1,690万kW/1,921万kW (05/26 11:10)
87%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=256981
2015年09月11日(金) 

明日は、ひょこむコーラス隊三線班のふたりと一緒に、京都宇治に出向きます。宇治の仲間たちとは、阪神淡路大震災のボランティアとして交流が始まり、以来二十年もの間、とても仲良くしてもらっています。この間、佐用水害では助けられ、宇治山城豪雨では支援に向かい、信頼のご縁が更新されてとてもいい関係に育ちました。
「せっかく宇治に来るなら普茶料理を食べて!」と勧められて、明日のランチは黄檗山(おうばくさん)万福寺門前にある「白雲庵」で初体験します。

普茶料理とは、別名「黄檗料理」ともいい、江戸時代の初期に、京都宇治に黄檗山万福寺を創建した明の僧・隠元が伝えた中国式の精進料理のこと。酒の代りに茶を用いたのでこの名があります。葛と植物油を多く使った濃厚な味、卓を囲み大皿に乗った料理を各人が取り分けるのが特徴で、代表的な普茶料理には「胡麻豆腐」があります。

「普茶」とは「普(あまね)く衆人に茶を施す」や「茶礼に赴く赴茶から」という意味とされていて、茶による接待のこと。法要や仏事の終了後に僧侶や檀家が一堂に会し、供えられた季節の野菜や、乾物や豆、特に大豆を調理し、幼長男女の別なく食卓を囲み煎茶や抹茶などと楽しみます。

この体験は、必ずレポートしますので、乞うご期待♪

閲覧数713 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2015/09/11 17:11
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/09/11 17:24
    こたつさん、明日は楽しみです(*^^*)
    よろしくお願いいたします(^^)/
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み