1,890万kW/2,423万kW (07/20 08:45)
78%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=253166
2015年05月24日(日) 
2015年5月23日
房日新聞社読者コーナー通算58本目の私の投書の掲載

それでは、原文を公開します。



みなさん、鉄道やバスの時刻表や運賃などをどのようなかたちで調べるでしょうか。
最近はネットの普及で、該当の交通機関のサイトを検索すればわかりますが、ネット環境に恵まれていない方は、駅やバス停などへ直接調べる方が意外と多いです。

4月25日に南房総市の市営路線バスのトミーが、6月1日に鴨川市コミュニティバスの北ルート・清澄ルートで時刻が改正。
南房総市は該当地域の回覧板周知を中心に、鴨川市の方は市の広報誌で内容を伝えています。

この安房地域に限ったことではないかもしれませんが、この地域の公共交通に関する情報がバラバラのように思います。
民間である鉄道やバスでしたら、サイトや市販の時刻表で手に入れることができますが、自治体が関わるバス路線についてはその自治体、または委託先の業者まで行って調べなくてはわかりません。
私は安房地域に関わるすべての公共交通に関する時刻や運賃、路線案内を網羅し、なおかつ、最新の運行状況の情報を一元化したところでみられる仕組みが必要であるべきです。
単にすんでいる私たち住民だけでなく、来訪される観光客の方にもわかるような案内情報です。

対岸の横須賀市の久里浜港では、何も事情を知らない観光客が、久里浜駅より先の横須賀駅方面への路線バスがないか、たずねるケースがあるようです。

公共交通に乗ってもらう・乗ってほしいのではなく、どうしたら乗ってもらえるかで、きちんとした情報発信が必要です。

それにより、この地域の将来の公共交通について、ニーズを探り、ヒントが得られるのではないでしょうか。

閲覧数368 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2015/05/24 07:12
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のwaikazuchanさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み