1,377万kW/2,014万kW (11/26 03:50)
68%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=269222
2016年08月28日(日) 

 聞いた話ですが・・・新しい電力計:スマートメーター

 

 元電気工事業で、夫婦で第一種電気工事士(更新講習は受けているので資格的には現役)だと思っています。

 

 パソコン修理の関係で太陽光発電設備工事業者さんや電気工事業者さんと接点が有ります。事務所に来られた時に最新情報を積極的に収集していますが今年になって聞いた話です。

 

 全国的なことではない可能性が有りますがとりあえず九州電力管内での新しい電力計:スマートメーター の取り付けタイミングと生活に関わる事項です。

 

・スマートメーター取り付け交換のタイミング

1,新設、新電力へ移行 指定日

2,旧電力会社に留まる場合 法的メーター交換時

 

・変更点

1,検針がなくなるがユーザー側にはメリット無し、電力会社には検針作業不要のメリット

2,スマートメーターに電流制限と遮断機能が有るので契約電流オーバー()で電気が切れます。

 

 一応自動復旧するそうですが一定期間に一定回数動作すると自動復旧しないそうです。この場合、契約している電力会社の担当者(新電力では多分委託業者)が現地に来ないと復旧しないそうです。

 

 気になるのは深夜、台風接近時などの対応です。技術的にはスマートメーターは電力線搬送通信(PLC)が高圧トランス超えで実現したことになります。低圧電力回線(家庭内)の利用はかなり以前に実現していて事務所でも利用中です。

 

 衰退していた電力系プロバイダーの復活が有るのかもしれません。

 

※電力線搬送通信(PLC)

 https://goo.gl/vVKLPV

 

”電力線搬送通信(でんりょくせんはんそうつうしん)は、電力線を通信回線としても利用する技術。電力線通信、高速電力線通信、電灯線通信、英語: PLC (Power Line Communication)、PLT (Power Line Telecommunication) とも呼ばれる。”

 

  


閲覧数297 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/08/28 10:42
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
前の地域SNSでの家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み