1,724万kW/2,180万kW (09/28 10:20)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=26584
2007年10月24日(水) 
2007.10.24(水)
毎週 お薦めCD、思い出のCD レビューを掲載しています。

今回は かなりマイナーなアーティスト特集です。

1)Hedvig Hanson 「What Colour Is Love?」
2)Daniel Rodriguez(ダニエル・ロドリゲス) 「in the presence」
3)フラワー・トラベリン・バンド「MAKE UP」


     ◇     ◇     ◇

<female vocals>
1)Hedvig Hanson 「What Colour Is Love?」

輸入版コーナで見つけました。

ノラ・ジョーンズに似たサウンドです。

うまくプロモーションする人がいれば、売れたのになぁ・・・と思います。

これからも、こうしたアーティストを紹介したいと思います。

私の評価:☆☆☆☆★

     ◇     ◇     ◇

<jazz>
2)Daniel Rodriguez(ダニエル・ロドリゲス) 「in the presence」

あまり男性ヴォーカルは聞きませんが、

彼の豊かで暖かいテノールはとてもすばらしいです。

オーケストラをバックに、[amazing grace」「ave maria」など

選曲もおしゃれです。

私もびっくりでしたが、実は、彼はNYの警察官なのですよ。

ほかにも「The Spirit Of America」「From My Heart」もいいアルバムです。

輸入版の店だと 手に入るかも。
私の評価:☆☆☆☆★

     ◇     ◇     ◇

<my favorite > 
3)フラワー・トラベリン・バンド「MAKE UP」
ASIN: B00005HIST

1972年に発表。LP時代は、2枚組でしたが、

収録時間の関係でCDでは1曲カットされていました。

いずれも名曲ですが、その中でも 2枚目片面に収録されている

「HIROSHIMA」は、学生時代のRockbandでコピー演奏してました。

日本語では、ROCKはできないといわれていた時代なので、

全曲英語で、当時は海外でも結構受け入れられた数少ないバンドです。

石間秀樹のくねくねギターと、ジョー山中の絶叫ヴォーカルが

独自の世界を生んでいる 日本ロック史上の名盤だと思います。

追伸)最近、CDでも 完全版が出たようですね。よかった。

私の評価:☆☆☆☆☆

閲覧数1,331 カテゴリ本・CD・ワイン コメント0 投稿日時2007/10/24 12:19
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
hiroさん
[一言]
オカリナをこよなく愛しています。 動画はコチラ http://www.youtube.com/user/…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み