1,794万kW/2,071万kW (12/14 10:35)
86%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=267247
2016年06月30日(木) 

ストーニークリーク橋を通過しておよそ30分、

列車がビューポイントで10分間停車すると言う案内が有りました。
Ballonfallsバロン滝)と言う駅です。ホームから滝が良く見えるそうです。

 

駅に着きました、ホームに降ります、かなり広いホームです。

ホームが広いわけはすぐに分かりました。
大勢の人が列車から続々と降りて来てホームいっぱいに広がります。

 


滝が見える場所はかなり後ろの方です。10号車・・・いや、もう少し後ろです。
よく見える所は展望台が広くなっていて大勢が写真撮影に夢中です。


私も列車と滝を入れて撮影しました。

 


客車のボディーには2種類のマークが取り付けられていました。
図柄は全く同じで。カラフルな物と金色に塗られた物が有ります。

 

 

 

 


発車しばらく前に警笛が鳴らされます。

駅には放送設備も無ければ発車のベルも有りません。
機関車の警笛で代用です。

 

1回目の警笛は「車両に乗るように」と言う合図、2回目は発車の合図です。
みな自分が乗ってきた車両に戻り乗り込みます。

 


のんびりと構えている人も居ます。

 


ホームには人影が見えなくなりました。

 


発車します。


閲覧数469 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2016/06/30 17:02
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/06/30 22:28
    すぶたさん
    放送がないとおいてけぼりにされそうです。
    次項有
  • 2016/07/01 11:05
    鉛筆zosanさん
    > すぶたさん
    おいてけぼりにされたら大変です。
    機関車の警笛に似たような音は他に全くありませんから、放送と同じ程度の効果はあるかと思います。
    次項有
  • 2016/06/30 22:49
    滝と列車良いですね。
    滝見物に長時間停車してくれるの良いですね。
    次項有
  • 2016/07/01 11:08
    鉛筆zosanさん
    > 放浪シカさん
    ノルウエ―のフロム鉄道も途中の滝で停まりますが、滝と列車を同時に撮影することはできません。
    次項有
  • 2016/06/30 23:41
    ちかさん
    降りられそうな滝やな…
    次項有
  • 2016/07/01 11:10
    鉛筆zosanさん
    > ちかさん
    やってみる?
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 06月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み