1,437万kW/2,122万kW (11/21 23:55)
67%
2016年06月08日(水) 

 DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違い?

 

 以前、DVD製造メーカーの社員さんに『DVDやCDの「データ用」と「録画用、音楽用」の違い? 』を尋ねた事が有ります。その時の回答は製造過程は区別がなくレーベルの印刷やパッケージが違うだけ・・・

 

 当時はパソコンのデータをCD-Rに書き込むときに光学ドライブとの相性問題が有ったので書き込みエラーで大量のDVDやCDを無駄にしました。

 

 今日、ポータブルBlu-rayドライブ 書き込みソフト付属 Wケーブル収納 スリムタイプ ブラック を注文しました。使用目的はブルーレイの閲覧ではなくパソコンのOSのバックアップやクラウドサービスにアップしている写真や動画のバックアップです。

 

 ブルーレイメデアは録画用未使用品が数枚が有ったので「録画用」にデータが記録できるか再確認しました。

 

 結果は「録画用」にデータ書き込みはOKで「データ用」は著作権者に補償金を支払う「私的録画補償金」の協力費が上乗せされていないので”ビデオ撮影した映像を保存”は問題がなく、デジタル放送のテレビ番組の録画は出来ないようです。

 

 ただ、「データ用」より「録画用」のほうが商品の種類も多く価格も安いのです。一回録画用25Gで50枚 2,250円なのでデータ用DVD+R DL 50枚 2,265円より僅かに安いのです。

 

 パソコン関係の商品は売れ筋商品が安いというのは常識ですがDVDやブルーレイディスクにも通じるようです。

 

  


閲覧数831 カテゴリ日記 投稿日時2016/06/08 13:09
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み