、鮮やかな色の赤トンボが止まっていました。このトンボは秋に見るアキアカネではなく、ショウジョウトンボのオスです。(メスは黄色っぽい色だそうです。)

 

本堂から石段を下りて紫陽花園へ入りました。

以下は、昨日のブログでアップした以外の紫陽花の写真ですが、今年はガクアジサイで萼片が二重三重になったものが目立ちました。最近は街中でもよく見かけるようになりましたが、流行ってるんですね。

僕が好きな紫陽花に、萼片が小さい小さいもの(最後の写真)があります。この品種はほかで見たことがありませんが、ほんとに可愛らしい花です。

 

今年もいろいろな美しい花を見ることができて、満足できる一日でした。


閲覧数538 カテゴリアルバム コメント2 投稿日時2014/06/15 13:31
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=235421