1,657万kW/2,180万kW (09/28 12:20)
76%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=24754
2007年09月29日(土) 
僕が時おり昼ごはんを食べに行く居酒屋がある。
その店は昼は定食オンリーで、「日替わり定食」 を含めて6種類ほどのメニューがあるが、全品630円と値段も手ごろである。

ある日、豚の生姜焼きを食べたくなってその店へ行ったところ、表の立て看板に 「本日の日替わり定食・豚しゃぶ」 と書いてあった。

店へ入って座ると、40代と思われる女店員がやってきて、《今日の日替わりは、冷やし冷しゃぶでーす》 と言う。
「冷やし冷しゃぶ」・・・、僕はおかしさを噛み殺して、《冷やし豚しゃぶと違うのん?》 と聞き返す。
するとその女店員、《冷 や し 冷 しゃぶ ・・・、おかしいですね》 と言ってケラケラと笑っている。
僕は 《今までずっとそう言うてたん?》 とニヤニヤ。
女店員は 《いやー、そうかもしれません》 とまたケラケラ。全く屈託がない。

結局、僕は生姜焼きをやめて 「冷やし冷しゃぶ」 なるものを食べることにしたが、注意してみていると、あとから入ってきた客の何人かにも、彼女は 「冷やし冷しゃぶ」 を繰り返していた。

この店では3人の女店員が接客にあたっているが、全員が40前後の若いオバチャンである。そしてみんな愛想がいい。「いらっしゃいませ」 も 「ありがとうございます」 も、ほんとに嬉しそうな声と笑顔で言うから気持がいい。みんな喜々として働いているように見える。マニュアルどおりに、ロボットのような口調と作り笑顔で応対する若い女の子に比べると、何と気持のいい応対だろうか。

こういう従業員を雇っている店は、たぶん待遇もいいのだろう。時給はともかくとして、楽しく働ける環境がなければこんなに喜々としていられるわけがない。それに人選もいい。ある程度人生経験を積んだ年齢の人は、しゃべる言葉にも味があるし、安定感、安心感を客に与える。 「冷やし冷しゃぶ」 でもいいではないか。

オバチャン万歳!

閲覧数3,682 カテゴリ笑い噺 コメント10 投稿日時2007/09/29 09:54
公開範囲外部公開
コメント(10)
時系列表示返信表示日付順
  • 2007/09/29 11:46
    オメメさん
    めし屋で40代のオバチャンから、あんたより
    20才も若いんだから、うれしいだろうオジイチャンといわれたことがある。うれしくはなかったけど、なるほど、20才も若いと考えれば確かにそうだ。
    次項有
  • 2007/09/29 15:29
    どや!さん
    しゃぶしゃぶの由来は、京都のお茶漬・水炊きの店(十二段家)の主人が中国で生活していた人から食べ方を聞き、日本人向けに羊肉を牛肉に替えてお茶漬の上に牛肉を乗せたのが始まりだとされる。

    また、しゃぶしゃぶという名前は、1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、自店の料理として出すときに命名したもので、1955年(昭和30年)に商標登録されている。

    ちなみに、スエヒロが商標登録したのは「肉のしゃぶしゃぶ」。

    これは、「しゃぶしゃぶ」という言葉を、どの店でも使えるようにとの当時の社長の配慮である。

    だそうです。^^
    夏に焼き肉の売り上げが上がらないから考えたそうですよ。

    しゃぶしゃぶは「夏の季語」だそうです。
    次項有
  • 2007/09/29 15:55
    んばさん
    ピチピチのお姉さんもいいけれどオバチャンもいいでしょ♪
    大半の男性は若い方が良いっておっしゃるけど・・・

    接客業に年齢制限があるのが悔しい(涙)
    次項有
  • 2007/09/29 20:09
    鉛筆jamjamさん
    >20才も若いんだから、うれしいだろう・・・
    乳臭い小娘から 《40歳も若いんだから・・・》 と言われても、ちっとも嬉しくないなぁ、僕は。
    次項有
  • 2007/09/29 20:17
    鉛筆jamjamさん
    どや!さん、しゃぶしゃぶについての薀蓄を聞かせていただき、ありがとうございます。
    僕も梅田にいたころは、2ビルの向いにスエヒロの店があったので何度か行きましたが、当時の社長は偉かったんですね。大阪商人の鑑や!
    次項有
  • 2007/09/29 20:19
    鉛筆jamjamさん
    んばさん、オバチャンの方がええのに決まってるでしょっ。

    >接客業に年齢制限があるのが悔しい
    そんな経営者はアホです。そんな店へ行く客もアホです。
    次項有
  • 2007/09/30 01:16
    オメメさん
    中国では洗羊肉(センヤンロウ)といって真ん中にエントツのある鍋で羊肉を食べさせる料理があり
    これがシャブシャブの元でしょう。
    次項有
  • 2007/09/30 09:59
    鉛筆jamjamさん
    >真ん中にエントツのある鍋
    僕も一二度食べたことがありますが、この鍋の形はかなり昔からあるのですか?
    次項有
  • 2007/09/30 11:09
    どや!さん
    しゃぶしゃぶ鍋
    しゃぶしゃぶは、羊肉をお湯の中に入れるシュワンヤンロウという中国北方の鍋料理がルーツと言われる。

    中心に煙突のような筒がある鍋が特徴的。この鍋は「火鍋子」(ホーコーズ)と呼ばれるものだが、なぜ煙突が付いているのか。

    一番の理由は熱の伝導・対流効率を良くするため。湯量が多いと温度にムラが出来てしまうため、熱伝導率の高い銅製の鍋を使い、煙突を付けることで底の表面積を大きくし、また火を中心に集めることで温度を一定にしている。

    また外側に火が向かないため、鍋の中へ手を伸ばす時に熱くないという効果もある。さらに煙突には別の使い方があり、鍋から肉や野菜を出す時に煙突の根元あたりに軽く触れると、余計な水分が落ちて付けダレが薄くならない。

    だそうです。
    なお、歴史的には元(げん)王朝を建てる前のモンゴル人たちの半野戦食が現在のしゃぶしゃぶとカオヤンロウ(ジンギスカン)として残っているということです。

    次項有
  • 2007/09/30 11:19
    鉛筆jamjamさん
    どや!さん、またまた調べていただいてありがとう。
    そう言えば、ジンギスカンの鍋も油が火の中に落ち難いように、うまい形にできていますね。生活の知恵ですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み