1,896万kW/2,274万kW (09/16 15:45)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=24120
2007年09月19日(水) 
2007.9.19(水)
毎週 お薦めCD、思い出のCD レビューを掲載しています。


1)ケリー・ノーブル 「フィアレス スペシャル・エディション」
2)ゴンチチ 「A Magic Wand of“Standards”」
3)四人囃子「一触即発(+2)」

     ◇     ◇     ◇

<female vocals>
1)ケリー・ノーブル 「フィアレス スペシャル・エディション」
ASIN: B0006N0EWA

ノラ・ジョーンズと同じプロデューサーに発掘されただけあって、

歌い方や、醸し出す雰囲気がとても似ている。

ピアノの弾き語りからは、往年のキャロルキングを彷彿させます。

もっと、売れてもいいのになぁ。

私の評価:☆☆☆☆★

     ◇     ◇     ◇
<jazz>
2)ゴンチチ 「A Magic Wand of“Standards”」
ASIN: B00006RTGK

アコースティック・ギター・デュオ、GONTITIがつづる、

スタンダード・ナンバーのカヴァー作品集。

「GUITARS」「DUO」も良かったけど、

いま ゴンチチでは これが一番のお気に入り。

オカリナの演奏に通ずる 心やすらぐサウンドがいいですね。

私の評価:☆☆☆☆★

     ◇     ◇     ◇
<my favorite > 
3)四人囃子「一触即発(+2)」
ASIN: B000NDFL7G

1974年に発売されたとき、

ピンクフロイド風の演奏にビックリしました。

なかでも、「おまつり」が好きです。

日本語なのに、とてもプログレ感があります。

高校生だった僕はゴールデン・ピクニックス」の

「レディ・ヴァイオレッタ」を レパートリにしていました。

このバンドのあと、プリズムで有名になった

森園勝敏のギター いつ聴いても最高ですね。

boxの「フロム・ザ・ボルト」を聞くと、なおさら感動です!

私の評価:☆☆☆☆☆

閲覧数1,267 カテゴリ本・CD・ワイン コメント0 投稿日時2007/09/19 12:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
hiroさん
[一言]
オカリナをこよなく愛しています。 動画はコチラ http://www.youtube.com/user/…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み