1,692万kW/2,425万kW (12/17 06:55)
69%
2016年10月13日(木) 

 バラエティーよりも面白い福岡六区衆議院補選と都知事選の類似点

 

福岡六区衆議院補選と都知事選は規模の大きさでは比べきもないのだが類似点が目に付きます。

 

1,先に出馬表明したのは前大川市長の鳩山二郎氏(補選の原因になった鳩山邦夫前衆議院議員:死去の次男)です。

 

2,自民党福岡県議連は世襲に反発したのか親越えを狙ったのか自民党福岡県連会長の長男で参院議員秘書の蔵内謙氏(35)を公認して自民党本部に公認申請。

 

3,自民党福岡県議連の公認を得られなかった鳩山二郎氏は無所属でも出馬表明(自民党は離党しない)

 

4,自民党本部は両方非公認で当選した方を追加公認する予定らしい。

 

5,東京都議連が小池都知事の選挙応援を禁止して処分を表明したのに対し、自民党福岡県議連は血判状(連判状)というこれも前時代的な滑稽なものを作り出し披露した。

 

 これに署名した地方議員の名前を幾つかテレビニュースの映像から読み取ったが、数人は自分が福岡六区衆議院選挙に出馬したいと思われる人物だった。

 

6,都知事選もそうだったが取り巻きや政党の言いなりに投票することは少なくなっているように思う。それよりも上から目線の指示には反発する傾向が強いと思う。

 

7,鳩山邦夫前衆議院議員とのつながりで、小池都知事は鳩山二郎氏(37)を応援して福岡六区にまで出張って応援演説をしているのでもう一度応援演説に来れば確実に鳩山二郎氏の勝ちだと思う!!。

 

 そうなれば自動的に自民党公認になり、”福岡六区支部長”になるので血判状(連判状)に署名した地方議員の心中は穏やかでは無いと思う??。

 

  


閲覧数354 カテゴリ日記 投稿日時2016/10/13 13:02
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
ほかの[ 10月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み