1,479万kW/1,961万kW (10/20 09:25)
75%
2016年05月18日(水) 

 百害あって一利なし Windows10無償アップグレード

 

 現在お使いのWindowsパソコンの殆どがWindows10無償アップグレード 対象になっており、現時点でユーザーの意志にかかわらず半ば強制的にWindows10無償アップグレード されようとしています。

 

 Windows10無償アップグレード 回避の方法として予約の取消が挙げられていますが、これは最初の一歩でしか有りません。

 

 本気でWindows10無償アップグレード 回避を考えるなら”Windows Update”の設定の変更が必要になります。

 

1,コントロールパネル→Windows Update→設定の変更→重要な更新プログラム→更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する。

 

・Windows10無償アップグレード 対象外のWindows

 

1,Windows Vista

 

2,Windows7 SP1未適用

 

3,Windows7 Enterprise

 

4,Windows8 

  ”Windows Update”からのWindows10無償アップグレード 対象外ですが任意でWindows10無償アップグレード 可能です。

■Windows 10、無償アップグレード 

(Home、Pro、32・64ビット版、多言語版インストールDVD作成可能)

http: //www .micr osoft .com/ ja-jp /soft ware- dow… indow s10

 

5,Windows8.1 Enterprise

 

6,Windows8.1 VL版

 ”Windows Update”からのWindows10無償アップグレード 対象外ですが任意でWindows10無償アップグレード 可能です。■Windows 10、無償アップグレード 

(Home、Pro、32・64ビット版、多言語版インストールDVD作成可能)

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

※百害あって一利なし Windows10無償アップグレード

 パソコンの寿命は経年劣化を考えると約10年と考えられます。快適に使える一般的な賞味期限は約5年だと考えています。

 

 この日記を書いているパソコンは2008年製なのですが賞味期限維持のためにCPU交換(E-8400)、メモリ増設;8Gを実行しています。

 

 パソコン用のサポート有りのWindowsOSがWindows10だけになるのは2023年です。Windows10無償アップグレードで考えられるデメリットは少なく有りません。

 

1.Windows10無償アップグレードが完了せず、元のOSも使えなくなる。

 画面に何も表示されない、修復の無限ループなどで電源OFFの方法を誤るとハードディスクを壊す可能性が有る。

 

2,元OSがWindows7の場合操作性がかなり違うので慣れるまでかなり使いづらい。

 

3,元のOSで使えていたアプリケーションやデバイスが使用できなくなる可能性が有る。

 

4.基本機能でDVDを再生できなくなります。 

 


閲覧数336 カテゴリ日記 投稿日時2016/05/18 15:16
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み