1,806万kW/2,146万kW (06/02 10:00)
84%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=240912
2014年10月31日(金) 

 

 阪神 1-4 ソフトバンク

 

第1試合だけは、

メッセンジャーで阪神の勝ちでした。

でも後が続かなかった。

能見・藤浪・岩田が負けてしまった。

二度目もメッセンジャーは頑張った。

中次ぎ、抑えはこんなもんか。

 

打線は、

鳥谷以外はシーズンどおり。

守備は、

大和のファンインプレーに何度も癒された。

鳥谷はいつもどおり華麗なプレイだった。

 

最後に和田監督の采配は、

シーズン中とは違い積極的だった。

次々と失策連発だったが、

それはあくまでも結果であり、

動くことが何より大事だと思う。

誰が決めたか知らんけど、

来年も監督は代わらないらしいので、

来年こそは積極的に動いて欲しい。

 

ということで結局、

どうして阪神が負けたかというと、

あっちがちょっと強かったからだと思うな。

 


閲覧数634 カテゴリ野球 コメント2 投稿日時2014/10/31 22:54
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2014/10/31 23:14
    zosanさん
    大和は凄かったですね、来シーズンも大いに期待。

    全体的には、ランナーが出ているときの打線が弱かったような。。。
    次項有
  • 2014/11/01 00:26
    > zosanさん

    大和のファインプレーが見れただけで、日本シリーズの価値がありました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み