1,723万kW/2,024万kW (10/17 13:35)
85%
2016年10月10日(月) 

 ノートパソコンのハードディスクが壊れた原因

 

 土曜日の午後にハードディスクが壊れかけたノートパソコンが持込まれました。起動はできるけど動作が遅く、ハードディスクのエラー表示とバックアップを促す警告が出ています。

 

 バックアップは済んでいるとお客さんは言われますがバックアップのレベルと信頼性は不明です。ハードディスクは750GなのにDドライブが50Gなので・・・・

 

 ハードディスクの状態チェックアプリのインストールで即警告が出てソかも始めてみる赤色表示です。

新世代ディスク情報ツール: CrystalDiskInfo 6 Shizuku Edition

http://suishoshizuku.com/ja/software/

 

 お客さんは金額よりも修理期間の方が気になられていたようです。(勤務先でおなじような修理で一ヶ月かかったことが有るそうです)ハードディスクの取寄を含めて火曜日の引き渡しで、料金は25,000円(税別)でお受けしました。

 

 ハードディスク(2.5インチ1T)は在庫品だったのでWindows7+Windows10のデュアルブート+内部バックアップまで日曜の午後には完了しました。

 

 普段の目標としている24時間修理に間に合いました。記録に依ると起動5回で所要時間20時間でした。

 

 一日おいて今日の午後引取をお願いしましたが”ノートパソコンのハードディスクが壊れた原因”を尋ねられました。

 

 パソコンで音楽を聞きながら寝られるのが習慣でモニターの電源は15分で切れて30分でスリーブ状態になる設定だったようです。

 

 こういう場合考えられるのはマウス操作で起動できるのを勘違いで電源ボタンを長押しすることが考えられます。結果的に電源ON状態なのに電源ボタンの長押しで電源OFFすることになりハードディスクは壊れる可能性が高くなります。

 

 出張以外は電源を入れっぱなしだったそうなのでセキュリティー上にも問題が有るので不使用時はパソコンを終了されることをおすすめしました。

 

  


閲覧数317 カテゴリPC修理-OS・データ復元 投稿日時2016/10/10 18:09
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み